エドワードグリーン銀座店 来日オーダーイベント

<開催期日>

2018年11月17日(土) ~ 18日(日)

<開催場所>

エドワードグリーン銀座店

<開催概要>

英国、ノーザンプトンで創業した<エドワードグリーン>。
歴史に裏打ちされた高い技術力とデザイン、そしてラストは多くの人を魅了しています。

恒例となっている「来日オーダーイベント」を上記の2日間に開催。
オーダー会期間中には、英国本店からスタッフが来日し、フィッティングアドバイスなどを行うほか、18日には、<エドワードグリーン>と同じく英国ブランドの<グローブ・トロッター>とコラボした「ハンドソーンイベント」も。

普段、一般開放されていないグローブ・トロッター銀座2階「THE CLUBHOUSE」で、<エドワードグリーン>の英国本店から来日したハンドソーン職人によるスキンステッチの実演を予定しています。

さらに、このコラボイベントでは、霞ヶ関のバー「ガスライト霞ヶ関本店」よりバーテンダーの佐藤文俊氏を招き、英国モルトウィスキーの試飲会も実施。
こちらのイベントは、15時からスタートです。

<エドワードグリーン>モデルイメージ
<エドワードグリーン>のパターンオーダーは、圧倒的なスケールのサンプルから、お気に入りの素材や仕様が選べるのが魅力。
<エドワードグリーン>イベントイメージ
2018年11月18日(日)15:00からグローブ・トロッター銀座2階「THE CLUBHOUSE」で、靴職人の実演+モルトウィスキーの試飲会。

<お問い合わせ>
エドワードグリーン銀座店
URL:http://www.edwardgreen.jp/

西武秋田店<レコット>オーダー会(10/8-9)

<レコット>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月8(月)、9日(火)

<開催場所>

西武秋田店 

<開催概要>

確かな技術とセンスで、繊細かつ力強さを兼ね備えた靴をつくりあげる靴職人・津久井玲子さんによるブランド<レコット>のオーダー会。

西武秋田店に隣接しているビューホテルでの開催予定です。

<写真・情報出典>

<レコット>HP

伊勢丹新宿店<コルテ>シューズカラーオーダー会(10/10-16)

<コルテ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月10日(水)~16日(火)

<開催場所>

伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場

<開催概要>

フランスの高級靴メゾン<コルテ>のパターンオーダー会を開催。

このオーダー会では、新作がお目見えする予定。

コルテならではの独創性と発想力を感じるシューズは圧巻です。

<写真・情報出典>

imn.net

西武渋谷店<レコット>オーダー会(10/20-21)

<レコット>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月20日(金)~21日(日)

<開催場所>

西武渋谷店B館5階紳士靴売り場

<開催概要>

確かな技術とセンスで、繊細かつ力強さを兼ね備えた靴をつくりあげる靴職人・津久井玲子さんによるブランド<レコット>のオーダー会。

パターンオーダー、フルオーダーの注文が可能です。

また、一点ものとなる規制靴も販売。

<写真・情報出典>

<レコット>HP

伊勢丹新宿店<クロケットアンド ジョーンズ>シューズ受注会(10/24-30)

<クロケット&ジョーンズ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月24日(水)~30日(火)

<開催場所>

伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場

<開催概要>

「間違いのないビジネス靴」として、確固たるポジションを築く<クロケット&ジョーンズ>のオーダー会です。

<写真・情報出典>

imn.net

必見!スペインから来日した職人による<ロトゥセ>カラーリングデモンストレーション

11月7日(土)・8日(日)の2日間だけ見られる ファン・フランシスコ・ポヤトス・ポヤトス氏による職人技

2015年10月28日から伊勢丹新宿店メンズ館にて開催中のスペインの老舗名門ブランド<ロトゥセ>メイド・トゥ・オーダー。先般、アイレットでもこちらの記事でご紹介しました。

11月7日(土)・8日(日)の2日間、スペインから来日した職人のファン・フランシスコ・ポヤトス・ポヤトス(通称:パコ)氏のカラーリングデモンストレーションを拝見できるということで、アイレット編集部が取材をさせていただきました。

