潜入!伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会

神の手を持つと言われる職人による1足を 自分仕様でつくれるパターンオーダー会

2015年10月10日(土)・11日(日)に、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場で開催中の<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会にアイレット編集部がお邪魔してきました。

<ベッタニン&ベントゥーリ>と言えば、創業1850年のイタリア・ヴェローナにある老舗シューメーカー。 現在の当主、4代目のジョゼッペ・ベッタニン氏は、神の手を持つ職人と言われています。 その理由のひとつが、ノルベジェーゼの源流で、いまやジョゼッペ・ベッタニン氏にしか駆使できないカデノン製法という技術を継承しているから。

アイレット編集部は、昨年度のこのイベントで自腹オーダーをする際に、ジョゼッペ・ベッタニン氏の実演を間近でみることができまして、その神の手を拝見させていただいております。 なんと言っても、驚くのが、その作業の素早さ。 あっという間に、仕上げていて、集中力が半端なかったです。 とても、80歳近い方とは思えなったですね。

今年のパターンオーダー会には、ジョゼッペ氏ではなく、ベッタニン家の伝統を受け継ぐ息子のアルベルト氏と、新たに<ベッタニン&ベントゥーリ>に加入したエドアルド氏のお二人が来店されています。

エル・アルド氏(左)、アルベルト・ベッタニン氏(右)

そして、もちろん、ジョゼッペ氏がいなくても、カデノン製法をはじめ、ノルベジェーゼ、グッドイヤー、グッドイヤーフレックス、マッケイとさまざまな製法でのオーダーを受け付けていますので、安心してください!! では、せっかくですので、今回用意されているデザインサンプルをご紹介します。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ08
とても<ベッタニン&ベントゥーリ>らしいカラーリングの1足と、レースステイ部分にクロコダイルを使ったプレーントゥ
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ09
スエードのローファーに、キャップトゥ。キャップトゥは絶妙な味がでていますね

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ10
トゥシェイプをご覧ください。トゥシェイプによって、靴の表情が違いますね。
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ11
これぞ、<ベッタニン&ベントゥーリ>の真骨頂とも言える重戦車のような靴々。唯一無二の迫力です

そして、今回、ご紹介されていた新作のプロトタイプ。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ04
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ03

いかがでしょう。新作のプロトタイプは、エレガントな雰囲気になっていますね。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ05
上質な牛革を中心にさまざまな素材が用意されています
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ06
<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会料金表

今回のパターンオーダー会は、超一流の職人の手技で、自分好みの1足を誂えるチャンスです。 ご紹介した<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会は、今日10月11日(日)まで開催中。 ぜひ、実際にご覧になってみてください!

【体験レポート】パターンオーダーで自腹オーダーしちゃいました(ベッタニン&ベントゥーリ オーダー編)

こだわりの1足を作れるパターン―オーダーに挑戦!!

革靴のオンシーズンはいつだかご存じですか? 旅行じゃないんだから、オンシーズンもオフシーズンもないんじゃないの、なんて声が聞こえてきそうですね(笑)。 革靴のオンシーズンは、3・4月と10・11月。 新しい靴を購入する際に知っておくと、良いお買い物ができますよ。 その理由は、この時期にパターンオーダー会がこぞって開催されるから。 パターンオーダーの良いところは、自分だけの特別な一足を作れるという点ですね。 ベッタニンベントゥーリイメージ このパターンオーダーの魅力を伝えるべく、EYELET編集部員が自腹でオーダーをしてきました!!

自腹オーダーしてきたのは、イタリアのブランド「ベッタニン&ベントゥーリ」です。

ベッタニン&ベントゥーリは、ノルべジェーゼの源流でもある「カデノン」製法の靴を作れる唯一のブランド。 カデノンはノルヴェジェーゼ製法よりも手間が多く、その製法で仕上げた靴は堅牢になるという、150年も前から受け継がれている製法なんです。 とてもとても高度な手技が必要な技法で、いまでは世界中でベッタニン&ベントゥーリのジョゼッペ氏ひとりだけがこの技を駆使できる、と言われています。 とはいえ、ベッタニン&ベントゥーリの靴の魅力は、カデノンだけではありません。 ノルヴェジェーゼ、グッドイヤー、マッケイと幅広い製法を駆使して、完成度が高い靴づくりをしています。 さて、ここで、ベッタニン&ベントゥーリのパターンオーダーのおおまかな手順について触れておきます。 ベッタニン&ベントゥーリのパターンオーダーシステム 案外簡単そうに見えますよね。 でも、実は、ベッタニン&ベントゥーリ、パターンオーダーでもかなり融通が利くんですよ。 デザインの変更やコンビネーションシューズにしたり。 サイズの方も多少の調整はしてくれます。 で、EYELET編集部員は、こんなオーダーをしました。

EYELET編集部員のオーダー内容

ベッタニン&ベントゥーリパターンオーダー内容 木型はトゥの部分がポッコリとしたシルエット。 デザインは、セミブローグで外羽根のダービーを掛け合わせ。 素材は、ダークブラウンのスエード。 ソールは、レザーソール。 ここまで決めるのに、どれだけ創造力・判断力が求められるか……。 そこで、超慎重なEYELET編集部員は、完成予想図を作ってしまいました!! ベッタニン&ベントゥーリパターンオーダー完成予想図 素材がスエードなので、メダリオン部分は写真のように白くはならないと思いますが、他の部分は概ねオーダーした通りの予想図になっているはずです。 パターンオーダーで仕様を変更しすぎると、どんな靴ができるか想像するしかありません。 とはいえ、せっかくオーダーするのですから、なるべく失敗はしたくないですよね。 そんな場合は、今回のように選んだ靴や素材の写真を撮って、完成予想図を作ることをおすすめします。 だいぶ、イメージの助けになりますよ。 納品は、2015年5月です!さて、どんな靴ができるか、お楽しみ!!