タグ別アーカイブ: report1

<サフィール ノワール >クレム1925に新色「No.910 パリジャンブラウン」

最高級靴クリーム <サフィール ノワール >クレム1925のブラウンバリエーションがより豊かに!

革靴好き御用達シューケア・レザーケアブランド<SAPHIR(サフィール)>の最高級ライン<サフィール ノワール >に新色情報が届きました。

今回、新しく販売される新色は、「No.910 パリジャンブラウン」。

特徴は、少し赤みを帯びたダークブラウン。

このパリジャンブラウンが加わることで、ブラウンのバリエーション展開がより厚くなります。

以前の記事「<SAPHIR(サフィール)>を展開するALMA(アルマ)ホールディングス|MARC MOURA(マーク・ムーラ)社長|単独インタビュー」でもお伝えしたように、天然原料を厳選し、極限までその配合比率を高めて調合した製品は、伸びや浸透性が良く、ほど良い艶が出るのが特徴。

また、補色効果が高いのも魅力です。

それゆえ、厳密に色選びをされている方も多いと思うので、バリエーションが豊富になるのは嬉しい限り。

また、「パリジャンブラウン」という名前のカラーは、<ジョンロブ>のカラーバリエーションにもありますよね。

ぜひ、この新色にご注目ください。

[商品に関するお問い合わせ]
株式会社 ルボウ
ホームページ|https://lebeau.jp/

ライン

<エドワード グリーン>のキャップトゥ「Gladstone」#808Eが西武池袋本店限定モデルとして登場!

トップドロワーの風格そのままに、フレッシュなディテールを纏った
特別な「Gladstone」に出会えるのはイケセイだけ!

台風に、猛烈な暑さが続き、すっかり夏バテという方、いらっしゃいませんか。

暑い夏に意欲や元気を取り戻していただくべく、今日は、<Edward Green|エドワード グリーン>の素敵な1足をご紹介します。

それがこちら、「Gladstone|グラッドストーン」です。
こちらのモデルは、西武池袋本店(通称:イケセイ)別注。
今回、紳士靴売場の渡辺さんに、その魅力を伺ってきました。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン全体イメージ
キャップトゥのモデル「グラッドストーン」。
西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン トゥシェイプイメージ
ややスクエア気味なトゥシェイプ。

<エドワード グリーン>のキャップトゥと言えば、ブランドのアイコンとも言える「チェルシー」が有名ですが、「チェルシー」の既製靴で採用されている主なラストは202と82。

対して、この別注「グラッドストーン」に採用されているのは、808。

このラストは、<エドワード グリーン>の最高級ライン「トップドロワー」用のラストです。

そのため、細身でビスポークの風格を感じさせてくれるフォルムになっています。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン 踵イメージ
808ラストは低めの踵が特徴。
西武池袋本店別注<エドワード グリーン>グラッドストーン アウトソール イメージ
内側にカーブしているウエスト。

そして、さらに特別な気分を盛り上げてくれるのがこちら!!
すでにお気づきの方も多いかもしれませんが、とっても<エドワード グリーン>らしい意匠が組み込まれています。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン 上からのイメージ
<エドワード グリーン>の箱の上に、「グラッドストーン」を乗せて撮影。

そう、ライニングのカラーが<エドワード グリーン>の箱の色と全く同じ。

ブランドのアイデンティティが宿るグリーンを纏った特別なライニングなのです!!
これだけでも、かなり新鮮度が増して、特別感が半端ないですよね。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン サイズ表記窓イメージ
サイズ表記窓もくっきりと浮かび上がります。
西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン インソールイメージ
新ロゴが刻印されたインソールは、グリーンでとても鮮やかに。

さらに、この靴の見どころは、ここだけではありません。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン スワンネック・ロングバンプイメージ
流麗なラインにご注目。

