<RENDO(レンド)>吉見鉄平さんインタビューメインイメージ

吉見鉄平さん|RENDO(レンド)|インタビュー

人と人とのつながりがうまく連動した時 良い靴が生まれる

大学在学中にロンドン留学を決意し、製靴技術を教えるイギリスの名門校「コードウェイナーズ・カレッジ」で学んだ吉見鉄平さん。帰国後、大学を卒業し、東京都立城東職業能力開発センター台東分校にて、さらに技術を磨き、シューズメーカー「セントラル靴」に就職しました。パタンナーとして同社に従事しながら、5年間靴づくりのさまざまな工程について経験。そして、パタンナーとして独立し、フリーランスとして、数多くのパターンづくりに携わった後の2013年に、日本を代表する靴の生産地である東京・浅草で、ドレスシューズブランド&ショップの<レンド(RENDO)>を始動させました。 そのショップ<レンド>では、吉見さん自らが接客も担当しています。いわば、デザイナーであり、パタンナーであり、ブランド主宰者である、つくり手が直接お客様とコミュニケーションできるスタイルというのは、まるでビスポークのスタイルに近しいようです。 既製靴の新たな可能性を模索する<レンド>の根底にある想い、原動力を探るべく、アイレット編集部が吉見鉄平さんに単独インタビューをさせていただきました。 レンド・吉見鉄平さんのインタビュー続きを読む
ライン