タグ別アーカイブ: Bettanin & Venturi

イセタンメンズ<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会レポート

リピーター続出の独特なオリジナリティを持つ
<ベッタニン&ベントゥーリ>のパターンオーダー会に潜入取材!

2016年09月24日(土)・25日(日)に、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場で開催中の<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会に今年もアイレット編集部がお邪魔してきました。(前回のレポートはこちら

<ベッタニン&ベントゥーリ>のパターンオーダー会は年に1度秋に行われています。

今回はロベルト ロンキ(ROBERTO RONCHI)氏とエドアルド ジャルディーニ(EDOARDO GIARDINI)氏のお二方が来日。パターンオーダーのデザインやフィッティングなどのアドバイスをしてくれます。

<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 オーナーのロベルト氏とエドアルド氏
左:ロベルト ロンキ氏、右: ディレクターのエドアルド ジャルディーニ氏

<ベッタニン&ベントゥーリ>と言えば、創業1850年のイタリア・ヴェローナにある老舗シューメーカー。
イタリア靴とイギリス靴の中間的な魅力を備え、少し素朴さを感じる独特なオリジナリティを持っています。
しかも、<ベッタニン&ベントゥーリ>の代名詞とも言われているカデノン製法は、4代目当主ジョゼッペ・ベッタニン氏にしか駆使できない技術です。

<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 カデノンイメージ
4代目当主・ジョゼッペ ベッタニン氏によるカデノン製法の靴。大迫力です!

そうした、その唯一無二の特徴と履き心地の良さから、一度<ベッタニン&ベントゥーリ>を履いた方はかなりの確率でリピートすることが多いとのこと。

今回の記事では、写真を中心に<ベッタニン&ベントゥーリ>の魅力をお伝えいたします!

<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 オーダーサンプルイメージ5
やはり<ベッタニン&ベントゥーリ>と言えば、カデノン製法の靴。
<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 オーダーサンプルイメージ2
靴好きにとって、数あるオーダーサンプルの中からイメージを膨らませてオーダーするのは至福の時間です。
<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 オーダーサンプルイメージ3
<ベッタニン&ベントゥーリ>のオーダーシステムは、マッケイからカデノンまで複数の製法から選べます。
<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 オーダーサンプルイメージ
イタリア靴らしいスラッとしたシェイプというよりも、イギリス靴っぽい無骨さも備えた靴が並びます。

そして、さらに注目したいのが、貴重なワニ革であるカイマン革も選べるということです。

実は、昨年から<ベッタニン&ベントゥーリ>はブランドロゴを変更。
モダンな雰囲気に生まれ変わっているにもご注目ください。

<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 貴重なカイマン
カイマンをはじめ、貴重な革が用意されています。
<ベッタニン&ベントゥーリ>2016年度パターンオーダー会 スウォッチイメージ
新しいブランドロゴが刻印された革見本帳。

このパターンオーダー会は本日(9/25)まで。伊勢丹新宿店では、TOKYO MEN’S FES 2016も開催中ですので、ぜひ足を運んでみては?

<ベッタニン&ベントゥーリ>
パターンオーダー会

日程:2016年09月24日(土)~25日(日)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場
<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会

ライン

<ベッタニン&ヴェントゥーリ>パターンオーダー会(9/24-25)

革靴に関連するイベント情報

<ベッタニン&ヴェントゥーリ>パターンオーダー会

<ベッタニン&ヴェントゥーリ>パターンオーダー会イメージ

開催期日
2016年9月24日(土)~9月25日(日)
開催場所
伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場
開催概要
神の手を持つといわれている職人ジョゼッペ・ベッタニン氏が率いるイタリアの老舗<ベッタニン&ベントゥーリ>。好みの製法を選択できるなど比較的自由度の高いオーダーシステムが魅力です。

詳しくは  イセタンメンズネット でご確認ください。

ライン

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報

いよいよ9月7日から秋のオーダー会がスタート!
世界最高峰のシューメーカーの靴を自分好みで誂えれば
きっと宝物にしたくなるオンリーワンの1足に。

今年もやってきました、革靴シーズン。

イセタンメンズでは、9月7日(水)から始まった<ダーミ>のオーダー会を皮切りに続々とオーダー会を予定しています。

靴好きにとって、このオーダー会は特別な機会。
その理由は、自分好みの1足を誂えられるからというのももちろんですが、普段は出会うことができない本国スタッフと触れ合えるからです。

例えば、昨年のオーダー会では、<カルミナ><エドワード グリーン><アンソニー クレバリー>など、そうそうたるブランドの代表が来日し、店頭でオーダーの相談を受け付けてくれていました。
そして、<ロトゥセ><マグナーニ>からは職人が来日し、カラーリングを実演。