138年もの伝統を誇る<ロトゥセ>の靴づくり

<ロトゥセ>は、1877年に、地中海マヨルカ島で創業したブランドです。創業以来、スペインで一番の靴づくりを目指して、伝統的なものづくりを継承しています。

<ロトゥセ>メイド・トゥ・オーダーサービスイメージ01
創業者のアントニオ・フルシャ氏は、「マヨルカ島の靴作りの父」としてその功績を讃えられているそう。

スペインらしさを感じるカラーリングが絶妙

では、今回拝見させていただいたカラーリングのデモンストレーションについてご紹介をさせていただきます。 <ロトゥセ>カラーリングデモンストレーションイメージ01

カラーリングのベースとなるのが、この無色の靴です。

<ロトゥセ>カラーリングデモンストレーションイメージ02

無色の靴に着色をしていきます。

<ロトゥセ>カラーリングデモンストレーションイメージ03

細かい箇所は筆を使って、丁寧に。

<ロトゥセ>カラーリングデモンストレーションイメージ04

奥深く、味わいのあるカラーリングが完成!!

デモンストレーションではこのような、脈々と継承されてきた職人技を間近で見られます。
このデモンストレーションは、本日まで。ぜひ、ご覧くださいね。

また、メイド・トゥ・オーダーは、11月10日(火)まで開催中です。
オーダーする際には、タブレット端末を操作しながら、アッパーやソールの色の組み合わせイメージを、瞬時に見ることができますので、楽しく選択できますよ。

<ロトゥセ>カラーリングデモンストレーションイメージ05
タブレット端末を使って楽しくオーダーできるのも魅力!

<ロトゥセ(LOTTUSSE)>
メイド・トゥ・オーダー

日程:2015年10月28日(水)?11月10日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館紳士靴売場
スタイル: 2型(ウィングチップ/プレーントゥ)
価格:95,000円(税抜)?
※11月7日(土)・8日(日)には、マヨルカ島から来日する職人のデモンストレーションを実施予定。
※伊勢丹新宿店本館3階レディス靴売場でも
2015年11月3日(火)から10日(火)まで受注会が実施されます。

<ロトゥセ>メイド・トゥ・オーダーサービスイメージ07

年に一度の<ジョンロブ>バイリクエストフェア2016、開催中!

最も充実したコレクションから、 パーソナルオーダーができる
「バイリクエストフェア」をお見逃しなく!!

2015年5月13日(金)から伊勢丹新宿店メンズ館にて開催中の<ジョンロブ(John Lobb)>バイリクエストフェアへ本日アイレット編集部がお邪魔してきました。

バイリクエストは、<ジョンロブ>ファンにはお馴染みのイベントで、<ジョンロブ>のコレクションの中から、素材・カラー・ソール・サイズやウィズを選んで、自分好みのスペシャルな1足を作れるパーソナルオーダーのこと。

バイリクエスト自体は、年間を通じて利用可能です。ただし、通常は商品代金に30%のアップチャージが必要になります。

それが、年に一度開催されるバイリクエストフェア期間にオーダーすると、なんとアップチャージが不要に。

ですから、この期間を狙って、パーソナルオーダーを利用される方が多いのですね。 また、毎年開催されているこのフェアですが、年毎に内容も違っているそうです。

では、今年の注目ポイントを踏まえ、バイリクエストの魅力をご紹介していきます。

今年のバイリクエストのみオーダー可能な
ピンクゴールドバックルの「WILLIAM」に 3色スエードの「STOWEY」

毎年、その年だけにオーダーができるスペシャルモデルが用意されているのも、バイリクエストの魅力。
2016年のスペシャルモデルは、<ジョンロブ>のアイコンとも言えるダブルモンクストラップの「WILLIAM(ウィリアム)」にピンクゴールドのバックルを採用したモデル。

<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ01
ブラウンレザーにピンクゴールドのバックルが映えます
<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ02
ピンクゴールドでエレガントな印象に

そして、もう一つが、フルブローグの「STOWEY(ストーウィ)」。 <ジョンロブ>ではめずらしいスエードのコンビモデルです。

<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ03
3色のスエードを採用しためずらしいモデル

これらのモデルでは、素材、カラー、ソールなどサンプルそのままのオーダーとなりますが、その年にしかオーダーできないので、スペシャル感がありますね。

オーダーできるモデル数はなんと130型!
現行モデルに加えて、過去のアーカイブからもオーダー可能

<ジョンロブ>バイリクエストの人気の理由には、過去のモデルを復刻オーダーできることがあげられます。

以前、気に入って愛用していたモデルだったり、欲しかったけれど廃番になってしまったモデルなどを手に入れられるわけです。

また、全てのモデルに対して、選択できる木型や素材、ソールが限定されているものの、それだけに、パーソナルオーダー初心者でもオーダーしやすいシステムになっていると思います。

