タグ別アーカイブ: Corthay

<コルテ>パターンオーダー会(10/27-28)

革靴に関連するイベント情報

<コルテ>パターンオーダー会

<コルテ>パターンオーダー会イメージ

写真出典:GENTA HP
開催期日
2017年10月27日(金)・28日(土)
開催場所
松坂屋名古屋店 北館1階 紳士靴
開催概要
松坂屋新北館「GENTA(ジェンタ)」にて<コルテ>のパターンオーダー会が開催されます。
今回のオーダー会では、オンオフに活躍してくれるラグジュアリーなスリッポンとして人気の「カンヌ」と<コルテ>初となるスニーカー「’90」がお目見え。
期間中には、<コルテ>のバッグや革小物も用意される予定です。

詳しくは  GENTA HP でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

<コルテ>シューズオーダー会(10/11-17)

革靴に関連するイベント情報

<Corthay|コルテ>シューズオーダー会

<Corthay|コルテ>シューズオーダー会イメージ

開催期日
2017年10月11日(水)~17日(火)
開催場所
伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場
開催概要
フランスの高級靴メゾン<コルテ>のシューズオーダー会を開催。
10月14日(土)には、本国からピエール・コルテ氏が来店予定です。

詳しくは  イセタンメンズネット でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

BRITISH MADE ラシック名古屋店--プレミアムフライデー シューズメンテナンスサービス--(9/29)

革靴に関連するイベント情報

BRITISH MADE ラシック名古屋店--プレミアムフライデー シューズメンテナンスサービス--
開催期日
2017年9月29日(金) 15時~20時
開催場所
BRITISH MADE ラシック名古屋店
開催概要
名古屋の中心「栄」に位置する商業施設「ラシック」6階の「BRITISH MADE(ブリティッシュメイド) ラシック名古屋店」。
9月のプレミアムフライデー企画として、<チャーチ>や<ジョゼフ チーニー>のシューズメンテナンスサービスを実施予定です。
このサービスはブリティッシュメイドのメンバーズカードをお持ちの方が対象で(当日の入会可)、先着5名の方限定。
※アッパーの素材により、メンテナンスできない場合があるので、ご注意ください。

詳しくは  ブリティッシュメイドHP でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

<Corthay/コルテ>パターンオーダー会(4/30)

革靴に関連するイベント情報

<Corthay/コルテ>パターンオーダー会

<Corthay/コルテ>パターンオーダー会イメージ

写真出典:GENTA HP
開催期日
2017年4月30日(日)
開催場所
松坂屋名古屋店 北館1階 紳士靴
開催概要
昨年4月にオープンの松坂屋新北館「GENTA(ジェンタ)」にて1周年を記念するイベントが開催されます。そのひとつが、<コルテ>のパターンオーダー会です。
今回のイベントでオーダーできるのは、オンオフに活躍してくれるラグジュアリーなスリッポン「カンヌ」。
「カンヌ」はコルテ初のマッケイ製法でつくられたスリッポンで、柔らかな履き心地が特徴です。
さらに<コルテ>の「C」を模った金具が使われているなど、<コルテ>らしさが溢れています。

詳しくは  GENTA HP でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

<コルテ>初のスニーカー「’90」をはじめ、新作モデルを発表!

スマートカジュアルを足元から格上げできる<コルテ>初のスニーカー「’90」は、<コルテ>らしい遊び心とディテールがいっぱい。
今回の新作は、リラックスした雰囲気が印象的なラインナップ

フランスの高級靴ブランド、メゾン コルテの新作を紹介する展示会が2017年3月7日(火)に開催されました。
今回の展示会では、<コルテ>初のスニーカーコレクションがお目見え。
このコレクションは、<コルテ>がスニーカーを手掛けただけあって、履くだけで気分があがりそうな逸品です。

それでは、新作モデルをご紹介しましょう!