世界各国のシューブランドの世界観や技術力を体感できるチャンスになっているわけです。

さらに、日本が世界に誇る靴職人の方々と気軽に話ができるのも魅力のひとつ。
今年は、当サイトでインタビューさせていただいた靴職人・福田洋平さん(ヨウヘイフクダ)川口昭司さん(マーキス)高野圭太郎さん(クレマチス)のオーダー会が予定されています。

また、パターンオーダーでは、通常の既製靴では展開のないサイズやウィズでオーダーできるブランドがあるのもメリットですね。

ラインナップを見るだけで、今から待ちきれなくなること請け合いですよ。

では、アイレット編集部が入手したオーダー会情報をご紹介します!

※下記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、詳しくはイセタンメンズネットでご確認ください。

 

 

 

 

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報5 サントーニ

イタリアを代表するシューメーカー<サントーニ>。
会期中にはイタリアよりカラーリングの職人が来日し、実演する予定です。

次のステップへ<サントーニ>に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報6 コルテ

1990年にフランス・パリで創業した高級靴メゾン<コルテ>。独特な世界観に加え、芸術性の高い靴が世界中で支持を集めています。

次のステップへ<コルテ>に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報7 ロトゥセ

地中海マヨルカ島で創業したスペインのブランド<ロトゥセ>。
会期中には本国より来日する職人のデモンストレーションが予定されています。

 

次のステップへ<ロトゥセ>の昨年度オーダー会レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報8 ステファノベーメル

天才と謳われた靴職人・故ステファノ ベーメル氏により創業されたイタリアのブランド<ステファノ ベーメル>。15日には本国スタッフが来店予定です。

※開催日程に誤りがありました。お詫びいたします。

次のステップへ<ステファノベーメル>の昨年度オーダー会レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報9 三陽山長

「技」「匠」「粋」という和の精神に基づいた日本ブランド<三陽山長>。既製品で取り扱いのないサイズやウィズでもオーダーできるのが魅力です。

次のステップへ<三陽山長>
に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報<ヨウヘイフクダ>

英国で伝統的な靴づくりを学び、2008年に自身のブランドを立ち上げた福田洋平氏。世界中から注目を集める<ヨウヘイフクダ>のオーダー会です。※事前予約制

次のステップへ<ヨウヘイフクダ>福田洋平氏のインタビューを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報 <マーキス>

英国で靴づくりを学んだ靴職人・川口昭司氏主宰の<マーキス>。
1900年代初頭の英国靴のような、上品でクラシカルな雰囲気を持つ靴づくりが特徴です。※事前予約制

次のステップへ<マーキス>主宰川口昭司氏のインタビューを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報13 ペルフェット

1足1足丁寧につくり、快適な履き心地の靴を提供するメイドインジャパンブランド<ペルフェット>。シャープで美しいラストが採用されたスタイリッシュな雰囲気のドレスシューズが人気です。

次のステップへ<ペルフェット>
に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報14 ジョンロブ

靴の聖人の日・10月25日に<ジョンロブ>の2017年イヤーモデルを販売予定です。上の写真は’16年のイヤーモデルで1アイレットのブーツ。毎年<ジョンロブ>では特別なモデルを発表しています。

次のステップへ<ジョンロブ>
に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報15 クレマチス

巻田庄蔵氏、関信義氏のもとで修行し、銀座にアトリエを構えている靴職人・高野圭太郎氏による<クレマチス>。
モダンでエレガント。そして凛とした雰囲気が魅力です。

次のステップへ<クレマチス>高野圭太郎氏のインタビューを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報16 エドワードグリーン

1890年創業した老舗英国ブランド<エドワードグリーン>のオーダー会では圧倒的なスケールのサンプルから好みの1足をつくれます。5・6日には本国から代表のヒラリーフリーマン氏が来日予定。

次のステップへ<エドワードグリーン>の昨年度オーダー会レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報16 アルフレッドサージェント

英国を代表するブランド<アルフレッドサージェント>。なんと、店頭価格と同額でオーダーができるそう(予定)。
この機会に好きな革・木型・底材を選び、特別な1足をつくってみませんか。

次のステップへ<アルフレッド サージェント>
に関する記事を見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報17 アンソニークレバリー

名だたるセレブを顧客に持つ英国の名門シューメーカー<アンソニー クレバリー><ジョージ クレバリー>のオーダー会。13日には代表のジョージ・グラスゴー氏と職人が来日予定です。

次のステップへ<アンソニークレバリー>の昨年度オーダー会レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報18 マグナーニ