例えば、「CITYⅡ(シティー2)」をオーダーするならば、木型は7000番で固定されます。そして、選ぶソールによって、選べるアッパー素材が指定されているので、その選択肢にそって選んでいけば、靴自体の雰囲気がまとまったものになるシステムです。
それというのも、 靴はそれぞれデザインによって、エレガントな雰囲気になったり、カジュアルな雰囲気になったりします。
エレガントなデザインに、武骨なラバーソールを選ぶとチグハグな雰囲気になってしまいますが、雰囲気を崩さないように<ジョンロブ>が提案してくれているので、安心してオーダーができるということですね。

<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ04
オーソドックスなモデルから、凝ったデザインの新作までズラッとサンプルが並びます
<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ10
モデルによって選べるソールは異なります。
左から「サー」「オクトーバー」「アシュビー」「カウンティ」「レザー」ソール

バイリクエストでの人気モデルは
「CHAPEL」「WILLIAM」「PHILIP Ⅱ」

バイリクエストで人気のモデルをジョンロブジャパンの方にお伺いしたところ、ダブルモンクストラップの「CHAPEL(チャペル)」「WILLIAM(ウィリアム)」に、パンチドキャップトゥの「PHILIP Ⅱ(フィリップ2)」とお答えいただきました。
チャペルとフィリップ2は、<ジョンロブ>でも最高峰のプレステージラインのモデル。
豊富なコレクションのなかから好みのスタイルを選択できるフェアでも、定番モデルを自分好みの仕様でオーダーしたいという方が多いようです。

<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ06
バイリクエストでの人気モデル。左から「ウィリアム」「チャペル」「フィリップ2」

新色でのオーダーもおすすめ!
今年は中敷にイニシャル刻印もオーダー可能

今回のフェアで、アッパー素材としておすすめしたいのが、新色のミスティーカーフ。 例えば、「Grape(グレ―プ)」という名前のミスティーカーフや、少し灰色っぽい色味の「Petrol(ぺトロール)」というミスティーカーフです。
新色を選ぶだけで、レア度が一気に高まります。

また、今年のバイリクエストで注目のサービスは、中敷へのイニシャル刻印です(一部モデルに限る)。
ブランドロゴ「John Lobb」の下に、4文字までのアルファベットを刻印することができます。ご自身のイニシャルを刻めば、より愛着が持てる靴になるかもしれません。

伊勢丹新宿店メンズ館でのバイリクエスト開催期間は、5月17日(火)まで。
年に一度のこの機会をお見逃しなく!!

<ジョンロブ>オーダー会 バイリクエストフェア

日程:2016年5月13日(金)~17日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場

<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ09
<ジョンロブ|John Lobb>バイリクエストフェアレポートイメージ11
?

潜入!伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会

神の手を持つと言われる職人による1足を 自分仕様でつくれるパターンオーダー会

2015年10月10日(土)・11日(日)に、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場で開催中の<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会にアイレット編集部がお邪魔してきました。

<ベッタニン&ベントゥーリ>と言えば、創業1850年のイタリア・ヴェローナにある老舗シューメーカー。 現在の当主、4代目のジョゼッペ・ベッタニン氏は、神の手を持つ職人と言われています。 その理由のひとつが、ノルベジェーゼの源流で、いまやジョゼッペ・ベッタニン氏にしか駆使できないカデノン製法という技術を継承しているから。

アイレット編集部は、昨年度のこのイベントで自腹オーダーをする際に、ジョゼッペ・ベッタニン氏の実演を間近でみることができまして、その神の手を拝見させていただいております。 なんと言っても、驚くのが、その作業の素早さ。 あっという間に、仕上げていて、集中力が半端なかったです。 とても、80歳近い方とは思えなったですね。

今年のパターンオーダー会には、ジョゼッペ氏ではなく、ベッタニン家の伝統を受け継ぐ息子のアルベルト氏と、新たに<ベッタニン&ベントゥーリ>に加入したエドアルド氏のお二人が来店されています。

エル・アルド氏(左)、アルベルト・ベッタニン氏(右)