Collection.1
創業年の1990から名づけられた
<コルテ>初のスニーカー「’90」

<コルテ>待望のスニーカーは、レースステイ部分のデザインが目を惹くモデルです。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ01
2アイレットのレースステイにご注目。この形は、みたことがあるはずですね。
<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ02
履いていると見えない部分にも遊び心を感じさせるデザインのラバーソール。

レースステイの革が1枚ずつ切り替えられているのがおわかりいただけますでしょうか。
これにより、履いた時のフィット感を高めているそうです。

そして、上の写真をよーくご覧になってください。
勘が良い方はすでにお気づきかもしれませんが、履き口の2アイレットになっているレースステイ部分は、「コルテ-アルカ」のデザインを踏襲しています。
そして、ラバーソールを見てみると、石畳を模したデザインになっています。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ03

さらに、注目したいのが、レースステイ下です。
この位置にさりげなくコルテスターが埋め込まれています。

カジュアルな中にも上品さが備わっていますので、昨今のスマートカジュアルスタイルにぴったりですね。

カラーバリエーションは8種類。価格は、97,000円(税抜)から。
2017年9月からの展開予定です。

トップへ戻る

Collection.2
<コルテ>初のマッケイ製法でつくられたモデル
「CANNES(カンヌ)」

次にご紹介するのは、すでに展開中のモデル「カンヌ」です。
この「カンヌ」は<コルテ>初となるマッケイ製法でつくりあげられたモデル。
昼はビーチで、夜はバーのテラスでと過ごすコート・ダジュールの1日のどんなシーンにもマッチするイメージのスリッポンになっています。
要は、リラックス感がありながらも、リュクスな雰囲気を兼ね備えているスマートハイブリッドシューズということですね。
リゾートカジュアルにもドレスアップにもマッチします。


<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ01
色鮮やかなカラーが目を惹くスリッポン「カンヌ」。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ02
素材やカラーによって異なる雰囲気に。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ03
金具のビットはCorthay(コルテ)の「C」を模っています
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ04
カンヌのアウトソールはラバー仕様。水に強く、機能的ですね。

マルチにコーディネートできるスマートハイブリッドスリッポンの「カンヌ」は旅行先で活躍すること請け合いです。
今年のレジャーシーズンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして、今回発表された新素材をご紹介します。
こちらのメタリックゴールドカーフです。
下の写真のように「コルテ-アルカ」にこの素材を使ってみると、新鮮な表情になっていますよね。

<コルテ>新素材となるメタリックゴールド
ほど良いメタリック感で、足元だけ浮きにくいゴールドです。

最後に早くもスキーシーズンが待ち遠しくなるモデルをご紹介します。
ポニースキンなどが使われていて、いずれも温かみを感じるリッチな靴々です。

<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ01
レースアップブーツにスリッポンが冬仕様に。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ02
アイレット編集部イチオシのモデル。
上品なグレーが雪山に映えそう。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ03
バランス感覚が絶妙なレースアップブーツ。タウン使いをしても目を惹きそうです。

これらのシューズを拝見し、『LEON 2017年3月号』での「モテるスキーが帰ってきた!」特集を思い出しました。
ヨーロッパでは、夏はリビエラ、冬はスイスというのがバカンスの王道だそう。
今回の展示会では、まさに優雅なバカンスにふさわしいアイテムを拝見させていただきました。

ライフスタイルに彩りを添えてくれる<コルテ>の新作にご注目ください!

お問合せ:メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060

ライン

今週開催のイベント情報(2016/12/7-13)

津久井玲子さんのブランド<レコット>に、<コルテ>2017SSシューズのパターンオーダー会など。
2016年の革靴イベントは、ついにクライマックスに突入!

2016年12月7日(水)から13日(火)に開催される革靴イベント情報です。

今週の注目は、昨年に引き続き西武池袋本店で開催される<レコット>。

靴雑誌『LAST』で紹介されたストレートチップのパターンオーダーができます。

さらに、阪急メンズ東京で初開催となる<カルミナ>パターンオーダー会のほか、<コルテ><ソフィス & ソリッド>のイベントも。

今年のオーダー納めに、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

※下記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

※アイレットでは、以下のようなイベント情報を募集しております。お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