優雅なフォルムと豊かな色使いが特徴のスペインブランド<マグナーニ>。 今年のオーダー会ではイラスト職人が来日し、土日に実演予定です。ドローイングのオーダーも予定されています。

次のステップへ<マグナーニ>の昨年度オーダー会レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報19 パラブーツ

登山靴をルーツとした堅牢なつくりが特徴のフランスブランド<パラブーツ>。 大人気のモデル「シャンボード」「ミカエル」などのモデルを好みの素材・ソールなどでオーダーできます。

次のステップへ<パラブーツ>のオーダー体験レポートを見る

イセタンメンズ-2016AWオーダー会スケジュール情報20 エンツォボナフェ

伝説の靴職人・エンツォ ボナフェ氏が創業したイタリアのブランド<エンツォ ボナフェ>。オーダー会では店頭のモデルをベースに多彩な素材からオーダーできます。また、実演も予定されています。

次のステップへ<エンツォ ボナフェ>
に関する記事を見る

一挙に20ものイベント情報を掲載しました。

ただし、前述した通り、お伝えした情報はあくまでも予定です。イベント開催日程が近づいて来たら、イセタンメンズネットで詳細をご確認いただけます。必ず、詳細をご確認の上、お出かけください!

※掲載している写真はイメージです。

ライン

アイレット編集部による革靴情報まとめ2015[気になる靴編]

アイレット編集部による1年間の活動を通して、実際に見て、履いて
気になった靴を国別にピックアップ!

いよいよ、2015年最後の記事となります。
アイレット編集部では、日本の靴を中心にさまざまな国の靴を実際に見てお伝えすることを大切にしてきました。

そこで、今年最後の記事として、編集部が「見て、履いて、皆さまにご紹介したい!」と思った靴を国別に編集し掲載させていただきます。

それぞれの革靴画像をクリックすると、その靴をご紹介した記事にリンクしています。

Japan日本の靴日本総括アイコン

2015年はビスポークシューメーカーの方々の取材を多くさせていただいた年でした。
そして、1年間を通して拝見させていただいた靴は、ビスポーク、レディメイドなどを含め数百足に登ります。そこで感じたの、日本の靴の底力です。
日本の靴と言うと、「丁寧なつくり」という言葉を一番に浮かべる方が多いかもしれません。しかし、10月に伊勢丹新宿店で開催された「JAPAN靴博2015」に出品された靴々は、創造性に富んだものでした。
確かなものづくりに創造性が掛け合わさると、さらにシナジーが生まれます。今後も日本の靴、見逃せません!!

Englandイギリスの靴イギリス 総括アイコン

伝統ある英国靴。2015年のキーワードは「変化」だったかな、と思います。
イギリスを代表する高級シューメーカーの<ジョンロブ>は新しいアートディレクターが就任してロゴも新しくなっています。<エドワードグリーン>は2014年後半にジャーミンストリートにある店舗をリデザインして、ロゴも劇的に変わりました。さらに新ラスト#890をリリースし、続いて#915ラストもリリースするなど矢継ぎ早に新しいラストを展開しています。常に変化をしながら、価値を提供してくれる攻めの姿勢が印象的な1年でしたね。

Itary イタリアの靴 イタリア 総括アイコン

イタリアの靴は、無骨さとエレガントさと言う相反するイメージの靴が印象的でした。そして、今年は<シルバノランタッツィ>のパオロ・ランタンツィ氏や、<ステファノベーメル>のCEOトム・マーゾ氏、<ベッタニン&ベントゥーリ>のアルベルト・ベッタニン氏と直接お話をさせていただく機会を得て、イタリアのクリエイティビティの奥深さに触れさせていただきました。

France フランスの靴 フランス 総括アイコン

フランスの靴で、特に話題になったのが<ジェイエムウエストン>がリリースした「ルモック(Le Moc)」です。ルモックは、<ジェイエムウエストン>の代表作「180シグニチャーローファー」の雰囲気を残しながら、マッケイ製法で軽快な履き心地を実現しているローファー。カラーバリエーションも豊富で人気を集めました。
また、<パラブーツ>の代表作「ミカエル」誕生70周年ということで、アニバーサリーモデルを発売。こちらも話題になりました。 フランスシックな靴々はファッションとの相性が良く、コーディネートのしやすさが抜群だなと、改めて感じましたね。

Spain スペインの靴 スペイン 総括アイコン

スペインの靴はコストパフォーマンスの高さに加え、スタイリッシュなデザインを愉しめる点が魅力。さらに、カラーリングなど革靴を自分好みにカスタマイズできるサービスが充実しているのもGOOD!今年は、<マグナーニ><ロトゥセ>のカラーリング実演を取材させていただきました。

前回の「アイレット編集部による革靴情報まとめ2015[記事編]」に続き、[気になる靴編]をお送りしました。

男性の革靴と言うと、あまり変化がないと思っている方も多いかもしれませんが、作り手の創意・工夫により、魅力的な革靴が続々と登場しています。

アイレット編集部は、2016年も伝統的な靴づくりを大切にしながら、新たな試みに取り組む、革靴業界の動向を積極的にお伝えしてまいります。

革靴を愛する皆さまによって支えられ、アイレット編集部は充実した1年間を過ごすことができました。
本当にありがとうございます!

