<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー

<パラブーツ>インタビューメインイメージ

エターナルな魅力の定番モデルはもちろん、<パラブーツ>らしい快適な履き心地を備えながらもバリエーション豊富なドレスラインに大注目!

2018年春夏の新作展示会のために来日していた<パラブーツ>のマーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさんがアイレットの単独インタビューに応じてくれました。

エルヴェ・サポリスさんは数か月前までエキスポートディレクター(輸出部長)を担当し、現在では、全世界のマーケティングを担当している方です。

なので、日本でのブランド展開についてや、フランスを含めた各国の傾向などマーケティングに関することや、この秋に開催されるパターンオーダーのことなど、ざっくばらんに伺ってきました!

地域の特性や志向性に合わせて展開をする国内の直営店4店舗

――今年4月に銀座店、8月に札幌店と直営店のオープンが続いています。
それぞれの店舗に特徴などありますか?

はい。店舗ごとに展開するモデルを検討しています。
例えば、GINZA SIX内の銀座店では、ドレスラインのモデルを数多く展開していますし、札幌は雪国ということもあり、ボア付のブーツなど札幌店ならではのモデルを揃えるつもりです。

その地域の気候や志向性に対応したモデル展開をするようにしています。

実は、どこの国でも、南と北では気候も違いますし、好みも違う。

大阪ではカラフルなモデルが好まれる傾向にあるけれど、東京でも同じ色が好まれるわけではありません。

そこで、各地域のインサイトを分析して、適したモデルを提案するように心がけています。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー 銀座店外観イメージ
GINZA SIX内の銀座店。広々として店内はとてもシック。居心地の良い店舗です。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー 銀座店限定モデル
銀座店オープンを記念してつくられた限定の「CHAMBORD|シャンボード」。コバ周りがスッキリしています。

日本では、クラシックにひと味加えたモダンなモデルが人気

――世界的にみて、国ごとの傾向などはありますか?

もちろん、あります。
日本では、チロリアンシューズの<MICHAEL |ミカエル>やUチップの<シャンボード>など丸くてポッテリとしたフォルムのクラシックラインが人気ですよね。

でも、本国のフランスでは、クラシックラインよりもドレスラインの方がポピュラー。
スマートなUチップの<ROUSSEAU|ルソー>やストレートチップの<MONTAIGNE|モンターニュ>などが人気です。

日本とフランスでは、全く異なる傾向になっています。

また、素材の好みも各国で傾向が違っていて、アメリカだったら、1番人気がスエード、そして、グレインレザー、リスレザーの順で人気です。

フランスでは、1番人気がリスレザー、そして、グレインレザー、スエードの順になっていますので、アメリカと全くの逆。

ベルギーの北の方では、とにかくブラックの靴が好まれるなど、地域によって特徴がありますね。

ちなみに、日本ではリスレザーが人気です。

――日本では、ポニーやラパンなどファーのモデルも人気ですね?

はい。
ただ、メンズの靴でファーが好まれるのは、日本だけの傾向です。

例えば、フランスだとラパンのモデルは「モードすぎる」と捉えられてしまいます。

日本マーケットの特徴は、つま先が尖がっていたり、長かったりするものよりも、つま先が丸いモデルの方が人気です。

さらに、パターンはクラシックなのだけれど、そこに味を加えたもの、そしてモダンなものが好まれる傾向にあります。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー 「フォトン」イメージ
丸いフォルムとシンプルなデザインが魅力のエラスティックスリッポン<PHOTON|フォトン>。モダンな雰囲気があり、日本で人気のモデルです。

――日本では、旬な魅力を感じさせてくれる定番のシーズンモデルに加え、セレクトショップの別注モデルなども楽しめます。

<パラブーツ>の定番モデルは、エターナルな魅力を持っているので、毎年少しずつ味を加えて、新鮮なシーズンモデルをリリースしています。

また、別注は各セレクトショップが仕様を企画して、私たちの工房とともに練り上げています。

――特に人気のあった別注モデルはありますか?

