大阪高島屋<パラブーツ>ポップアップショップ(10/10-16)

<パラブーツ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月10日(水) ~ 16日(火)

<開催場所>

大阪高島屋 2階紳士靴売場

<開催概要>

フランスを代表するブランド<パラブーツ>。普段取扱いのない商品も取り揃えるだけでなく、期間中に<パラブーツ>の靴を購入するとシューキーパーのプレゼントも。

<写真・情報出典>

大阪高島屋HP

伊勢丹新宿店<コルテ>シューズカラーオーダー会(10/10-16)

<コルテ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月10日(水)~16日(火)

<開催場所>

伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場

<開催概要>

フランスの高級靴メゾン<コルテ>のパターンオーダー会を開催。

このオーダー会では、新作がお目見えする予定。

コルテならではの独創性と発想力を感じるシューズは圧巻です。

<写真・情報出典>

imn.net

ブリティッシュメイド丸の内店で「靴磨きワークショップ」入門編と応用編を開催

ブリティッシュメイド丸の内店 靴磨きワークショップメインイメージ

<チーニー>などの輸入代理店である渡辺産業株式会社が運営する「ブリティッシュメイド丸の内店」で、2018年8月25日(土)に靴磨きワークショップを開催します。

ブリティッシュメイド丸の内店 靴磨きワークショップイメージ01

これまでも、さまざまな実績を持つ靴磨き職人を講師に迎え実施されてきた当イベント。

今回の講師は、靴磨き日本選手権大会で3位の実績を持つ靴磨き職人<Y’s Shoeshine> 杉村 祐太氏です。

そして、今回は、入門編に加え、応用編と、2部構成で開催。

これから本格的に靴磨きを始めてみたいという方や、興味はあるものの靴磨きの方法がわからないといった方を対象としているのが入門編。

さらに基本的な内容から一歩踏み込んで、シューポリッシュのポイントや水を使う理由、落とし方など、シューポリッシュの手順や方法を中心に、メーカーのワックスの特徴など、ポリッシュ好きの方にたまらない内容になっているのが応用編です。

ぜひ、ご注目ください。


■ 革靴のケアにまつわる基礎を学ぶ・入門編
開催日時: 2018年8月25日(土) 13:00~14:30(所要時間約90分)
参加費:3,000円(税込)

■ シューポリッシュを学ぶ・応用編
開催日時: 2018年8月25日(土)17:30~19:30(所要時間約120分)
参加費:4,000円(税込)

開催会場: ブリティッシュメイド 丸の内店
東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング2F
定員: 各回7人(事前予約制・定員になり次第締め切り)
申し込み方法:ブリティッシュメイドホームページ
http://www.british-made.jp/topics/britishmade/201808090025753)で詳細をご確認ください。

ブリティッシュメイド丸の内店 靴磨きワークショップイメージ03
ブリティッシュメイド丸の内店 靴磨きワークショップイメージ02

写真・情報出典:PR TIMES

【取材レポート】2018SSシーズンのスタートとなる伊勢丹メンズ館「花々祭」

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事メインイメージ

新しい季節のワクワクを感じる多彩な靴が勢揃い。
2018SSはタッセルスリッポンに注目!

2月下旬だというのに、まだまだ寒い今日この頃……。
ブーツにダウン、手放せなかったりしますよね。

でも、安心してください!
春はすぐそこまで来ています。

もっと言うと、伊勢丹新宿店メンズ館には、確実に来ています!

それというのも、本日2月21日(水)から三越伊勢丹グループの春のキャンペーン「花々祭」がスタートしました!
今年のキャンペーンコンセプトは、「花を愛する人々」。

「年齢に捉われることなく、自分の好きなものに熱中するエイジレスな大人たちに、新しい季節に向かうワクワク感を提供」してくれるそう。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事 花々祭目印イメージ
この華やかなクリエイティブが「花々祭」の目印。

早速、伊勢丹メンズ館紳士靴売場にお邪魔して、中村良枝バイヤーをはじめとするスタッフの方々にお話を聞いてまいりました。

細かい内容のレポートは、後日改めてアップさせていただきますが、最速でこのキャンペーンの雰囲気をお伝えできるように、本日はざっくりと見どころをお伝えさせていただきます。