来年もよろしくお願いいたします!

ライン

潜入!伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会

神の手を持つと言われる職人による1足を 自分仕様でつくれるパターンオーダー会

2015年10月10日(土)・11日(日)に、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場で開催中の<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会にアイレット編集部がお邪魔してきました。

<ベッタニン&ベントゥーリ>と言えば、創業1850年のイタリア・ヴェローナにある老舗シューメーカー。 現在の当主、4代目のジョゼッペ・ベッタニン氏は、神の手を持つ職人と言われています。 その理由のひとつが、ノルベジェーゼの源流で、いまやジョゼッペ・ベッタニン氏にしか駆使できないカデノン製法という技術を継承しているから。

アイレット編集部は、昨年度のこのイベントで自腹オーダーをする際に、ジョゼッペ・ベッタニン氏の実演を間近でみることができまして、その神の手を拝見させていただいております。 なんと言っても、驚くのが、その作業の素早さ。 あっという間に、仕上げていて、集中力が半端なかったです。 とても、80歳近い方とは思えなったですね。

今年のパターンオーダー会には、ジョゼッペ氏ではなく、ベッタニン家の伝統を受け継ぐ息子のアルベルト氏と、新たに<ベッタニン&ベントゥーリ>に加入したエドアルド氏のお二人が来店されています。

エル・アルド氏(左)、アルベルト・ベッタニン氏(右)

そして、もちろん、ジョゼッペ氏がいなくても、カデノン製法をはじめ、ノルベジェーゼ、グッドイヤー、グッドイヤーフレックス、マッケイとさまざまな製法でのオーダーを受け付けていますので、安心してください!! では、せっかくですので、今回用意されているデザインサンプルをご紹介します。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ08
とても<ベッタニン&ベントゥーリ>らしいカラーリングの1足と、レースステイ部分にクロコダイルを使ったプレーントゥ
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ09
スエードのローファーに、キャップトゥ。キャップトゥは絶妙な味がでていますね
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ10
トゥシェイプをご覧ください。トゥシェイプによって、靴の表情が違いますね。
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ11
これぞ、<ベッタニン&ベントゥーリ>の真骨頂とも言える重戦車のような靴々。唯一無二の迫力です

そして、今回、ご紹介されていた新作のプロトタイプ。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ04
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ03

いかがでしょう。新作のプロトタイプは、エレガントな雰囲気になっていますね。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ05
上質な牛革を中心にさまざまな素材が用意されています
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ06
<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会料金表

今回のパターンオーダー会は、超一流の職人の手技で、自分好みの1足を誂えるチャンスです。 ご紹介した<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会は、今日10月11日(日)まで開催中。 ぜひ、実際にご覧になってみてください!

ライン

<ベッタニン&ベントゥーリ>オーダー会(10/10・11)

革靴に関連するイベント情報

<ベッタニン&ベントゥーリ>オーダー会

開催期日
2015年10月10日(土)・11日(日)
開催場所
伊勢丹新宿店メンズ館
開催概要
創業1850年と、160年以上の歴史を持つイタリアのブランド<ベッタニン&ベントゥーリ>。「神の手」を持つといわれる4代目当主のジョゼッペ・ベッタニン氏は、世界で唯一のカデノン製法後継者です。イタリアではカリスマ的な存在であるジョゼッペ氏がイベント期間中に来店予定。