2016年に<BEAMS|ビームス>や<UNITED ARROWS|ユナイテッド アローズ>の別注モデルとして展開した「MICHAEL BRIDE|ミカエル ブリッド」ですかね。

このモデルは、ミカエルのシングルモンクストラップタイプ。
紐ではなく、ストラップでとめるタイプの靴です。

とてもヒットしました。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー ミカエルブリッドイメージ
ストラップが特徴のミカエル ブリッド。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー シーズンモデル
銀座店で撮影させていただいたシーズンモデル。ホワイトソールが新鮮です。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー モジーンイメージ
<ビームス>でかつて展開していた別注モデルの「MORZINE|モジーン」(※生産終了)。3色のラインがポイントになっています。

断然注目してほしい<パラブーツ>のドレスライン

――今、力を入れているモデルなどはありますか?

前述した通り、日本では、まだまだ定番モデルの人気が高く、フランスに比べドレスラインに注目が集まっていないように感じています。

ただ、<パラブーツ>の靴は、すべてのラインで履き心地の良さを目指しています。
なので、日本でもダブルモンクの<POE|ポー>や前述の<ルソー>など、ドレスラインの展開を増やしているところです。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー ポーイメージ
ダブルモンクの「ポー」。同じダブルモンクの「WILLIAM|ウィリアム」と比べ、コバ周りがすっきりしたモデルです。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー ルソーイメージ
フランスで人気の高いモデル「ルソー」。トゥシェイプがシャープですっきりとしたUチップは、ビジネス使いにぴったり。

――確かに、歩きやすい<パラブーツ>はビジネスパーソンにこそ履いてほしい靴のひとつだと感じています。

私は今日、<パラブーツ>の中でもレザーソールのモデルを履いていますが、最高に履き心地が良いですよ。

――レザーでもラバーでも、履き心地の良さは変わらないということですか?

人それぞれ、好みがあるので、一概に言うことはできませんが、私は昨日もレザーソールのモデルを履いていました。

履いていてラクチンだし、<パラブーツ>のモデルはすべて履き心地の良い靴だという自信をもっています。

同じようなアウトソールの靴を履き続けるのはNG。
さまざまな種類を履いてこそ、身体が整う

――<パラブーツ>の魅力の一つである自社工場でつくられるラバーソールにはさまざまなタイプのものがありますよね。

そうですね。いくつかの種類があり、厚さも硬さも異なっていて、すべてにそれぞれの特徴があります。

実は、同じアウトソールばかりを履いていると、それは足だけでなく、身体全体にとってあまり良くないかもしれません。

ラバーソールばかり履くのも、レザーソールばかり履くのもNGです。

例えば、思春期の子どもたちはスニーカーばかり履く傾向がありますが、それだと足の指が広がってしまいがち。

足の指が広がってしまうと、今度は大人になった時に、革靴が履けなくなってしまう可能性があります。

それはとても良くないことですよね。

女性は、ヒール靴などいろんなソールのものを履く機会があるけれど、男性の場合は同じ系統のソールを選ぶ傾向があります。

男性の方にも、いろいろな種類のソールを履きこなしてもらいたいと思っています。

――異なるソールの靴を履くと、どのような効果がありますか?

足に刺激を与えてくれます。

布団やマットレスでも、長時間寝るのだったら硬めのものの方が良いとか、少しお昼寝をするぐらいだったら柔らかい方が良いなど、選び方があるように、ソールにも用途によってより良い選び方があります。

靴のソールが変わることで、姿勢のポジションも変わってくるし、使う筋肉も変わってくる。

だからさまざまなソールのものを選んでほしい、ということです。
それだけで、姿勢も筋肉の使い方も変わってきます。

最近、お腹が出てきたと感じているとしたら、もしかして、同じ種類の靴を履いているからかもしれません(笑)。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー アクティブソールイメージ
ドレスラインに採用されている「ACTIVE|アクティブ」ソール。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー マルシェ2ソールイメージ
<ミカエル>などに採用されている「MARCHE|マルシェ2」ソール。

