荒井弘史さん(荒井弘史靴研究所)インタビューメインイメージ

荒井弘史さん|荒井弘史靴研究所|インタビュー

靴づくりの技術者として 履く人が手放せなくなるような靴をつくりたい

大学(工学部)在学中から靴づくりに興味を持ち、大学の地元・山形にある宮城興業株式会社でアルバイトをはじめたのが現在のキャリアの始まりとなった荒井弘史さん。宮城興業では、靴好きの若いスタッフを研修生として採用する制度があり、荒井さんはその第1号です。約14年間で生産現場の全工程と企画営業の仕事を経験した後に、2008年に独立。東京・浅草という日本を代表する靴の産地に「荒井弘史靴研究所」を設立しました。この研究所は、靴に関するデータを取ったり、学識を高めていくだけの場所ではありません。商品を「みがきわめる」ための場であり、ある人にとっての究極の靴を創るための「靴づくりの雑用全般」を担う仕事がメインだと荒井さんは言います。

靴の技術者(エンジニア)として、時には商品企画、デザイナー、パタンナー、木型モデリスタなどをこなしつつ、依頼者と生産者とをつなぐパイプ役になり、固定概念に縛られない新しい靴を生み出す荒井さんの原動力を探るべく、EYELET編集部が単独インタビューをさせていただきました。

荒井弘史さんのインタビュー続きを読む ライン