<ジョンロブ>クリスマスフェア 2016

<ジョンロブ>クリスマスフェア 2016
開催期日
2016年12月1日(木)~25日(日)
開催場所
<ジョンロブ>各店
開催概要
<ジョンロブ>で毎年開催されているクリスマスフェア。期間中にドレスシューズを購入すると、1年間有効のメンテナンスカードのプレゼントの特典が。このメンテナンスを提示すると、つま先補修、ヒール交換各1回、スペシャルトリートメント5回が無料で提供されるそうです。

詳しくは  <ジョンロブ>Facebookページ でご確認ください。

<ジョンロブ> 2017年のイヤーモデル「HAYES」――を読む

ページトップへ戻る

阪急メンズ東京<カルミナ>パターンオーダー会

<カルミナ>パターンオーダー会

<カルミナ>パターンオーダー会

写真出典:阪急メンズ東京HP
開催期日
2016年12月7日(水)~12月13日(火)
開催場所
阪急メンズ東京 地下1階紳士靴売場
開催概要
<カルミナ>は、1866年に創業したスペインのブランドです。洗練されたデザイン、仕上げの美しさ、履き心地の良さに定評があります。
今回、阪急メンズ東京初となるパターンオーダー会を開催。豊富な素材やデザインからお好みの1足をつくることができます。
パターンオーダーをご注文の方には、もれなく純正シューツリープレゼントなど嬉しい特典も。
カルミナのパターンオーダーでは、クロコダイルやパイソンなど貴重なエキゾチックレザーを選べるのがメリットです。
しかも、エキゾチックレザーを使ってのオーダーが、他ブランドと比較して、お手頃な価格になっていますので、この機会にお好みの素材で自分だけの靴をつくってみてはいかがでしょうか。

詳しくは  阪急メンズ東京HP でご確認ください。

ページトップへ戻る

イセタンメンズ<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会

<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会

<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会イメージ

開催期日
2016年12月7日(水)~13日(火)
開催場所
イセタンメンズネット
開催概要
フランスの高級靴メゾン<コルテ>のパターンオーダー会を開催。このオーダー会では、2017年春夏新作シューズがお目見え。コルテならではの独創性と発想力を感じるシューズをオーダーできます。

詳しくは  イセタンメンズネット でご確認ください。

→<コルテ>3つの新作モデルとブリーフケースを発表した2017SS展示会をレポート!――を読む

ページトップへ戻る

西武池袋本店<レコット>パターンオーダー会

<レコット>パターンオーダー会

開催期日
2016年12月10日(土)~11日(日)
開催場所
西武池袋本店 5階紳士靴売場
開催概要
靴職人・津久井玲子さんが手がける<レコット(LECOTT)>のパターンオーダー会が西武池袋本店で開催されます。
池袋本店でのパターンオーダー会では、ストレートチップやクォーターブローグなど端正なドレスシューズ5型を用意。
足入れサンプルは23.5-27.5cm、D-Eウィズが用意されています。また、両日とも津久井玲子さんが来店予定です。

詳しくは  <レコット>HP でご確認ください。

→靴職人・津久井玲子氏による<LECOTT(レコット)>が西武池袋本店初のパターンオーダー会を開催――を読む

ページトップへ戻る

トレーディングポスト<ソフィス & ソリッド>パターンオーダー会

<ソフィス & ソリッド>パターンオーダー会

<ソフィス & ソリッド>パターンオーダー会イメージ

開催期日
2016年12月10日(土)~17日(土)
開催場所
トレーディングポスト
開催概要
ユニオン・ロイヤルとトレーディングポストのコラボレーションにより展開しているブランド<ソフィス・アンド・ソリッド(Soffice & Solid)>のパターンオーダー会を開催。
ボルネーゼ式グッドイヤー・ウェルテッド製法で履き心地を実現している<ソフィス・アンド・ソリッド>を好みの素材で誂えてみませんか。

詳しくは  トレーディングポストHP でご確認ください。

→<世界長ユニオン>工場見学レポート VOL.1ブランドの中枢を担う企画・開発部門――を読む

ページトップへ戻る

※アイレットでは、イベント情報を募集しております。お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

ライン

<コルテ>ファン必見のアートシューズ・エキシビション「スリエ・ダール」

ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティックに世界中から<コルテ>のアートシューズが集結する特別な5日間。
<コルテ>の定番モデルがアートに昇華した作品はファン必見です!