パターンオーダーでは、お好きなようにオーダーしてほしい

――これからパターンオーダーなどのイベントが予定されています。最後にパターンオーダーのコツがあれば、教えてください。

そうですね、そもそもパターンオーダーを考えていらっしゃるお客さまというのは、<パラブーツ>のことを良くご存知の方が多いと思います。

ですから、スタッフにどんなご要望でも相談してもらいたいと思います。

もちろん、ご要望によっては、できること・できないことがありますけれど、まずはお好きなようにオーダーすることを大切にしてもらいたいです。

お客さまのオーダーの中には、新鮮で素晴らしいと感じることも良くあります。

ぜひ、お好みのモデル・革・ディテールを選んで、オーダーを楽しんでいただきたいですね。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー パターンオーダーイメージ
かつてのパターンオーダー会でアイレット編集部員がオーダーした「シャンボード」。無理なお願いのように思われたクレイジーパターンにも対応していただけました。
Information
<パラブーツ>イベント情報

[パターンオーダー会]

10月18日(水) ~ 10月24日(火)
伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=紳士靴

[トランクショー]

■9月START

9月20日(水) ~ 10月1日(日)
Burnish SALON 代々木上原
9月22日(金) ~ 9月30日(土)
そごう横浜店 5階紳士靴売場
9月27日(水) ~ 10月3日(火)
京都タカシマヤ 4階紳士靴売場
9月27日(水) ~ 10月3日(火)
玉川タカシマヤ 本館4階 シューメゾンオム
9月27日(水) ~ 10月10日(火)
大丸梅田 8階紳士靴売場
9月27日(水) ~ 10月10日(火)
ACSオールコンフォートシステム 大丸梅田店
9月27日(水) ~ 10月10日(火)
REAL SCOPE 横浜店
9月29日(金) ~ 10月9日(月)
ビームス 広島
9月29日(金) ~ 10月9日(月)
ユナイテッドアローズ 丸の内店
9月30日(土) ~ 10月9日(月)
パラブーツ青山店
9月30日(土) ~ 10月9日(月)
パラブーツ銀座店
9月30日(土) ~ 10月9日(月)
パラブーツ大阪店
9月30日(土) ~ 10月9日(月)
パラブーツ札幌店
■10月START

10月4日(水) ~ 10月10日(火)
横浜タカシマヤ 6階紳士靴売場
10月4日(水) ~ 10月17日(火)
松屋銀座 5階紳士靴売場
10月4日(水) ~ 10月17日(火)
大丸神戸 6階紳士靴売場
10月6日(金) ~ 10月10日(火)
シーガルディレクション (秋田)
10月11日(水) ~ 10月17日(火)
大阪タカシマヤ 2階紳士靴売場
10月13日(金) ~ 10月22日(日)
ビームス 名古屋
10月13日(金) ~ 10月22日(日)
ユナイテッドアローズ 柏店
10月18日(水) ~ 10月24日(火)
西武池袋本店 5階紳士靴売場
10月27日(金) ~ 11月6日(月)
ビームス 梅田
10月27日(金) ~ 11月5日(日)
ユナイテッドアローズ 仙台店

■11月START

11月1日(水) ~ 11月7日(火)
新宿タカシマヤ6階 シューメゾンオム
11月3日(金) ~ 11月5日(日)
CIENTO (弘前)
11月3日(金) ~ 11月12日(日)
ジャーナルスタンダード 大宮店
11月3日(金) ~ 11月12日(日)
ジャーナルスタンダード 横浜店
11月4日(土) ~ 11月12日(日)
シップス 広島店
11月10日(金) ~ 11月12日(日)
JUILLET (札幌)
11月11日(土) ~ 11月23日(木)
ユナイテッドアローズ 金沢店
11月15日(水) ~ 11月21日(火)
阪急メンズ大阪 1階紳士靴売場
11月17日(金) ~ 11月26日(日)
インターナショナルギャラリー ビームス
11月17日(金) ~ 11月26日(日)
ビームス ボーイ 原宿
11月17日(金) ~ 11月26日(日)
シップス 銀座店
11月18日(土) ~ 11月26日(日)
ジャーナルスタンダード 新宿店
11月23日(木) ~ 11月26日(日)
ARCH (札幌)
■12月START

12月1日(金) ~ 12月10日(日)
ビームスハウス 名古屋
12月2日(土) ~ 12月3日(日)
GLORY GUY (岡崎)
12月6日(水) ~ 12月19日(火)
SHOE LIBRARY 札幌店
12月6日(水) ~ 12月19日(火)
ACSオールコンフォートシステム 玉川店
12月8日(金) ~ 12月10日(日)
ブリューメルズ (静岡)
12月22日(金) ~ 12月25日(月)
one day (岡山)


いかがでしたか。
<パラブーツ>の魅力を存分に感じていただけたでしょうか。

やはり、良いシューメーカーは伝統を大切にしつつ、歩みを止めない姿勢を感じます。

普遍的なモデルの魅力だけに甘んじない、そしてメイド・イン・フランスにこだわり続ける<パラブーツ>。

老若男女に支持されるにふさわしいシューメーカーだと思いました!