2018SSはタッセルスリッポンを狙え

昨年のトレンドだったローファーに続き、今年度はバリエーション豊富なタッセルスリッポンに注目です。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事 スリッポンイメージ
紳士靴売場「クラシック」ゾーンには、カラーや素材にこだわったスリッポンが揃います。

なかでも、アイレット読者の方へおすすめしたいのが、<クロケット&ジョーンズ|Crockett & Jones>のタッセルローファー「キャベンディッシュ|CAVENDISH」です。
このモデルについては、また改めてレポートする予定ですが、貴重なスコットランドのディアスキン素材を使ったモデルが用意されています。

また、房の部分に、リアルクロコを使った<マグナーニ|MAGNANNI>もオーラが漂っていました。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<クロケット&ジョーンズ>キャベンディッシュイメージ。
<クロケット&ジョーンズ>のキャベンディッシュ。これらは、2018SSトレンドカラーのスエードを身に纏ったモデルです。洋服のカラーを足にも持ってくるのが、今年のトレンドだそう。
伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<マグナーニ>リアルクロコタッセル付きスリッポンイメージ
イントレチャートのアッパーにリアルクロコの房が付き、大人のオーラが漂う<マグナーニ>のタッセルスリッポン
捻りが効いていて、かっこいいです!

いよいよ始まるスニーカー通勤を推奨する「FUN+WALK」

スポーツ庁が推奨する国民の健康増進のためのキャンペーン「FUN+WALK PROJECT|ファン プラス ウォーク プロジェクト」がいよいよスタートします。

これまでもテレビなどで報じられていますし、すでにご存じの方も多いですね。

スニーカー通勤など「歩きやすい服装」で通勤することで、ビジネスパーソンにもっと楽しく「歩く」習慣をつけてもらおう、というこのプロジェクト。

ただ、ビジネスの場でスニーカーを履くというと、どんなスニーカーでもOKというわけにはいかず、TPOにふさわしいスニーカーを選ぶのが難しかったりします。

そこで、伊勢丹メンズ館では、ファン プラス ウォーク プロジェクトにふさわしいスニーカーのほか、ハイブリッドスニーカーの先駆けともいえる<コールハーン>をポップアップ。

ファン プラス ウォーク プロジェクトのポップアップコーナーでは、モニターを配置し、伊勢丹メンズ館スタイリストによるコーディネート提案を見ることもできますので、スニーカー通勤の参考になりそう。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ファンプラスウォーク>ポップアップ
<ファンプラスウォーク>のポップアップコーナー。モニターで見ることができる伊勢丹メンズ館スタイリストによるコーディネート提案に注目です。
伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事 <コールハーン>ブース
<コールハーン>では、とことん軽さにこだわったスニーカーをご紹介。伸縮性のあるニット素材が使われたスニーカーは驚くほどの軽さです。

<ジェイエムウエストン>好きにはたまらないヒストリカルモデルオーダー会&シグニチャーローファー新作先行販売会

2月21日(水)より3月6日(火)までの期間中、ハイエンドコーナーの<ジェイエムウエストン|J.M.WESTON>では、「180シグニチャーローファー」の新作を国内先行発売するほか、全仏オープンテニスとコラボレーションした新作スニーカーの先行受注会に加えて、往年の名作モデル(ヒストリカルモデル)をオーダーできるイベントを開催。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ジェイエムウエストン>ヒストリカルモデルオーダー会&シグニチャーローファー新作先行販売会01
ハイエンドコーナーに展示されている新作の180シグニチャーローファー。今までにないアンティーク調の仕上げで雰囲気があります。

これだけ、盛りだくさんなので、後日しっかりとレポートさせていただきますが、いずれの新作もなかなか。

ヒストリカルモデルも捨てがたい、と<ジェイエムウエストン>好きの方には絶対にご覧いただきたいラインナップなのです。

新作はいずれも生産数を抑えたモデルらしいので、早めにご覧いただくのがおすすめ。

ぜひ、実際にご覧くださいね。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ジェイエムウエストン>ヒストリカルモデルオーダー会&シグニチャーローファー新作先行販売会02
全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス」とコラボレーションしたスニーカー。全仏を象徴するクレイコートを思わせるカラー使いが印象的です。
伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ジェイエムウエストン>ヒストリカルモデルオーダー会&シグニチャーローファー新作先行販売会03
新作のほか、バッグや財布なども揃っています。
伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ジェイエムウエストン>ヒストリカルモデルオーダー会&シグニチャーローファー新作先行販売会04
アイレット編集部おすすめは、こちらのヒストリカルモデル。ウィングチップにジョッパーブーツ、ダブルモンクの3モデルです。