「チェルシー」と同様のスワンネックに、踵側まで伸ばしたロングバンプのデザイン。
流れるようなステッチで、優美な印象を与えてくれています。

最後に、渡辺さんよりコメントをいただきました。

「この靴の魅力は、<エドワード グリーン>の箱の色と同じカラーを纏ったライニングを採用しているなど、パッと目を惹くデザインがひとつです。
ただ、さらに魅力的なのは、ラストだと思っています。
この808ラストは、スクエアの888ラストよりもやや丸みがあり、ノーズも含めバランスが絶妙。
こうしたラストの魅力が、シンプルなキャップトゥのデザインをより一層引き立てています。
また、トップドロワー仕様の808ラストを採用しているものの、「チェルシー」と同じ価格なのもおすすめのポイントです。」

確かに、洗練された雰囲気になっていますよね。

このモデルは、7月下旬から西武池袋本店5階紳士靴売場で発売されています。

レアなモデルですので、ご興味のある方は、お早めにお問い合わせしてみてください!!

ちなみに、西武池袋本店は、シューフィッターが在籍している、安心して靴選びができるお店です。

今回、お話をしてくださった渡辺さんもバチュラー・オブ・シューフィッターの方ですので、いろいろとフィッティングについて相談してみてくださいね。

※その際には、「革靴俱楽部アイレット」をご覧になった旨をお伝えいただけると話が早いかもしれません(笑)。

【SHOES DATA】
<Edward Green|エドワードグリーン>
model:Gladstone(グラッドストーン)
last:808
size:5.5E-8.5E
color:Black
price:152,000(税抜)
※取材日は、2017年8月5日(土)です。詳しくは、西武池袋本店5階紳士靴売場へお問い合わせください。

ライン

<パラブーツ(PARABOOT)>直営店国内4店舗目となる札幌店オープン

青山、大阪、銀座の次は北海道。
2017年8月18日(金)、北海道・札幌シャワー通りにパラブーツ札幌店オープン!

東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX」に直営店3店舗目のパラブーツ銀座店をオープンしたのが、この4月。
それから半年も経たないタイミングで、4店舗目オープンの知らせが届きました!!

その4店舗目は、北海道・札幌。

このエリア、日本屈指の<パラブーツ>人気を誇るエリアだそう。

実は、札幌の緯度が、<パラブーツ>創業の地、グルノーブルと同じ位置で、環境が似通っているのもあり、札幌エリアと<パラブーツ>の靴との相性が良いと言われています。

札幌店では、定番のコレクションに加え、札幌ならではのセレクションで展開を予定。

また、シューケア用品からソールの修理まで、パラブーツに関する細かなメンテナンスを専門のスタッフが対応してくれるので、北海道の<パラブーツ>ファンの方には嬉しい限りです。

オープンまで、あとわずか。
ぜひ、ご注目ください!

【SHOP DATA】
パラブーツ札幌店
住所:北海道札幌市中央区南2条西3-12-2 トミイビル No.37 1F
TEL:011-219-0451
URL:http://jp.paraboot.com/jp-home

ライン

カジュアルクロコスニーカー<ダーミ>に、ドレスタイプの新作が登場!
4月25日(火)から西武池袋本店にてカラーオーダー会も。

2017年春夏の新作はブライトンブルーとブリックのカラーが美しい外羽根のストレートチップ2型。

大人のためのカジュアルクロコスニーカーでお馴染みの<DAMI(ダーミ)>。
2017年春夏の新作モデルをリリースしています。

今回の新作は、定番のスニーカーと同じ木型を使いつつ、ドレスシューズのエッセンスが取り入れられた2型。

フィット感はそのままに、ルックスは外羽根のストレートチップになっていますので、定番と同じくクロコを使っていても、雰囲気が随分違います。

カジュアルクロコスニーカー<ダーミ>新作イメージ o. 3604
no. 3604
アッパー素材:クロコダイル
カラー:ブライトンブルー
サイズ展開:39-43
カジュアルクロコスニーカー<ダーミ>新作イメージ no. 3655
no. 3655
アッパー素材:クロコダイル+ゴート
カラー:ブリック
サイズ展開:39-43