詳しくは  ISETAN MEN’S NET でご確認ください。

ライン

完成!世界に一つだけの<ベッタニン&ヴェントゥーリ>パターンオーダーシューズ

ようやく、納品されました!! 2014年10月にパターンオーダーした「ベッタニン&ヴェントゥーリ」。 以前、【体験レポート】パターンオーダーで自腹オーダーしちゃいました(ベッタニン&ベントゥーリ オーダー編)でレポートした、あの品です。 改めて、オーダー内容を確認してみましょう。 ベッタニン&ベントゥーリパターンオーダー内容 木型は、ベッタニン&ヴェントゥーリらしさの光る「202」。トゥ部分がぽっこりしていてかわいらしさのある木型です。 製法はグッドイヤー。 デザインは、2つのモデルを掛けあわせました。 素材は、ダークブラウンの「モカ」。スエード素材ですね。 そして、完成品がこちら!! ベッタニン&ヴェントゥーリ パターンオーダー完成品イメージ01 ベッタニン&ヴェントゥーリ パターンオーダー完成品イメージ02 ベッタニン&ヴェントゥーリ パターンオーダー完成品イメージ03 どうですか、ソールを見ると、ハンドメイド感満載です。 既製品にはない、自分だけのモデルができました。 完成までには、半年強かかりましたけれど、感無量です。 どんどん、履きこんで、さらに追レポートしますね!!

12月の偏愛SHOES┃ BETTANIN & VENTURI(ベッタニン&ベントゥーリ)

今月の1足は、「BETTANIN & VENTURI(ベッタニン&ベントゥーリ)」のブーツです。

ベッタニン&ベントゥーリは、イタリアのシューズメーカー。

カデノン製法ができる唯一のブランドで、代表のジョゼッペ・ベッタニン氏は、高い技術とスピードを兼ね備えた靴職人として有名です。

この靴はカデノンではなく、グッドイヤーウエルテッドでつくられていますけれど、味わいがある1足ですね。 12月の偏愛SHOES ライン

【体験レポート】パターンオーダーで自腹オーダーしちゃいました(ベッタニン&ベントゥーリ オーダー編)

こだわりの1足を作れるパターン―オーダーに挑戦!!

革靴のオンシーズンはいつだかご存じですか? 旅行じゃないんだから、オンシーズンもオフシーズンもないんじゃないの、なんて声が聞こえてきそうですね(笑)。 革靴のオンシーズンは、3・4月と10・11月。 新しい靴を購入する際に知っておくと、良いお買い物ができますよ。 その理由は、この時期にパターンオーダー会がこぞって開催されるから。 パターンオーダーの良いところは、自分だけの特別な一足を作れるという点ですね。 ベッタニンベントゥーリイメージ このパターンオーダーの魅力を伝えるべく、EYELET編集部員が自腹でオーダーをしてきました!!

自腹オーダーしてきたのは、イタリアのブランド「ベッタニン&ベントゥーリ」です。

ベッタニン&ベントゥーリは、ノルべジェーゼの源流でもある「カデノン」製法の靴を作れる唯一のブランド。 カデノンはノルヴェジェーゼ製法よりも手間が多く、その製法で仕上げた靴は堅牢になるという、150年も前から受け継がれている製法なんです。 とてもとても高度な手技が必要な技法で、いまでは世界中でベッタニン&ベントゥーリのジョゼッペ氏ひとりだけがこの技を駆使できる、と言われています。 とはいえ、ベッタニン&ベントゥーリの靴の魅力は、カデノンだけではありません。 ノルヴェジェーゼ、グッドイヤー、マッケイと幅広い製法を駆使して、完成度が高い靴づくりをしています。 さて、ここで、ベッタニン&ベントゥーリのパターンオーダーのおおまかな手順について触れておきます。 ベッタニン&ベントゥーリのパターンオーダーシステム 案外簡単そうに見えますよね。 でも、実は、ベッタニン&ベントゥーリ、パターンオーダーでもかなり融通が利くんですよ。 デザインの変更やコンビネーションシューズにしたり。 サイズの方も多少の調整はしてくれます。 で、EYELET編集部員は、こんなオーダーをしました。

EYELET編集部員のオーダー内容

ベッタニン&ベントゥーリパターンオーダー内容 木型はトゥの部分がポッコリとしたシルエット。 デザインは、セミブローグで外羽根のダービーを掛け合わせ。 素材は、ダークブラウンのスエード。 ソールは、レザーソール。 ここまで決めるのに、どれだけ創造力・判断力が求められるか……。 そこで、超慎重なEYELET編集部員は、完成予想図を作ってしまいました!! ベッタニン&ベントゥーリパターンオーダー完成予想図 素材がスエードなので、メダリオン部分は写真のように白くはならないと思いますが、他の部分は概ねオーダーした通りの予想図になっているはずです。 パターンオーダーで仕様を変更しすぎると、どんな靴ができるか想像するしかありません。 とはいえ、せっかくオーダーするのですから、なるべく失敗はしたくないですよね。 そんな場合は、今回のように選んだ靴や素材の写真を撮って、完成予想図を作ることをおすすめします。 だいぶ、イメージの助けになりますよ。 納品は、2015年5月です!さて、どんな靴ができるか、お楽しみ!! ライン