国内初のメンズショップオープンとなる<ジャンヴィト ロッシ>がポップアップ

イタリアのシューズブランド<GIANVITO ROSSI/ジャンヴィト ロッシ>が国内初のメンズショップを伊勢丹メンズ館にオープンしました。
それを記念して、2月21日(水)より3月6日(火)までの期間中、ポップアッププロモーションを実施しています。

伊勢丹メンズ館2018年花々祭レポート記事<ジャンヴィトロッシ>ポップアップイメージ
ブランドの世界観を感じていただけるポップアップです。

鮮やかなカラーをまとったスリッポンが印象的で、華やかな印象を受けますが、デザインはとてもミニマムで、シンプル。
エレガントかつタイムレスな品格のあるスニーカーだと感じました。

こちらもぜひ、ご注目ください!!

<コルテ>鮮やかなインドカラーを纏った新しいコレクションを発表

<コルテ>新作展示会レポートメイン記事

新作のテーマは「インド」。
フランス文化が残るインド・ポンディシェリーがイメージソースに。
さらに、この新しいコレクションをいち早く見られるイベントを開催。

2018年5月18日(金)に開催された<コルテ|Corthay>プレスオープンハウスにお邪魔してきました。

今新作のテーマは、なんと「インド」。

新作を拝見させていただくまで、なかなかインドな<コルテ>を想像できず、どちらかというと煌びやかなゴールドや、熱帯に住む鳥のように色鮮やかなカラーを勝手にイメージしておりました。

実際に新作を拝見させていただくと、なるほど<コルテ>らしいインドだな、と妙に納得。

それもそのはず、イメージソースとなっているのは、かつてフランス領だったポンディシェリー。
色鮮やかなインドカラーといっても、どこかフランスらしいシックさがあいまって、いままでにないカラーになっています。

では、写真を中心にご紹介いたします。

サフランスエード、エレクトリックブルー、バンブーグリーン。
これらの色にホワイトを添えることで、クリーンな印象に。

インド・ポンディシェリーは海沿いの街です。
<コルテ>クリエイティブディレクターのピエール・コルテ氏は、そんなインドリビエラの伝統的なシルエットにマッチする柔らかい色を新しいカラーとして生み出しました。

特に印象的なのが、レンガや土を連想させるカラーになっている「サフランスエード」。
この色を纏った<コルテ>コレクションには、新たな魅力が与えられているように感じます。

<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル1 ブライトンイメージ
エプロン部分にサフランスエードを使った「ブライトン」。ホワイトがアクセントになり、さらにカラーの魅力が引き出されています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル2
「ベルネイ(写真:左)」と「サド(写真:右)」。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル3 ツインイメージ
ホワイトのステッチでカジュアルな雰囲気のある「アルカ-ツイン」。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー エレクトリックブルーモデル ブライトンタッセルイメージ
エレクトリックブルーを纏った「ドーバータッセル」。スエードやパテントなど異素材が使われたタッセルがアクセントに。赤いライニングもポイントです。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー エレクトリックブルーモデル サドイメージ
ポンディシェリーのシンボルカラーを表現した「サド」。ブラックのカーフスキンのボディにブルーが映えています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー バンブーグリーン ブライトンイメージ
初夏を感じるバンブーグリーンに染め上げられた「ブライトン」。 ホワイトのエッジにパイピングがクリーンな印象を与えています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー バンブーグリーン バイユーイメージ
バンブーグリーンを纏った「バユー」。ホワイトのシューレースとエバライトソールが青々しさを引き立てています。

伊勢丹や阪急メンズにてPondicherry-新作受注会を開催

ご紹介したインドのポンディシェリーがイメージソースとなった新しいコレクションをいち早く見ることができる新作受注会が今週(2018年5月23日(水))より順次開催される予定です。
ぜひ、魅力的なインドカラーのコレクションをチェックしてみてくださいね。

<新作受注会開催スケジュール>
伊勢丹新宿店メンズ館B1
開催期間:2018年5月23日(水)~29日(火)
阪急メンズ大阪 1F
開催期間:2018年5月23日(水)~29日(火)
阪急メンズ東京 B1
開催期間:2018年6月 6日(水)~12日(火)
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー ツインイメージ