アイレットスペシャルインタビュー <マーキス>川口昭司さん

川口昭司さん|MARQUESS(マーキス)|インタビュー

靴本来の本質を突き詰めながら 履いた時に自然と美しく見える「最高の靴」づくりをめざして

2002年に、渡英。英国ノーザンプトンにある公立の靴職業訓練校トレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ川口さん。在学中に訪れた「Shoe Museum」で、1900-’20頃につくられたハンドソーンウェルテッドシューズと出会ったことにより、その後、一貫して、力強さと繊細さを兼ね備えた英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求しています。 ’03年から、ジョージ・クレバリーやジョンロブ・パリの靴職人であったポール・ウィルソン氏に師事。木型製作から底付けまですべての工程を学び、3年半後に独立。そして、フォスター&サン、エドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングなどビスポーク靴店のアウトワーカーとして活動した後、’08年に帰国しました。日本に帰国しても、某ビスポーク靴店からアウトワーカーの依頼が来るなど計算外のことがありながら、’11年、同じくトレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ靴職人である由利子夫人とともに、満を持して東京・江戸川橋に自身のブランド「MARQUESS(マーキス)」を設立。設立から4年経った今、二人ではじめた工房に、三人の職人が集い五人のチームとなり、「最高の靴づくり」をめざしています。

進化を続けるマーキスのめざす靴づくり、そのこだわりの原動力を探るべく、アイレット編集部が川口昭司さん・由利子さんに単独インタビューをさせていただきました。

川口昭司さん・由利子さんのインタビュー続きを読む ライン