NOTICE

5万円台でリーズナブルなドレスラインの注目モデル
「CLEMENCEAU|クレマンソー」と「LAZARE|ラザール」

インタビューの後に、展示会で<パラブーツ>プレスの生駒さんにおすすめのドレスラインモデルをご紹介いただきました。

それが、こちら!!

内羽根のストレートチップの「クレマンソー」と外羽根のプレーントゥ「ラザール」です。

なんと、これらのモデルは、5万円台!!

<パラブーツ>の主要モデルの目安が、7万円程度だと考えると、かなりお値打ちな気がします。

そして、そのリーゾナブルなお値段の訳は、製法とソールにありました。

コバ周りを見てみてください。

<パラブーツ>の靴にしては、すっきりしていますよね。

この靴はグッドイヤーウェルテッド製法でつくられています。

そして、いつもよりエレガントなラバーソールで、コストを抑え目にしているようです。

<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー クレマンソーとラザールイメージ
写真左が「クレマンソー」、右が「ラザール」。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー クレマンソーのコバ周りイメージ
コバ周りがスッキリ。ビジネス使用にぴったりですね。
<パラブーツ>マーケティングディレクター エルヴェ・サポリスさん単独ロングインタビュー クレマンソーのアウトソールイメージ
グリッドのような模様の入ったラバーソール。

個人的には、ノルヴェージャン製法よりもグッドイヤーの方がビジネス向きだな、と思っているので、ドレスラインとしては全然ありだし、むしろ、この方が良いと感じる方もいらっしゃるのではないかと、というモデルです。

もちろん、履き心地の良さは兼ね備わっていますので、ぜひ、試し履きをしてみてください!

[お問い合わせ] <パラブーツ>
URL:http://jp.paraboot.com/jp-home


【取材レポート】Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー

アヴェル社 社長インタビューメインイメージ

絶対的なトップクオリティの<サフィール>に
英国の<ダスコ>が傘下に加わり、さらに盤石な体制に。

革靴好き御用達シューケア・レザーケアブランド<SAPHIR(サフィール)>を傘下に置くフランスのAVEL(アベル)社。
そのアベル社の社長を務めるMarc MOURA(マーク・ムーラ)氏が5月下旬に来日し、なんと革靴倶楽部アイレットが単独インタビューをさせていただく機会をいただきました。
<サフィール>製品の魅力はもちろん、2015年にアベル社傘下に加わった<ダスコ>の展開について伺うだけでなく、盛り上がりを見せる日本の靴磨き市場についてもご意見を伺ってまいりました。

フランス政府より「生きた遺産」として認証

―まずは、革靴好きから厚い信頼を集める<サフィール>ブランドについて教えてください。

<サフィール>は、アベル社で展開する数あるブランドの中でも頂点とも言えるベストな製品を提供しているブランドです。
特に、黒地をベースにしたパッケージの<サフィール ノワール(MEDAILLE D’OR)>は、天然成分を使った伝統的なレシピでつくられているハイグレードライン。
1925年のパリ万博で金賞を獲得した実績があり、その当時とほぼ同じレシピでつくられています。
最高品質のテレピン油やビーズワックス、カルナバワックスなどの天然原料を厳選し、極限までその配合比率を高めて調合した製品は、ハイエンドの皮革製品のケアにふさわしい品質と性能を兼ね備えているのが特徴です。
そうした技術力が認められ、世界的なトップブランドとの密接な協力関係を構築しています。

