KOKON(ココン)小紺浩良さんインタビューメインイメージ

名靴探訪|KOKON(ココン)|金沢

店主・小紺氏の懐の深さゆえに 全国から靴好きが集まる金沢・新竪町の名店。

石川県金沢市・新竪町商店街の一角に靴店を構える「KOKON(ココン)」。なんと、2015年9月10日に創業21年目を迎えました。 北陸新幹線の開業により、人で賑わう金沢の中心街から少しだけ離れたこの商店街は、煌びやかな金沢のイメージとは趣が異なり、まるで昭和にタイムスリップしたように感じる、ゆったり、のんびりとした雰囲気が魅力です。現在では、一味違うオシャレな八百屋さんや古本屋さんなど個性豊かなショップが並んでいます。それを21年もの間、牽引してきたのが、ココンオーナーの小紺浩良さんです。 小紺さんは、30年前に靴店で勤めはじめ、21年前に独立。独立当時は、仕入れメインで展開していました。ところが、現在では約9割のオリジナル商品を展開。それゆえ、ココンの靴に魅了された方や、ココンの靴の噂を聞きつけた方が全国から、ここ金沢・新竪町に集まっています。その訳は、もちろんここでしか手に入らない「靴」がほしいからではありますが、ゆったりとした時間が流れるこの場所で、知識や経験すべてに裏打ちされた懐の深さを持つ小紺さんとの会話を楽しみながら、靴を選んだり、誂えたりしたいという方も多い気がします。 靴好きを惹きつける「ココン」の魅力を探るべく、アイレット編集部が小紺浩良さんに単独インタビューをさせていただきました。 ココン・小紺浩良さんのインタビュー続きを読む ライン