<コルテ>鮮やかなインドカラーを纏った新しいコレクションを発表

<コルテ>新作展示会レポートメイン記事

新作のテーマは「インド」。
フランス文化が残るインド・ポンディシェリーがイメージソースに。
さらに、この新しいコレクションをいち早く見られるイベントを開催。

2018年5月18日(金)に開催された<コルテ|Corthay>プレスオープンハウスにお邪魔してきました。

今新作のテーマは、なんと「インド」。

新作を拝見させていただくまで、なかなかインドな<コルテ>を想像できず、どちらかというと煌びやかなゴールドや、熱帯に住む鳥のように色鮮やかなカラーを勝手にイメージしておりました。

実際に新作を拝見させていただくと、なるほど<コルテ>らしいインドだな、と妙に納得。

それもそのはず、イメージソースとなっているのは、かつてフランス領だったポンディシェリー。
色鮮やかなインドカラーといっても、どこかフランスらしいシックさがあいまって、いままでにないカラーになっています。

では、写真を中心にご紹介いたします。

サフランスエード、エレクトリックブルー、バンブーグリーン。
これらの色にホワイトを添えることで、クリーンな印象に。

インド・ポンディシェリーは海沿いの街です。
<コルテ>クリエイティブディレクターのピエール・コルテ氏は、そんなインドリビエラの伝統的なシルエットにマッチする柔らかい色を新しいカラーとして生み出しました。

特に印象的なのが、レンガや土を連想させるカラーになっている「サフランスエード」。
この色を纏った<コルテ>コレクションには、新たな魅力が与えられているように感じます。

<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル1 ブライトンイメージ
エプロン部分にサフランスエードを使った「ブライトン」。ホワイトがアクセントになり、さらにカラーの魅力が引き出されています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル2
「ベルネイ(写真:左)」と「サド(写真:右)」。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー サフランスエードモデル3 ツインイメージ
ホワイトのステッチでカジュアルな雰囲気のある「アルカ-ツイン」。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー エレクトリックブルーモデル ブライトンタッセルイメージ
エレクトリックブルーを纏った「ドーバータッセル」。スエードやパテントなど異素材が使われたタッセルがアクセントに。赤いライニングもポイントです。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー エレクトリックブルーモデル サドイメージ
ポンディシェリーのシンボルカラーを表現した「サド」。ブラックのカーフスキンのボディにブルーが映えています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー バンブーグリーン ブライトンイメージ
初夏を感じるバンブーグリーンに染め上げられた「ブライトン」。 ホワイトのエッジにパイピングがクリーンな印象を与えています。
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー バンブーグリーン バイユーイメージ
バンブーグリーンを纏った「バユー」。ホワイトのシューレースとエバライトソールが青々しさを引き立てています。

伊勢丹や阪急メンズにてPondicherry-新作受注会を開催

ご紹介したインドのポンディシェリーがイメージソースとなった新しいコレクションをいち早く見ることができる新作受注会が今週(2018年5月23日(水))より順次開催される予定です。
ぜひ、魅力的なインドカラーのコレクションをチェックしてみてくださいね。

<新作受注会開催スケジュール>
伊勢丹新宿店メンズ館B1
開催期間:2018年5月23日(水)~29日(火)
阪急メンズ大阪 1F
開催期間:2018年5月23日(水)~29日(火)
阪急メンズ東京 B1
開催期間:2018年6月 6日(水)~12日(火)
<コルテ>新作展示会レポート ポンディシェリー ツインイメージ

【レポート】阪急メンズ東京の「ブリティッシュシューミュージアム」は英国の香り

この秋3周年を迎えた阪急メンズで、こだわりの靴とバッグをフォーカスする「シューズ&バッグフェア2014AW with メンズEX」を開催中です。

その一環として本日まで開催されていた「ブリティッシュシューミュージアム」にお邪魔してきました。
このミュージアムに展示されている英国靴は、、、 ついに阪急メンズ東京デビューとなった ・エドワードグリーン そして、 ・クロケット&ジョーンズ ・ガジアーノ・ガーリング さらに、通常阪急メンズ東京で取扱いのない ・グレンソン ・チーニー ・ローク ・バーカー と、ノーザンプトンの名靴が所狭しと並んでいました!!

その圧倒的な靴の知識と豊富な経験、および的確な提案力を持つ売場スタッフ某氏に話を聞いてみたところ、注目すべきは、「クロケット&ジョーンズ」ドレスシューズ 131,760円(阪急メンズ限定)。

阪急メンズ東京限定 クロケット&ジョーンズ

写真出典:阪急メンズ東京HP

ウィスキーコードバンのドレスシューズは絶妙な色合いでしたよ。

他にも、「チャーチ(Church’s)」の名作「ライダー」の限定色など見どころがいっぱい!

ジョンロブに次いで、エドワードグリーンの取扱いが始まった阪急メンズ東京。 東京でジョンロブ、エドワードグリーン、ガジアーノ・ガーリングと3大英国ブランドが揃うのは、阪急メンズ東京だけ。 ぜひ、3周年を迎え、怒涛の攻勢を見せる阪急メンズ東京に足を運んでみませんか。