以前の記事でお伝えした<ヴァシュロン・コンスタンタン>と<コルテ>のコラボレーションイベント「スリエ・ダール」が、ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティックにて12月3日(土)から開催されています。

このイベントは、<コルテ>のアートシューズ作品を世界中から集結させ、展示している貴重なイベント。

イベント前日に開かれたプレス向けオープンハウスに、アイレット編集部がお招きいただきましたので、この「スリエ・ダール」の展示作品をご紹介させていただきます。

イベントは、12月7日(水)までの5日間限定の開催です。そのため、この記事を予習の材料として活用し、ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティックにて、実物をご覧いただくのがおすすめ。

また、イベントに行けないという方にも、臨場感を感じていただけるように、写真を中心にレポートさせていただきます。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」店内イメージ01
開催場所のヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック

さまざまな要素からインスピレーションを受けて創り上げられた アート・シューズ作品は、いずれも<コルテ>の職人によるもの!

展示されている作品は、靴そのものやラスト(木型)などをベースに、靴づくりで定番の素材の革やコルク、木材などを使用した作品のほか、異素材のシリコン、ウレタン樹脂、エポキシ樹脂、粘土、アルミニウムを用いた多種多彩なものばかり。
<コルテ>の靴は、これまでも「芸術作品」と評されることが多く、靴そのものの芸術性が評価されてきましたが、改めて手が加えられたアート・シューズ作品は、それぞれ異なる雰囲気の作品になっています。

また、このアート・シューズ作品は、ピエール・コルテ氏をはじめとする<コルテ>の職人によるものです。

靴づくりと同様に、細部へのこだわりだけでなく、高い技術力に創造力豊かな感性が見受けられます。

NO.01A UN MORAL D’ACIER

ポリウレタン樹脂から鋳造され、メタリック色のペイントで美しく塗装されているアートシューズ。
<コルテ>の美しいトゥシェイプが生かされている作品です。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ01「A UN MORAL D'ACIER」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ01「A UN MORAL D'ACIER」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ01「A UN MORAL D'ACIER」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.02SE MET AU VERT

グリーンのオックスフォードシューズで田園風景を表現しているこの作品は、ポリウレタン樹脂製。
まるで花畑のようになっているトゥ部分にご注目です。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ02「SE MET AU VERT」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ02「SE MET AU VERT」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ02「SE MET AU VERT」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.03A COEUR OUVERT

手術台の上で処置されるローファー「ベルエア(Bel-air)」。側面から切り開かれたベルエアからは、赤い血が流れていますが、よく見てみると、エプロン部分を縫い合わせている最中ということがわかります。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ03「A COEUR OUVERT」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ03「A COEUR OUVERT」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ03「A COEUR OUVERT」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.04MET LES PIEDS DANS LE PLAT

着色されたシリコンで造られたローストビーフシューズ。副菜とともにお皿に盛りつけられていて、美味しそうですが、日本語で「足をお皿に乗せる」という意味のタイトルがついたこの作品には、残酷な意味もあるようです。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ0「A COEUR OUVERT」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ0「A COEUR OUVERT」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ0「A COEUR OUVERT」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.05TRACE SON SILLON

砂漠の中に、ただ一つ佇む<コルテ>の靴。その靴のアッパーは、強烈な日差しを受け、ひび割れてしまっています。砂漠の過酷な環境や渇きを感じる作品です。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ05「TRACE SON SILLON」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ05「TRACE SON SILLON」サブイメージ02
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ05「TRACE SON SILLON」サブイメージ01

ページトップへ戻る

NO.06A LES DENTS QUI RAYENT LE PARQUET

まるで、命が宿っているようなダービーシューズの「セルジオ(Sergio)」。自分の一部であるつま先を食いちぎっている様子からは、狂気を感じます。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ06「A LES DENTS QUI RAYENT LE PARQUET」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ06「A LES DENTS QUI RAYENT LE PARQUET」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品イメージ06「A LES DENTS QUI RAYENT LE PARQUET」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.07SOUS LES FEUX DE LA RAMPE

