【取材レポート】森を守るスペインのファクトリーブランド<アンダルス>

ちょっと違和感のあるフォルム。でも、それが新鮮!
全てがMade in Andalusiaのブランド<アンダルス|ANDALS>

5月下旬に突入し、季節も春から夏へ。 新緑が眩しい季節となりました。
新しい季節、さらに暑い夏に向かって、新たなアイテムを探している方も多いかもしれません。

今回の記事では、そんな方におすすめしたいスペインのファクトリーブランド<アンダルス|ANDALS>をご紹介いたします。

<アンダルス>インポーターの株式会社シャーロック・ホームズ恵比寿ショールームへお邪魔してきました。


森と共存するハンターの足を守るための堅牢な靴

まず、<アンダルス>を語る上で欠かせないのが、スペイン南部アンダルシア地方の時代背景です。
鉱山資源と森林が豊かなアンダルシア地方では、18世紀中頃、人類の凄まじい経済発展にともない、山を切り開き、多くの森林が伐採されていきました。
森林破壊を危惧した当時のスペイン国王カルロス三世は、こうした森林伐採に制限を設け、人間が森との共存を図るための狩猟を開始させました。
そして、森深く険しい場所で生息するイノシシやシカを追うハンターや、アンダルシアの豊かな鉱山資源を採掘するワーカーのために、産業革命時にイギリスより伝わってきたグッドイヤーウェルテッド製法による堅牢な靴がつくられ、彼らの手に渡ったそうです。
工場の片隅に眠っていたその靴の木型が<アンダルス>の起源となっています。
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ01
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ02
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ03

ページトップへ戻る

外ハトメが印象的なレースアップシューズに
ローファー、エラスティックスリッポン、サイドゴアブーツも。

ハンターや鉱山の労働者の足を守るための靴から生まれた<アンダルス>は、見た目の美しさや、トレンドというよりも、道具としての機能・目的から生まれたフォルムになっているのが特徴です。
そして、デザインによって異なる印象の靴に。
また、デザインだけでなく、モデルによって2つのアッパー素材を使い分けています。
ひとつは、ドレスシューズには限界と思われる量の油分を含んだHALLEY PULL(ハリープル)。
そして、もう一つはスペイン製のオイルレザーTERNERA (テルネラ)。
表側で使えるクオリティのレザーをあえて裏側で使っているテルネラは、マットで無骨な表情になっています。
どちらの革も現地のレザータナリーのもの。
誕生の背景から素材まで、すべてがアンダルシアなのが、<アンダルス>です。

スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ05_プレーントゥとエラスティックスリッポン
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ06
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ07_ローファー
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ08
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ09
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ10 サイドゴアブーツ

ページトップへ戻る

ポッコリとした外観を裏切る履き心地。
そのワケは内振りラストにあり。

一見するとポッコリとボリュームのあるフォルムに思える<アンダルス>ですが、実は、コンパクトさが特徴というギャップのある靴です。
その理由は、「膨らみきらないトゥと絶対に長くないノーズ」。
機能性が求められるワーカーシューズだからこその履きやすさが優先されています。
そのためか、フォルムにちょっとした違和感があり、それゆえに新鮮さにつながっているようです。

スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ11 セミブローグ
絶対に長くないノーズ。そして、足を押さえて山を歩き回れるように甲部分が低くなっています。
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ12 トゥイメージ
丸みのあるサイドに注目。
スペインブランド<アンダルス|ANDALS>イメージ13 インソール
シンプルなインソール。
201805_andals_sub_14 ヒールカップ
バランスの良いヒールカップ。
201805_andals_sub_15 アウトソール
モデルによっては、めずらしいラバーソールが採用されています。
そして、この写真で内振りラストがお分かりいただけますね。
201805_andals_sub_16 アウトソールレザーソール
レザーソールには、イノシシの刻印が、

ページトップへ戻る

見た目良し、コスパ良しの好バランスシューズ

最後に、アイレット編集部員が気になるモデルを試着させていただきました!

201805_andals_sub_17 着用イメージ

足元だけの写真で恐縮ですが、履いてみるとバランスが良く、どんなファッションでもコーディネートしやすそうなフォルムだなと感じました。
それでいて、この靴の価格は、37,000円(税別)※ブーツは39,000円(税別)。
なんて、コスパが良いのでしょう!!

1LDKさんなどで取り扱いがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<取材協力>株式会社シャーロック・ホームズ
URL https://www.sherlockhomes69.com/

2018SS始動の新ブランド<CALMANTHOLOGY|カルマンソロジー>のポップアップストアに行ってきました!!

フランスの写真家 ジャン=ウジェーヌ・アジェの写真からインスピレーションを得て製作したドレスシューズは、静謐で洗練された雰囲気が魅力。

現在、セレクトショップの『ÉDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店』で開催中の<カルマンソロジー>ポップアップに行ってきました。

<カルマンソロジー>は、シューズデザイナーの金子真さんが2018年春夏からデビューさせる新ブランド。

デビューを前に都内各地でポップアップイベントを開催しています。

現在、開催中なのが、NEWoMan新宿内の『ÉDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿』。

アイレット編集部員がこのポップアップイベント開催初日に行ってまいりました。

ファーストコレクションで展開されるのは、ストレートチップからサイドゴア、ダブルモンクなどの15型。

2018SSスタートの新ブランド<カルマンソロジー>ポップアップ プレーントゥイメージ

いずれのモデルも、ランスの写真家 ジャン=ウジェーヌ・アジェの写真からインスピレーションを得て製作され、静謐で洗練された雰囲気が漂っています。

なかでも、アイレット編集部が注目したモデルは、クラシックかつモダンなオペラローファーと、トリプルソールで迫力満点のロングウィングチップ。
<カルマンソロジー>公式サイトで各モデルの写真をご確認いただけます。

洗練されたデザインに加え、しっかりしたつくりの靴なので、風格も備わっています。

また、ディテールへのこだわりも注目したいところです。

レザーソールのカラーリングが、まるでヨーロッパの空のように複雑で美しいブルーになっていたり、オリジナルのつま先スチールが取り付けられていたり。

靴好きの期待に応えてくれる日本の新ブランドです。

「ÉDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店|エディフィス ラ ブークル ニュウマン新宿店」でのポップアップは、2018年2月12日(日)まで開催しています。

ぜひ、お近くにお越しの際は、足を伸ばしてみてくださいね。

2018SSスタートの新ブランド<カルマンソロジー>ポップアップ ビジュアルイメージ1
2018SSスタートの新ブランド<カルマンソロジー>ポップアップ ビジュアルイメージ2

[EVENT DATA]
<カルマンソロジー>POP UP STORE
開催場所:EDIFICE LA BOUCLE NEWoMan新宿店
開催日:2018年1月20日(土)~ 2月12日(日)