「no.3604」は、美しいブライトンブルーのクロコダイルを纏った1足。パーツごとに斑(=ふ)の大きさが異なっているので、豊かな表情が生まれています。

「no.3655」は、ブリックと呼ばれるレンガ色のモデルです。
こちらのモデルは、クロコダイルとヤギ革(ゴート)のイントレチャートのコンビになっています。

涼し気で、素材感を楽しめるモデルです。

そして、2モデルとも、ステッチの色がホワイトになっていて、軽快な雰囲気に。
内ハトメで、シューレースには、アッパーのカラーと同色の細目のものが採用されているのもポイントです。

イントレチャートやエキゾチックレザーは今年注目の素材のひとつですし、1足ローテーションに加えると、スタイリングの幅が広がりそうですね。

ご紹介した新作モデルは、西武渋谷店B館5階 紳士靴売り場などで発売中です。

カジュアルクロコスニーカー<ダーミ>西武渋谷店紳士靴売場イメージ
西武渋谷店紳士靴売場の<ダーミ>コーナー。4月から渋谷店での<ダーミ>の取扱いが、6階から5階へ移動されていますので、ご注意ください。

ページトップへ戻る

西武池袋本店にて、ワニ革スニーカーカラーオーダー会を開催!

2017年4月25日(火)~27日(木)の期間中、西武池袋本店5階紳士靴売場にて、カラーオーダー会が開催されます。
このイベントは、お好みのカラーを選んでオーダーできる貴重な機会です。

染色前のワニ革でつくられた靴を、職人の手により後から染色をしますので、濃淡のあるグラデーション仕上げでのオーダーもできます。

また、このオーダー会では、上記でご紹介した新作モデルもお目見え。
※新作モデルでのカラーオーダーは受け付けていません。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!

カジュアルクロコスニーカー<ダーミ>イメージ

<ダーミ>ワニ革スニーカーカラーオーダー会
開催日程: 2017年4月25日(火)~27日(木)
開催日程: 西武池袋本店5階紳士靴売場

ページトップへ戻る

ライン

<エドワード グリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独ロングインタビューVol.01 進化する姿勢

伝統を守りつつ、進化を続ける<エドワードグリーン>に
2017年も大注目!

オーダー会のために来日していた<エドワード グリーン>代表のヒラリー・フリーマンさんがエドワード グリーン銀座店にて革靴倶楽部アイレットのために、単独インタビューに応じてくれました。

新しい取り組みや、靴づくりで大切にしていることに加え、パターンオーダーのコツなど あれやこれやと伺ってきましたので、以降3回にわけて記事を展開いたします。

今回の第1回は、<エドワード グリーン>のニュートピックスです。

最高に軽やかなドーヴァーが登場

――2015年に創業125年を迎え、新モデルに新ラストと、新しい取り組みに精力的という印象を持っています。今年リリースされるモデルや、さらなる取り組みなどはありますか。

もちろんです。
まず、ご紹介したいのが、新しい「DOVER(ドーヴァー)」。
<エドワード グリーン>を代表するドーヴァーに軽快さが加わった新作をリリースします。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 DOVERイメージ
<エドワード グリーン>を代表する名作・Uチップ「ドーヴァー」。こちらは、MUSHROOM SUEDE(マッシュルームスエード)。

この写真のモデルは、ライニングが付いた通常のタイプのドーヴァーです。
新作のドーヴァーでは、もっと軽やかな雰囲気になるように、アンライニング仕様にし、さらに、アウトソールには英国ラバーを採用しています。
※銀座店には、英国ラバーではなくレザーソール仕様の新作ドーヴァーが入荷予定です。

――カジュアルなUチップでも、エレガントさを備えているドーヴァーが、夏服仕様に衣替えと言うイメージですね。

リラックスした雰囲気が魅力になっています。

そして、レディースモデルの展開を本国で始めます。
その特徴は、パーフォレーション使いなどで、女性にふさわしい華やかさを備えている点です。
レディースモデルは、しばらく本国だけでの展開を考えています。

ページトップへ戻る

デザインも一新!オリジナルのケアグッズを発売開始

――すでにリニューアル発売されているオリジナルのケアグッズも注目ですね。

はい。ポリッシュ6色に加え、乳化性クリーム1色(ナチュラル)の発売を開始しています。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 新しいシューケアアイテム
乳化性クリームについては今後カラーバリエーションを増やし、クリーナーやミトングローブの展開も予定しています。