また、今年4月に、フランス政府から Entreprise du Patrimoine Vivant(Living Heritage Company―「生きた遺産」)として認証されました。
さらに、Bpi france(フランス公的投資銀行)のテレビ番組で健全な経営をする企業として、アベル社が紹介されるなど、製品の評価に加え、経営の質に関する評価も得られています。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 「生きた遺産」イメージ
認証を受けている企業などが紹介されている「生きた遺産」のホームページ。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー bpi france動画イメージ
Bpi Franceで紹介されたマーク・ムーラ社長インタビュー動画。

―Living Heritage Company―「生きた遺産」とは、どのような賞ですか。

「生きた遺産」は、優れた技術力と伝統な製法、職人精神を根底にもつ企業が認証・授与される賞です。
認証されているのは<エルメス(HERMES)>や<ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)>などフランスを代表する世界的な企業。
アベル社には、革のスペシャリストが集まるラボチームがあり、こうした企業と協働で研究開発しているのが当社の強みだとも感じています。
そして、ここで築いてきた信頼関係は、<サフィール>製品の中にも見て取っていただけます。
例えば、「ROUGE HERMES(エルメス レッド)」と名付けられているカラー。
「技術力によって最高級の品物をつくる」という両社共通の哲学がベースにあり、認め合っているからこそ、ブランド名をカラー名に取り入れられるということです。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 「エルメス レッド」イメージ
<サフィール>の「エルメス レッド」色見本。このように他社ブランド名が冠されているのは珍しいこと。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 社長イメージ
アベル社では世界中の高級ブランドのレザーケア用品をOEM生産していると、マーク・ムーラ社長。

ページトップへ戻る

最高級のクリーム<サフィール・ノワール>には、クリーニング・保湿・栄養などさまざまな効果が。
ただ、どんな靴にも使えば良いわけではありません。

―<サフィール>製品の特徴を教えていただけますか。

先ほど少しお話したように、<サフィール ノワール>はハイエンドの皮革製品のためのケア用品です。
例えば、靴クリームの「クレム1925」は、伸びや浸透性が良く、ほど良い艶が出るのが特徴になっています。
配合成分をご覧いただくと、その効果がお分かりいただけるかもしれません。
それぞれの成分には、クリーニング、保革、保湿、栄養補給、補色、光沢などの効果があり、そのベストバランスが追求されています。
ひとつの製品でこれだけの効果がありますので、汚れの程度によっては、クリーナーなどを使わずにクレム1925のみでのお手入れをした方が靴にとって良い場合も。
それというのも、天然の革にとって、ケミカルな要素のあるものは負担になるからです。
なるべく、天然成分のものを使ってもらえる方が、革にとって優しい。
一方、強いクリーニング効果のある汚れ落としには、ケミカルな要素が高い。
なので、ひどい汚れが着いている時以外、なるべく使わない方が良いですね。

―そうなると、どんな靴にも「クレム1925」を使っていれば安心ですね。

実は、そういうことではありません。
最高級のクリームだからといって、どんな靴にもベストとは限らないのです。
例えば、ガラスレザーなど表面を加工している革に使うと、成分が浸透せずに、仕上がりが良くありません。
良質な革に使用することで効果を最大限に発揮できるクリームだということです。

―革質を見分ける方法はありますか。

そうですね。
あまり程度の良くない革の場合は、表面にキズやシミがあり、樹脂や顔料などで分厚く塗装して隠していることがあります。
一方、良質な革の場合は、素材を生かすために塗装をされておらず、毛穴が奥まで見えることが多いですね。
また、きめの細やかさなどをチェックするとわかりやすいと思います。

ケアアイテムを選ぶ際には、まずは革質をチェックすること。
それから、革が何を欲しがっているかを考えてみてください。
それが、水分なのか油分なのか。また、補色した方が良いかどうかなど。
それぞれの製品には、それぞれの用途がありますので、靴自体の状態によって選択していただくのが一番です。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー クレム1925イメージ
紙の上にクレム1925を塗ってみると、浸透性や撥水性を確認できます。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 革質について掲載しているパンフレット
適切な製品を選択するために、革の性質を判断する方法が掲載されている冊子。

