【実証分析】<チャーチ(Church’s)>ラスト #173 ・ #103比較

今日は、サイズ選びに役立つラスト(木型)比較をお送りします。

通販サイトが充実した昨今、試し履きをせずに、サイズを選択しなければならないケースが増えてきました。

革靴には、個体差もありますし、試し履きをするのがベストです。

とはいえ、ベストに近い選択ができるようにするには、どうするか。

それは、シューメーカーごとのサイズ傾向を知ること。
とりわけ、ラスト(木型)の特徴を知っておくことではないでしょうか。

靴修理のパイオニアで、通販も手掛けている「UNION WORKS」では、こんなサイズチャートをホームページで掲載しています。

革靴ブランド別サイズ比較表
サイズチャート出典:UNION WORKS HP

このチャートは、通販でお買い物をするユーザーの不安をできるだけ、解消するためにつくられたそうです。

とはいえ、以下のような注意書きも書いています。

フィッティングの好みやソックスの厚み、
足の形は人それぞれ違う為、あくまでの目安としてご覧になって頂ければと思います。

そう、ラストの特徴を知っても、やはり、すべての不安を解消できるわけではありません。
でも、きっと、知らないよりは役に立つはず。

ということで、今回は、EYELET読者の方から数多く寄せられた質問に基づき、<チャーチ>のラスト103と173を比較しちゃいます。

ドレスにカジュアルに チャーチには、個性的な木型があります

1873年に、英国靴の聖地ノーサンプトンで創業したチャーチ。現在に至る長い歴史の中で、正統派の英国靴として不動の地位を確立していました。
なかでも、名作と言われるラストが多いのがチャーチの特徴の一つです。純英国的な朴訥としたフォルムのものから、現代的なロングノーズのものまで、実に多彩です。

まずは、ラスト#103、#173をそれぞれご紹介します。

コンフォートなラスト#103

チャーチのプレーントゥ「シャノン」

このラストを採用しているモデルは、チャーチの名作として知られる「シャノン(SHANNON)」です。
トゥ部分にボリュームがあり、とても重厚な印象を受けます。
とはいえ、控え目なロングノーズで、ヒールは小ぶり。

ゆえに、無骨さの中にも、洗練を感じるラストだと言われています。

エレガントなドレス向けラスト#173

チャーチ CONSUL(コンサル) #173

このラストを採用しているモデルは、ストレートチップの「コンサル(CONSUL)」、セミブローグの「ディプロマット(DIPLOMAT)」、フルブローグの「チェットウィンド(CHETWYND)」など。
どれも、ビジネスの定番といわれるものです。

その特徴は、トレンドに流されないクラシックなフォルム。
とはいえ、実は、この#173ラストは、2001年に登場したラストです。

それまでのドレスシューズの主流だったラスト#73の復刻版として、現代人の足型に合うようにバランスが調整されました。

そのフォルムの特徴は、
バランスの良いスクエアトゥ。そして、甲の高さがなだらかに上がっていること。さらにウエスト部分が自然にくびれていることです。

ゆえに、ナチュラルにフィットするのですね。

さあ、ラストそれぞれの特徴がわかったところで、次は、木型を大胆に比較します!

横幅は#103ラスト、ヒール部分は#173が大き目

まずは、#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。 チャーチのラスト上から比較

そして、ディプロマット自体を削除してみると……。

チャーチのラスト上から比較2

#103のシャノンの方が、#173のディプロマットよりも横幅が広く、ヒール部分は小さいことがわかります。

今度は、横から。#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。

チャーチのラスト比較_甲の高さ01

ディプロマット自体を削除してみると

チャーチのラスト比較_甲の高さ02

甲のせり上がりのラインが#103のシャノンよりも、ディプロマットの方が急なのがわかります。

ゆえに、#103シャノンは、踵部分でフィッティングさせ、#173ディプロマットは、甲の部分とボールジョイント部(足で最も広く太いところ)と、ウエストの絞りでフィッティング性を高めていると考えられます。

また、#173を使った別モデル「ウエストバリー(WESTBURY)」と比較してもこの通り。

チャーチのラスト比較_ウエストバリー

シャノンとディプロマットの比較と同様ですね。

いかがでしたか。

この比較はあくまでもEYELET編集部独自の見解であり、サイズ感の絶対性を保証するものではありませんので、あらかじめご理解ください。

ただし、今では通販でも、サイズが合わない場合に無料交換、返品ができる「amazon(アマゾン)」のようなサービスも増えていますので、ご利用されてみてもよいかもしれませんね。

【レポート】阪急メンズ東京の「ブリティッシュシューミュージアム」は英国の香り

この秋3周年を迎えた阪急メンズで、こだわりの靴とバッグをフォーカスする「シューズ&バッグフェア2014AW with メンズEX」を開催中です。

その一環として本日まで開催されていた「ブリティッシュシューミュージアム」にお邪魔してきました。
このミュージアムに展示されている英国靴は、、、 ついに阪急メンズ東京デビューとなった ・エドワードグリーン そして、 ・クロケット&ジョーンズ ・ガジアーノ・ガーリング さらに、通常阪急メンズ東京で取扱いのない ・グレンソン ・チーニー ・ローク ・バーカー と、ノーザンプトンの名靴が所狭しと並んでいました!!