ポリッシュは、顔料の比率が抑え目になっているので、<エドワード グリーン>らしいアンティークフィニッシュを再現しやすいのが特徴です。
6色の中から、お手持ちのモデルのカラーと合わせてお選びください。

そして、今回のリニューアルでは、中身はもちろん、パッケージデザインもリニューアルしています。
このデザインは、なにがモチーフになっているか、わかりますか?
実は、<エドワード グリーン>がショップで使っているショッピングバッグ(紙袋)です。
このショッピングバッグは、ロンドンのジャーミンストリートにある店舗と同じもので、銀座店では本国と同じものを使っています。

<エドワード グリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 ショッピングバッグ
英国から取り寄せているショッピングバッグ。
<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 新しいシューケアアイテムのデザイン
センターに小さく入っているロゴが印象的な
デザイン。

ページトップへ戻る

<エドワード グリーン>らしいエッセンスを感じる革小物

――革小物にも靴のデザインを取り入れていると聞きました。

そうなんです。財布やカードケースといった革小物にも<エドワード グリーン>らしいエッセンスを加えています。
それは、靴のデザインを取り入れている点です。
例えば、カードケース(写真下の左2点)には、定番のレースアップブーツ「GALWAY(ガルウェイ)」の意匠が取り入れられています。
ガルウェイを横から見た曲線にご注目ください。カードケースのスリット部分が同じ曲線になっていますね。

また、名刺入れ(写真下の右3点)には、閂(かんぬき)の意匠が取り入れられています。

<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 革小物
曲線が特徴的なカードケースに、閂が取り入れられた名刺入れ。
<エドワードグリーン>代表ヒラリー・フリーマンさん単独インタビュー Vol.01 進化する姿勢 ガルウェイ
革小物のデザイン元となった「ガルウェイ」。

何気ないところに、シューメーカーらしさを感じていただけるデザインです。

そして、<エドワード グリーン>の革小物は、靴と同じように、素材にこだわり、きめ細かなカーフを使っているのも特徴になっていますので、靴とともにご愛用していただけると嬉しいですね。

近々、ブリーフケースもご披露できると思います。楽しみにしていてください。

ページトップへ戻る

ライン

いかがでしたか。 <エドワード グリーン>というと老舗英国シューメーカーというイメージが強いかもしれませんが、伝統的なものは守りながら、新しいことに取り組む攻めの姿勢がスゴイですよね。

今回は、新しい取り組みについてお伝えしてまいりました。
次回は、<エドワード グリーン>が本当の靴好きに愛されるワケに迫ります。

[お問い合わせ]<エドワードグリーン>銀座店
【URL】http://strasburgo.co.jp/blog/edwardgreen/

ライン

<コルテ>初のスニーカー「’90」をはじめ、新作モデルを発表!

スマートカジュアルを足元から格上げできる<コルテ>初のスニーカー「’90」は、<コルテ>らしい遊び心とディテールがいっぱい。
今回の新作は、リラックスした雰囲気が印象的なラインナップ

フランスの高級靴ブランド、メゾン コルテの新作を紹介する展示会が2017年3月7日(火)に開催されました。
今回の展示会では、<コルテ>初のスニーカーコレクションがお目見え。
このコレクションは、<コルテ>がスニーカーを手掛けただけあって、履くだけで気分があがりそうな逸品です。

それでは、新作モデルをご紹介しましょう!