そして、もちろん、ジョゼッペ氏がいなくても、カデノン製法をはじめ、ノルベジェーゼ、グッドイヤー、グッドイヤーフレックス、マッケイとさまざまな製法でのオーダーを受け付けていますので、安心してください!! では、せっかくですので、今回用意されているデザインサンプルをご紹介します。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ08
とても<ベッタニン&ベントゥーリ>らしいカラーリングの1足と、レースステイ部分にクロコダイルを使ったプレーントゥ
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ09
スエードのローファーに、キャップトゥ。キャップトゥは絶妙な味がでていますね

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ10
トゥシェイプをご覧ください。トゥシェイプによって、靴の表情が違いますね。
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ11
これぞ、<ベッタニン&ベントゥーリ>の真骨頂とも言える重戦車のような靴々。唯一無二の迫力です

そして、今回、ご紹介されていた新作のプロトタイプ。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ04
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ03

いかがでしょう。新作のプロトタイプは、エレガントな雰囲気になっていますね。

伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ05
上質な牛革を中心にさまざまな素材が用意されています
伊勢丹メンズ館<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会イメージ06
<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会料金表

今回のパターンオーダー会は、超一流の職人の手技で、自分好みの1足を誂えるチャンスです。 ご紹介した<ベッタニン&ベントゥーリ>パターンオーダー会は、今日10月11日(日)まで開催中。 ぜひ、実際にご覧になってみてください!

潜入!!<ステファノベーメル> オーダー会

<ステファノベーメル> CEO トム・マーゾ氏、靴職人 井俣 久美子氏来店!
お二人に相談しながら、究極の1足をつくれる贅沢なオーダー会

2015年11月7日(土)に伊勢丹新宿店メンズ館で開催された<ステファノベーメル(Stefano Bemer)>オーダー会へアイレット編集部がお邪魔してきました。

<ステファノベーメル>は、1988年イタリア・フィレンツェで創業したシューズメーカー。
ス・ミズーラ(フルオーダー)の靴工房としてブランドをスタートさせ、その後2000年より既製靴をスタートさせています。
クラシックかつエレガントなデザイン、それを引き立たせる上質な素材と高い技術で、足入れの良い靴をつくり上げているのが特徴です。
なかでも、特筆すべきは多彩な素材使い。
素材の色や種類を豊富に扱い、爬虫類系のエキゾチック・レザーやヤギ、サメなど珍しい素材を積極的に用いています。
それゆえ創業者のステファノベーメル氏は「革の魔術師」という異名を持っていたほどです。

アイレット編集部が<ステファノベーメル>のオーダー会を取材させていただきましたので、ここにレポートさせていただきます。

<ステファノベーメル>オーダー会イメージ01

<ステファノベーメル>オーダー会イメージ03
優しい雰囲気のパティーヌが魅力のスリッポン
<ステファノベーメル>オーダー会イメージ06
素材の妙を生かしたブルーのパンチドキャップトゥダービー

<ステファノベーメル>オーダー会イメージ02
新ラストを使ったキャップトゥオックスフォード。パティーヌも美しいです!
<ステファノベーメル>オーダー会イメージ05
こちらは、新素材を採用したパンチドキャップトゥ
<ステファノベーメル>オーダー会イメージ06
<ステファノベーメル>ならではの繊細な意匠、芸術的デザイン

<ステファノベーメル>オーダー会イメージ07
靴職人の井俣 久美子氏の実演を見ることができます
<ステファノベーメル>オーダー会イメージ08
「革の魔術師」という異名を持つ<ステファノベーメル>ならではの豊富な素材

今回のオーダー会では、「ス・ミズーラ」「セミ・ス・ミズーラ」「パターンオーダー」の3種類からオーダーが可能です。
ス・ミズーラサンプルから想像力を膨らませてフルオーダーするも良し。
お気に入りのモデルをこだわりの素材でパターンオーダーするも良し。
伊勢丹新宿店メンズ館にCEO トム・マーゾ氏・職人 井俣 久美子氏が来店しているのは、本日(11月7日)のみではありますが、明日(11月8日)には銀座三越に来店予定です。
このような機会は貴重ですので、フィッティングやデザインについてなどとことんご相談しながらオーダーする贅沢体験をしてみませんか。
ちなみに、オーダー会は11月10日までです。

<ステファノ ベーメル>オーダー会

日程:11月4日(水)~10日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館
地下1階紳士靴売場
※2015年11月8日(日)、銀座三越にCEO トム・マーゾ氏・職人 井俣 久美子氏が来店予定。

<ステファノベーメル>オーダー会イメージ09