炎に包まれ、燃え盛っている「コルテ-アルカ(Corthay-Arca)」。この炎は、彫刻された革で表現されています。また、炎のカラーレーションは、《flamingー炎》という<コルテ>で既製品にも用いられるカラーです。見事に、炎が表現されていますね。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品07「SOUS LES DE LA RAMPE」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品07「SOUS LES DE LA RAMPE」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品07「SOUS LES DE LA RAMPE」サブイメージ02

ページトップへ戻る

NO.08EST DU BOIS DONT ON FAIT LES GRANDS HOMMES

この作品は、木とコルクで造られた彫刻作品です。靴の形に模られた木の中には、鳥が巣づくりをしているようで、羽根と木製の卵が。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品08「EST DU BOIS DONT ON FAIT LES GRANDS HOMMES」メインイメージ

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品08「EST DU BOIS DONT ON FAIT LES GRANDS HOMMES」サブイメージ01
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」作品08「EST DU BOIS DONT ON FAIT LES GRANDS HOMMES」サブイメージ02

ご紹介させていただいた作品のほかにも、<コルテ>の美学を感じさせてくれるアートシューズが展示されているほか、何気なく<コルテ>の既製靴が展示されていますので、そちらもお見逃しなく。

ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」店内イメージ02
ヴァシュロン・コンスタンタン×コルテ コラボレーション アートエキシビション「スリエ・ダール」店内イメージ03

メゾン コルテ×ヴァシュロン・コンスタンタン
アートシューズ・エキシビション
「スリエ・ダール」
開催日程: 2016年12月3日(土)~7日(水)
開催場所:ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック

お問合せ:
メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060
ヴァシュロン・コンスタンタン TEL.0120-63-1755

ライン

<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会(12/7-13)

革靴に関連するイベント情報

<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会

<コルテ>2017年春夏新作シューズパターンオーダー会イメージ

開催期日
2016年12月7日(水)~13日(火)
開催場所
イセタンメンズネット
開催概要
フランスの高級靴メゾン<コルテ>のパターンオーダー会を開催。このオーダー会では、2017年春夏新作シューズがお目見え。コルテならではの独創性と発想力を感じるシューズをオーダーできます。

詳しくは  イセタンメンズネット でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティックにてメゾン コルテによるアートシューズ・エキシビション「スリエ・ダール」 を開催

メゾン コルテとヴァシュロン・コンスタンタンがコラボレーションしたアートシューズ展を 12 月 に開催!
世界各国からメゾン コルテのアートシューズが集結。

来たる2016 年12月3日(土)~7日(水)の5日間に、スイス最古の時計メーカー<ヴァシュロン・コンスタンタン>銀座ブティックで、フランスの高級靴ブランド<コルテ>によるアートシューズのエキシビション「スリエ・ダール」が開催されます。

<コルテ>は、フランス文化省による「メートル・ダール(芸術のマスター)」を受賞した靴職人ピエール・コルテ氏による高級靴ブランド。

<ヴァシュロン・コンスタンタン>は、ウォッチメゾンとしてフランスの科学産業大臣からの栄誉ある賞をはじめ、数々の賞を受賞し、 「メティエ・ダール(伝統美術工芸)」の継承に積極的に取り組んでいるブランドです。

このイベントは、ディテール・クオリティへの執着、最高のプロダクトを求める精神が共通する2つのメゾンがコラボレーションし、未知の職人技術を体感できる今までにないアートイベント。アジアツアーのラストとして、東京で開催されます。

そして、今回のイベントでは、世界中から<コルテ>のアートシューズ作品を集結。

靴作りで定番の素材の革やコルク、木型に使う木材などを使用した作品のほか、異素材のシリコ ン、ウレタン樹脂、エポキシ樹脂、粘土、アルミニウムを用いたアートピースなど、靴とアートが融合した想像もつかない作品が並ぶそう。

いずれも自然のさまざまな要素からインスピレーションを得て生まれた作品で、独特の存在感を持つ<コルテ>の世界観を体感できるはず。

ぜひ、このアートシューズのエキシビション「スリエ・ダール」にご注目ください!