Collection.1
創業年の1990から名づけられた
<コルテ>初のスニーカー「’90」

<コルテ>待望のスニーカーは、レースステイ部分のデザインが目を惹くモデルです。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ01
2アイレットのレースステイにご注目。この形は、みたことがあるはずですね。
<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ02
履いていると見えない部分にも遊び心を感じさせるデザインのラバーソール。

レースステイの革が1枚ずつ切り替えられているのがおわかりいただけますでしょうか。
これにより、履いた時のフィット感を高めているそうです。

そして、上の写真をよーくご覧になってください。
勘が良い方はすでにお気づきかもしれませんが、履き口の2アイレットになっているレースステイ部分は、「コルテ-アルカ」のデザインを踏襲しています。
そして、ラバーソールを見てみると、石畳を模したデザインになっています。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ03

さらに、注目したいのが、レースステイ下です。
この位置にさりげなくコルテスターが埋め込まれています。

カジュアルな中にも上品さが備わっていますので、昨今のスマートカジュアルスタイルにぴったりですね。

カラーバリエーションは8種類。価格は、97,000円(税抜)から。
2017年9月からの展開予定です。

トップへ戻る

Collection.2
<コルテ>初のマッケイ製法でつくられたモデル
「CANNES(カンヌ)」

次にご紹介するのは、すでに展開中のモデル「カンヌ」です。
この「カンヌ」は<コルテ>初となるマッケイ製法でつくりあげられたモデル。
昼はビーチで、夜はバーのテラスでと過ごすコート・ダジュールの1日のどんなシーンにもマッチするイメージのスリッポンになっています。
要は、リラックス感がありながらも、リュクスな雰囲気を兼ね備えているスマートハイブリッドシューズということですね。
リゾートカジュアルにもドレスアップにもマッチします。


<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ01
色鮮やかなカラーが目を惹くスリッポン「カンヌ」。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ02
素材やカラーによって異なる雰囲気に。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ03
金具のビットはCorthay(コルテ)の「C」を模っています
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ04
カンヌのアウトソールはラバー仕様。水に強く、機能的ですね。

マルチにコーディネートできるスマートハイブリッドスリッポンの「カンヌ」は旅行先で活躍すること請け合いです。
今年のレジャーシーズンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして、今回発表された新素材をご紹介します。
こちらのメタリックゴールドカーフです。
下の写真のように「コルテ-アルカ」にこの素材を使ってみると、新鮮な表情になっていますよね。

<コルテ>新素材となるメタリックゴールド
ほど良いメタリック感で、足元だけ浮きにくいゴールドです。

最後に早くもスキーシーズンが待ち遠しくなるモデルをご紹介します。
ポニースキンなどが使われていて、いずれも温かみを感じるリッチな靴々です。

<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ01
レースアップブーツにスリッポンが冬仕様に。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ02
アイレット編集部イチオシのモデル。
上品なグレーが雪山に映えそう。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ03
バランス感覚が絶妙なレースアップブーツ。タウン使いをしても目を惹きそうです。

これらのシューズを拝見し、『LEON 2017年3月号』での「モテるスキーが帰ってきた!」特集を思い出しました。
ヨーロッパでは、夏はリビエラ、冬はスイスというのがバカンスの王道だそう。
今回の展示会では、まさに優雅なバカンスにふさわしいアイテムを拝見させていただきました。

ライフスタイルに彩りを添えてくれる<コルテ>の新作にご注目ください!

お問合せ:メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060

ライン

東京・銀座にオープンする新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート

イタリア・イギリス・フランス・日本など
世界中の名靴が集まる新しい複合商業施設!

2017年4月20日(木)のオープンを前にプレス内覧会が開かれた東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス」へお邪魔してきました。

GINZA SIXは、松坂屋銀座店の跡地に建てられた施設。
全241店舗中、121店は旗艦店として、そして、銀座初出店が83店、新業態が65店、日本最大級が店舗35、世界大最大級が店舗4店、日本初出店が12店と、エリア最大規模を誇る商業施設となります。

世界中から旬なブランドが集まり、世界のトレンドが体感できるラインナップが揃いました。

靴好きにご注目いただきたいのは、5階のファッション&ライフスタイルフロアです。

このフロアには、<ワールド フットウェア ギャラリー>に、<ブリティッシュ メイド><パラブーツ>といった人気の靴店が揃っています。

いずれの店内も、広々として、上質な空間になっていますので、プレミアムな雰囲気の中、ゆったりとお買い物ができそうですよ。

World Footwear Gallery GINZA SIX

「ラグジュアリー&アルチザン」をテーマにしたWorld Footwear Gallery GINZA SIX(ワールド フットウェア ギャラリー GINZA SIX店)。