ページトップへ戻る

<ダスコ>は「眠れる森の美女」。
アベル社のノウハウを共有し、さらに高みを目指したい。

―2015年にアベル社の傘下に入った<ダスコ>について教えてください。

<DASCO(ダスコ)>は、、1946年にフレディー・ダンケルマンにより英国で設立されたDunkelman&Son(ダンケルマン&サン社)が展開するシューケア用品ブランドです。
現在、靴の聖地と言われる英国ノーザンプトンに本社を構え、<John Lobb London(ジョンロブ・ロンドン)><Edward Green(エドワード グリーン)><Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)><Church’s(チャーチ)><Cheaney(チーニー)>などの純正シューツリーを手がけるなど、名だたる高級紳士靴ブランドから絶大な信頼を受け続けています。

―やはり、<ダスコ>と言えば「シューツリー」でしょうか。

シューツリーだけでなく、ラストもつくっていますし、英国シューメーカーのシューケア用品をOEM生産しています。
ただ、これまでの<ダスコ>はあまり海外進出に力を入れていなかったので、海外で販売される<ダスコ>のシューケアアイテムのシェアは小さくなり、現段階では日本であまり知名度が高くないのが現状かもしれません。
今までの<ダスコ>は、いわば「眠れる森の美女」です。
僕のキスで起こして、さらにポテンシャルを引き出していきたい(笑)。
そうしたことから、アベル社の傘下に迎え、ブランドのイメージの再構築を図っています。

―どんなことからブランドイメージの再構築を手掛けていますか。

まずは、伝統的なものを大切にする英国紳士にふさわしいブランドと認知をしていただけるように、ブランドのロゴを刷新しました。
そして、今年3月からはパッケージもリニューアル。シックでありながら落ち着いたパッケージに生まれ変わりました。
日本市場では、「ロフト」や「東急ハンズ」などを中心に、全国の百貨店、量販店などで展開していく予定です。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー ダスコロゴイメージ
王家の紋章のようなデザインの<ダスコ>新ロゴ。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 刷新した<ダスコ>パッケージイメージ
2017年3月にリニューアルした新しいパッケージの<ダスコ>製品。

―<サフィール>との棲み分けはどのように考えていますか。

そうですね。アベル社の製品として、頂点に立つのが<サフィール>製品というのは変わりません。
<ダスコ>ブランドのシューケアアイテムの目指すポジションとしては、<サフィール>の下と考えています。
<サフィール>でもノワールがトップで、プロフェッショナルなアイテムが豊富に揃うブルーラインがその次、その下に位置づけるブランドが<ダスコ>。
各ブランドのノウハウを共有し、ベストなソリューションの提供を目指していきます。

―シューツリーの展開はいかがでしょう。

アベル社には、<LA CORDONNERIE ANGLAISE(コルドヌリ・アングレーズ)>と<ダスコ>という2つのシューツリーブランドが揃いました。
この2ブランドにOEMを依頼しているブランドは50以上にも上りますので、この2ブランドで世界のハイエンドシューツリーマーケットの99%近いシェアとなります。
<ダスコ>のシューツリーは、シューケアアイテムのマーケティングとは異なり、これまで通り高級シューツリーを「ダンケルマン」名義で展開していきます。

ページトップへ戻る

日本の靴磨き職人のレベルは、世界トップクラス。
こだわり気質の国民性がシューケアにマッチしているのでは。

―このところ、日本ではシューケアに注目が集まっているように感じます。

確かにそうですね。これは日本特有の傾向だと思います。
日本人のこだわりの気質がシューケアにマッチしているんでしょうね。
雑誌などで、シューケアアイテムに特化した特集を拝見すると、たくさんの情報が載っているので、選別するのが大変かもしれない、と感じるほどです。
フランスなどでは、日本ほどブランドのラインナップを取り揃える店舗はほとんどありません。
ユーザーの方から人気や信頼の高いブランドだけが残り、その他は淘汰されてしまいます。
その分、選び方はシンプルかもしれませんね。

―先日<Brift H(ブリフト アッシュ)>の長谷川裕也さんが「靴磨き世界一」の称号を獲得しました。日本の靴磨きのレベルについてどのように感じていますか。

「ワールド チャンピオンシップ オブ シューシャイニング」で優勝した長谷川さんももちろんですが、日本の磨き職人のレベルは世界的に見て断然に高いと思っています。
このコンペティションでの長谷川さんは、本当のプロを感じさせる洗練されたものでした。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 雑誌を読む社長イメージ
シューケアの特集が掲載されている日本の雑誌を読むマーク・ムーラ社長。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー 昨年開催されたシューケアイベントイメージ
昨年、伊勢丹新宿店にて開催された「TOKYO MEN’S FES」。一流の磨き職人の技を見られるイベントでした。