メゾン コルテ×ヴァシュロン・コンスタンタン
アートシューズ・エキシビション
「スリエ・ダール」
開催日程: 2016年12月3日(土)~7日(水)
開催場所:ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック

お問合せ:
メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060
ヴァシュロン・コンスタンタン銀座ブティック TEL.0120-63-1755

ライン

【体験レポート】<コルテ>カラーレーションワークショップ

コルテスターラペルピンを自らの手で
自分色に染め上げるカラーレーションワークショップ

2016年10月23日(日)にメゾン コルテ青山で開催された<コルテ>カラーレーションワークショップにアイレット編集部がお邪魔してまいりました。

このワークショップでは、色とりどりのコルテスターを模ったラペルピンから好みのピンを選び、実際に<コルテ>の靴にカラーレーションをする染料をつかって、世界にひとつだけのラペルピンを自らの手でつくりあげます。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ01

<コルテ>が大切にしているのは、顧客の意向を反映するアーティスティックな靴づくり。それゆえ、カラーレーションのオーダーシステムを設けていることはご存知の通りですね。

<コルテ>では、黒以外の靴を選ぶ場合、カラーリストと相談しながら、自分の好みのカラーレーションをオーダーすることになります。

今回のワークショップでは、いつもはカラーリストの皆さんにお願いしているカラーレーションを自分で体験できるというわけ。

<コルテ>らしさに、自分らしさを加え、自分のスタイルを表現する試みとも言えます。

それでは、ワークショップの様子をレポート!

Step.01

まずは、どんなラペルピンをつくるかを頭でイメージしながら、さまざまな素材・カラーでつくられたラペルピンから1つ選びます。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ02
<コルテ>スタッフの方々によるカラーレーション見本。イメージを膨らませることができました。
<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ03
スムースレザーの他、スエード、パテントなどさまざまな素材・カラーのラペルピンが揃っています。

Step.02

今回は、写真下のグリーンスエード「コルテ-アルカ」にコーディネートできるラペルピンをつくろうと決めたので、ベージュのスムースレザーのピンを選び、グリーンの染料で染め上げます。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ06
この「コルテ-アルカ」にコーディネートできるラペルピンづくりを目指します。
<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ04
ベース色は、ベージュ。ここから仕上がりをイメージして、グリーンを重ねていきます。
<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ05
<コルテ>で実際にカラーレーションで使っている染料を使って、染め上げます。

Step.03

グリーンの染料でイメージの色に染まったら、次はブラウンを使ってグラデーションを付けていきます。
実は、この工程が一苦労。自然なグラデーションをつくるには、慎重に色を重ねていかなければなりません。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ06
カラーレーションは、チップをつかって、何度も何度も色を重ねていきます。

これで、完成!
小さなコルテスターを模ったラペルピンで、自分らしさを表現するのは、とても難しかったのですが、カラーリストの方からそのコツを教えてもらいながら、トライすることができたので、なんとかイメージに近いものができました。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ07
<コルテ>カラーリストの方が、丁寧に表現方法を教えてくださいます。
<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ08
カラーレーションをしてみると、思いのほか作業に集中してしまいます。

Step.04

完成したラペルピンは、<コルテ>のボックスに入れて、プレゼントしてもらえました。
こうしてつくった世界でひとつの<コルテ>スターラペルピンはプレゼントにもぴったりですね。

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ09
台紙にピンを挟んでもらうと、ちょっとした作品のように思えます。
<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ10
素敵なボックスに入れてもらえば、プレゼントにもぴったりですね。

このワークショップは、10月に数回メゾン コルテ青山で開催されたイベントですが 今後も開催される可能性ありとのこと。

ぜひ、このワークショップに参加して、<コルテ>の世界観を体感するとともに、お手持ちの<コルテ>にコーディネートするラペルピンづくりにトライしてみませんか。

[今回参加したイベント]

<コルテ>
カラーレーションワークショップ
― Catch your star! ―

開催日:2016年10月23日(日)
開催場所:メゾンコルテ青山
【Instagram】https://www.instagram.com/maison_corthay_japan/

<コルテ>カラーレーションワークショップイメージ12

ライン