これまで取り扱ってきたイタリアブランドを中心に、メイドインジャパンクオリティコーナーを設置。
しかも、展示する既製靴はすべてオーダーメイドできる、という新しいコンセプトで展開されるショップです。

また、日本初上陸となるブランドの<Almini(アルミニ)>や、GINZA SIX限定モデルなども注目。
さらに、フラッグショップの神宮前店で展開している「マエストロサロン」のコーナーが常設されるのも見逃せません。

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート ワールド フットウェア ギャラリー GINZA SIX外観
靴だけでなく、鞄なども展示され、職人技を体感できる大人のためのシューショップという雰囲気。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート ワールド フットウェア ギャラリー 日本初上陸<Almini(アルミニ)>イメージ
イタリア・ミラノにブティックを構えるラグジュアリーシューブランド<アルミニ>。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート ワールド フットウェア ギャラリー GINZA SIX限定モデル
GINZA SIX限定モデルも見逃せません!
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート ワールド フットウェア ギャラリー マエストロコーナーイメージ
神宮前店の「マエストロサロン」のエッセンスが詰まった「マエストロコーナー」を常設。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート ワールド フットウェア ギャラリー ジャパンメイドクオリティーコーナーイメージ
宮城興業やオリエンタルシューズ、ビナセーコーなどを扱う、「ジャパンメイドクオリティーコーナー」。

ページトップへ戻る

BRITISH MADE GINZA

Stories of British をコンセプトに「英国のストーリーあるライフスタイル」を届けている<BRITISH MADE(ブリティッシュ メイド)>。
注目は、日本初展開となる<JOSEPH CHEANEY(ジョゼフ チーニー)>のパーソナルオーダーサービス「1 of 1」。

このサービスでは、<ジョゼフ チーニー>創業125周年を記念して開発されたラスト125を用いて、アッパーカラー・ソールカラー・ライニングカラー・ロゴカラー・アイレット・レースなどが選べます。
そして、その組み合わせはなんと約120万通りだそう。

しかも、この「1 of 1」でオーダーをすると特製ボックスのほか、ケアキット(純正ツリー、アッパー用ブラシ、コバ用ブラシ、ポリッシュワックス)も付いてくるという嬉しい特典も。

そして、もちろん<ジョゼフ チーニー>だけでなく、<Church’s(チャーチ)>のメンズ・レディースモデルのバリエーションも揃っています。

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート BRITISH MADE外観イメージ
店内は、本場英国さながらの贅沢な空間。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート BRITISH MADE<ジョゼフ チーニー>ディスプレイイメージ
入口から見ても、目立っている<ジョゼフ チーニー>1 of 1のディスプレイ。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート BRITISH MADE<ジョゼフ チーニー>1 of 1コーナーイメージ
このパーソナルオーダーサービス「 1 of 1」を常時オーダーできるのは、ジャーミンストリート店とこのショップのみ。

ページトップへ戻る

PARABOOT 銀座店

国内3店舗目のフラッグショップで、銀座地区初出店となるパラブーツ銀座店。

白を基調にした明るい店内は、広々としていて、落ち着いて靴選びができるスペースになっています。

定番モデルを中心に、メンズ・レディースの約60型を取り揃えているほか、ケア用品も充実。

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート <パラブーツ>外観
開放的な雰囲気のある店内。

そして、銀座店オープンを記念して、人気のUチップ「CHAMBORD(シャンボード)」の特別モデル(限定30足)が発売されます。

このモデルは、従来のノルヴェージャン製法ではなく、グッドイヤー製法が採用されているので、コバ周りがスッキリ。

さらに、細かいシボが特徴のフランス産カーフレザーが使われているので、大人顔のシャンボードになっています。

ビジネスユースにもバッチリの特別なシャンボードにご注目ください!