その圧倒的な靴の知識と豊富な経験、および的確な提案力を持つ売場スタッフ某氏に話を聞いてみたところ、注目すべきは、「クロケット&ジョーンズ」ドレスシューズ 131,760円(阪急メンズ限定)。

阪急メンズ東京限定 クロケット&ジョーンズ

写真出典:阪急メンズ東京HP

ウィスキーコードバンのドレスシューズは絶妙な色合いでしたよ。

他にも、「チャーチ(Church’s)」の名作「ライダー」の限定色など見どころがいっぱい!

ジョンロブに次いで、エドワードグリーンの取扱いが始まった阪急メンズ東京。 東京でジョンロブ、エドワードグリーン、ガジアーノ・ガーリングと3大英国ブランドが揃うのは、阪急メンズ東京だけ。 ぜひ、3周年を迎え、怒涛の攻勢を見せる阪急メンズ東京に足を運んでみませんか。

【実証分析】<チャーチ(Church’s)>ラスト #173 ・ #103比較

今日は、サイズ選びに役立つラスト(木型)比較をお送りします。

通販サイトが充実した昨今、試し履きをせずに、サイズを選択しなければならないケースが増えてきました。

革靴には、個体差もありますし、試し履きをするのがベストです。

とはいえ、ベストに近い選択ができるようにするには、どうするか。

それは、シューメーカーごとのサイズ傾向を知ること。
とりわけ、ラスト(木型)の特徴を知っておくことではないでしょうか。

靴修理のパイオニアで、通販も手掛けている「UNION WORKS」では、こんなサイズチャートをホームページで掲載しています。

革靴ブランド別サイズ比較表
サイズチャート出典:UNION WORKS HP

このチャートは、通販でお買い物をするユーザーの不安をできるだけ、解消するためにつくられたそうです。

とはいえ、以下のような注意書きも書いています。

フィッティングの好みやソックスの厚み、
足の形は人それぞれ違う為、あくまでの目安としてご覧になって頂ければと思います。

そう、ラストの特徴を知っても、やはり、すべての不安を解消できるわけではありません。
でも、きっと、知らないよりは役に立つはず。

ということで、今回は、EYELET読者の方から数多く寄せられた質問に基づき、<チャーチ>のラスト103と173を比較しちゃいます。


ドレスにカジュアルに
チャーチには、個性的な木型があります

1873年に、英国靴の聖地ノーサンプトンで創業したチャーチ。現在に至る長い歴史の中で、正統派の英国靴として不動の地位を確立していました。
なかでも、名作と言われるラストが多いのがチャーチの特徴の一つです。純英国的な朴訥としたフォルムのものから、現代的なロングノーズのものまで、実に多彩です。

まずは、ラスト#103、#173をそれぞれご紹介します。

コンフォートなラスト#103

チャーチのプレーントゥ「シャノン」

このラストを採用しているモデルは、チャーチの名作として知られる「シャノン(SHANNON)」です。
トゥ部分にボリュームがあり、とても重厚な印象を受けます。
とはいえ、控え目なロングノーズで、ヒールは小ぶり。

ゆえに、無骨さの中にも、洗練を感じるラストだと言われています。

エレガントなドレス向けラスト#173

チャーチ CONSUL(コンサル) #173

このラストを採用しているモデルは、ストレートチップの「コンサル(CONSUL)」、セミブローグの「ディプロマット(DIPLOMAT)」、フルブローグの「チェットウィンド(CHETWYND)」など。
どれも、ビジネスの定番といわれるものです。

その特徴は、トレンドに流されないクラシックなフォルム。
とはいえ、実は、この#173ラストは、2001年に登場したラストです。

それまでのドレスシューズの主流だったラスト#73の復刻版として、現代人の足型に合うようにバランスが調整されました。

そのフォルムの特徴は、
バランスの良いスクエアトゥ。そして、甲の高さがなだらかに上がっていること。さらにウエスト部分が自然にくびれていることです。

ゆえに、ナチュラルにフィットするのですね。

さあ、ラストそれぞれの特徴がわかったところで、次は、木型を大胆に比較します!

横幅は#103ラスト、ヒール部分は#173が大き目

まずは、#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。 チャーチのラスト上から比較

そして、ディプロマット自体を削除してみると……。

チャーチのラスト上から比較2

#103のシャノンの方が、#173のディプロマットよりも横幅が広く、ヒール部分は小さいことがわかります。

今度は、横から。#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。

チャーチのラスト比較_甲の高さ01

ディプロマット自体を削除してみると

チャーチのラスト比較_甲の高さ02

甲のせり上がりのラインが#103のシャノンよりも、ディプロマットの方が急なのがわかります。

ゆえに、#103シャノンは、踵部分でフィッティングさせ、#173ディプロマットは、甲の部分とボールジョイント部(足で最も広く太いところ)と、ウエストの絞りでフィッティング性を高めていると考えられます。

また、#173を使った別モデル「ウエストバリー(WESTBURY)」と比較してもこの通り。

チャーチのラスト比較_ウエストバリー

シャノンとディプロマットの比較と同様ですね。

いかがでしたか。

この比較はあくまでもEYELET編集部独自の見解であり、サイズ感の絶対性を保証するものではありませんので、あらかじめご理解ください。

ただし、今では通販でも、サイズが合わない場合に無料交換、返品ができる「amazon(アマゾン)」のようなサービスも増えていますので、ご利用されてみてもよいかもしれませんね。