ページトップへ戻る

最善のものをつくるというDNAが認められ
世界約80カ国から評価されている<サフィール>製品。
安心してお使いいただけるベストなアイテムだと自負しています。

―革靴倶楽部アイレット読者にメッセージをお願いします。

良い靴を購入し、その靴を大切に履きたいという方にとって、シューケア用品選びというのは、とても重要。
その点、私どもの<サフィール>製品は、自信を持って勧められるアイテムです。
それというのも、会社のDNAとして、創業時から最善のものをつくるという気質があり、それが世界中に認められています。
<サフィール>が販売されているのは約80カ国。
これほど世界中で受け入れられているシューケア製品はありません。
私たちの伝統的なレシピには、時間と手間がかかっているだけでなく、製造にはコツのようなものがあります。
このコツというのは、決定的な要素で、同じような効果を謳う製品があっても、<サフィール>が受け継いできたレシピやコツを超えるようなアイテムはつくられないと思っているほどです。
それだけ、私たちが自信を持ってつくり続けている製品であり、それが世界的に評価されている。
みなさんのお気に入りの靴にも安心していただけるベストなアイテムだと自負しています。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー クレム1925製品イメージ
<サフィール>の最上級ライン<サフィール ノワール>の「クレム1925」。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー <サフィール・ノワール>ミラーグロスイメージ
昨年12月に発売された<サフィール・ノワール>ミラーグロス。鏡面磨きが簡単にできる逸品です。
Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー <サフィール>ブルーライン製品カラー見本イメージ
<サフィール>ブルーラインのカラー見本。バリエーション豊富でプロフェッショナル向けの商品です。

ページトップへ戻る

[編集後記]

実は、このインタビュー、都内某所でお食事をしながらお話を聞かせていただきました。
リラックスした中で、お話くださったと感じているのですが、印象に残っているのは、やはり絶対的な商品への自信です。
そして、ものづくりの信念も感じました。
それは、<サフィール>のマーケティングに表れています。
<サフィール>では、「この価格帯の商品があれば売れる」というような発想ではなくて、パートナー企業のニーズにより商品を開発しているそうです。
そして、テストを繰り返し、徹底的に検証をして製品化。
ただし、パートナー企業から開発依頼があればなんでもつくるというスタンスではなく、納得できるものでないとつくらない。
「最善のものをつくる」というDNAが息づいています。

また、全くの余談ですが、アベル社には価値ある美術品などが保有されていて、<サフィール>のパンフレットの表紙になっている絵もそのうちのひとつだそうです。
さらに、おもしろいなと思ったのが、ナポレオンの戴冠式で履いている靴の請求書も保有しているというお話。
あの有名な戴冠式の絵で描かれている靴の「請求書」がアベル社にあると思うと感慨深いですよね。


前段でご紹介したBpi Franceの動画。Youtubeでご覧いただけます。

Marc MOURA(マーク・ムーラ)社長|AVEL(アベル)社|単独インタビュー アベル社が保有する絵画イメージ
アベル社が保有する絵画が表紙になっているパンフレット。


<エドワード グリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独ロングインタビューVol.01 進化する姿勢

<エドワードグリーン>代表ヒラリー氏単独インタビューメインイメージ

伝統を守りつつ、進化を続ける<エドワードグリーン>に
2017年も大注目!

オーダー会のために来日していた<エドワード グリーン>代表のヒラリー・フリーマンさんがエドワード グリーン銀座店にて革靴倶楽部アイレットのために、単独インタビューに応じてくれました。

新しい取り組みや、靴づくりで大切にしていることに加え、パターンオーダーのコツなど あれやこれやと伺ってきましたので、以降3回にわけて記事を展開いたします。

今回の第1回は、<エドワード グリーン>のニュートピックスです。

最高に軽やかなドーヴァーが登場

――2015年に創業125年を迎え、新モデルに新ラストと、新しい取り組みに精力的という印象を持っています。今年リリースされるモデルや、さらなる取り組みなどはありますか。

もちろんです。
まず、ご紹介したいのが、新しい「DOVER(ドーヴァー)」。
<エドワード グリーン>を代表するドーヴァーに軽快さが加わった新作をリリースします。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 DOVERイメージ
<エドワード グリーン>を代表する名作・Uチップ「ドーヴァー」。こちらは、MUSHROOM SUEDE(マッシュルームスエード)。

この写真のモデルは、ライニングが付いた通常のタイプのドーヴァーです。
新作のドーヴァーでは、もっと軽やかな雰囲気になるように、アンライニング仕様にし、さらに、アウトソールには英国ラバーを採用しています。
※銀座店には、英国ラバーではなくレザーソール仕様の新作ドーヴァーが入荷予定です。

――カジュアルなUチップでも、エレガントさを備えているドーヴァーが、夏服仕様に衣替えと言うイメージですね。

リラックスした雰囲気が魅力になっています。

そして、レディースモデルの展開を本国で始めます。
その特徴は、パーフォレーション使いなどで、女性にふさわしい華やかさを備えている点です。
レディースモデルは、しばらく本国だけでの展開を考えています。

ページトップへ戻る

デザインも一新!オリジナルのケアグッズを発売開始

――すでにリニューアル発売されているオリジナルのケアグッズも注目ですね。

はい。ポリッシュ6色に加え、乳化性クリーム1色(ナチュラル)の発売を開始しています。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 新しいシューケアアイテム
乳化性クリームについては今後カラーバリエーションを増やし、クリーナーやミトングローブの展開も予定しています。

ポリッシュは、顔料の比率が抑え目になっているので、<エドワード グリーン>らしいアンティークフィニッシュを再現しやすいのが特徴です。
6色の中から、お手持ちのモデルのカラーと合わせてお選びください。

そして、今回のリニューアルでは、中身はもちろん、パッケージデザインもリニューアルしています。
このデザインは、なにがモチーフになっているか、わかりますか?
実は、<エドワード グリーン>がショップで使っているショッピングバッグ(紙袋)です。
このショッピングバッグは、ロンドンのジャーミンストリートにある店舗と同じもので、銀座店では本国と同じものを使っています。

<エドワード グリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 ショッピングバッグ
英国から取り寄せているショッピングバッグ。
<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 新しいシューケアアイテムのデザイン
センターに小さく入っているロゴが印象的な
デザイン。

ページトップへ戻る

<エドワード グリーン>らしいエッセンスを感じる革小物

――革小物にも靴のデザインを取り入れていると聞きました。

そうなんです。財布やカードケースといった革小物にも<エドワード グリーン>らしいエッセンスを加えています。
それは、靴のデザインを取り入れている点です。
例えば、カードケース(写真下の左2点)には、定番のレースアップブーツ「GALWAY(ガルウェイ)」の意匠が取り入れられています。
ガルウェイを横から見た曲線にご注目ください。カードケースのスリット部分が同じ曲線になっていますね。

また、名刺入れ(写真下の右3点)には、閂(かんぬき)の意匠が取り入れられています。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 革小物
曲線が特徴的なカードケースに、閂が取り入れられた名刺入れ。
<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 ガルウェイ
革小物のデザイン元となった「ガルウェイ」。

何気ないところに、シューメーカーらしさを感じていただけるデザインです。

そして、<エドワード グリーン>の革小物は、靴と同じように、素材にこだわり、きめ細かなカーフを使っているのも特徴になっていますので、靴とともにご愛用していただけると嬉しいですね。

近々、ブリーフケースもご披露できると思います。楽しみにしていてください。

ページトップへ戻る


いかがでしたか。 <エドワード グリーン>というと老舗英国シューメーカーというイメージが強いかもしれませんが、伝統的なものは守りながら、新しいことに取り組む攻めの姿勢がスゴイですよね。

今回は、新しい取り組みについてお伝えしてまいりました。
次回は、<エドワード グリーン>が本当の靴好きに愛されるワケに迫ります。

[お問い合わせ]<エドワードグリーン>銀座店
【URL】http://strasburgo.co.jp/blog/edwardgreen/