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート <パラブーツ>特別モデル「シャンボード」イメージ
限定30足の特別モデルにご注目。
新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート <パラブーツ> ケア用品イメージ
オリジナルのケアアイテムも充実しています。

ページトップへ戻る

ライン

ちなみに、シューショップというわけではありませんが、日本を代表するシューデザイナー・坪内浩さんが鞄のデザインを手掛ける「SOMÈS SADDLE×HT LABEL」を展開している「SOMÈS SADDLE(ソメス サドル)」も、ご紹介したショップと同じ5階に入っています。

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート <ソメス サドル>外観イメージ
日本唯一の馬具メーカー <ソメスサドル>銀座店には、SOMÈS SADDLE×HT LABELのフルラインナップが揃います。

ライン

再開発が続く銀座で、「最後にして最大」と言われるスケールのGINZA SIX。 店内には、能楽堂があったり、アート作品が設置されていたりと、お買い物だけじゃない楽しみ方ができそうですよ。

ぜひ、実際に足を伸ばしてみてください!

GINZA SIX

〒104-0061
東京都中央区銀座6丁目10-1
営業時間:10:30~20:30
GINZA SIX総合インフォメーション
Tel: 03-6891-3390 ※オープン日の4月20日より

新複合商業施設「GINZA SIX」プレス内覧会レポート 外観イメージ

ライン

<マッキントッシュ ロンドン>が<トリッカーズ>とコラボレーションした“Great Britain Seven Collection”を発売

<マッキントッシュ ロンドン>と英国を代表する7ブランドが共同製作したアイテムを限定発売。
英国の伝統と今を感じられるアイテムは必見!

三陽商会が展開する<マッキントッシュ ロンドン>が、2017年4月6日(木)から23日(日)までの期間に店舗限定で「Great Britain Seven Collection(G.B.7)」を発売します。

「Great Britain Seven Collection(以下、G.B.7)」とは、<マッキントッシュ>同様に、長い歴史とその中で培われたものづくりの精神を受け継いだ英国の7ブランドとコラボレーションしたコレクションです。

今季は、新たに<Tricker’s |トリッカーズ>と、アタッシュケースで知られる<SWAINE ADENEY|スウェイン アドニー>のレザーグッズが登場します。

注目は、やはり<トリッカーズ>。 ブランドを象徴するウィングチップのカントリーシューズがちょっぴりスマートになっているのがポイントです。

例えば、アウトソール。
ドレススタイルにもマッチするダイナイトソールが採用されています。
コバも薄めになっているそう。

カラー展開は、ホワイト・ブラック・ネイビー・ブラウンの4色。
ネイビーとホワイトのコバはナチュラルカラーになっていますので、軽快かつクリーンな雰囲気です。

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection トリッカーズ
本体価格¥80,000(税抜) 展開サイズ:6 ½~8 ½

それでは、せっかくですので、革靴以外のアイテムもご紹介します。

SWAINE ADENEY

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection スウェインアドニー ミュージックバッグ
<スウェイン アドニー>ミュージックケース
<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection スウェインアドニー コインパース
<スウェイン アドニー>コインパース/エンウォレット

Drake’s

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection ドレイクスネクタイ
<ドレイクス>ネクタイ

LONDON BUDGE & BUTTON

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection ロンドン バッジ&ボタン カフリンクス
<ロンドン バッジ&ボタン>カフリンクス

TURNBULL & ASSER

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection ターンブル&アッサー シャツ
<ターンブル アンド アッサー>ハーフスリーブシャツ

Corgi

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection コーギーニット
<コーギー>アーガイルニット

JAMES LOCK

<マッキントッシュ ロンドン>Great Britain Seven Collection ジェームスロック キャスケット
<ジェームス ロック>キャスケット
 

このコレクションを展開している店舗は、下記の通り。

・三陽銀座タワー・大丸東京店・髙島屋新宿店・髙島屋横浜店 ・松屋銀座本店・大丸札幌店・藤崎本店・ジェイアール名古屋タカシマヤ ・松坂屋名古屋店・髙島屋大阪店・阪急MEN’S OSAKA・岩田屋本店

上質な英国トラディショナルアイテムが揃っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

[情報・写真出典]PR TIMES

ライン

靴を含めた新メンズ・トラッドブランド「B TOKYO」が西武渋谷店で3月24日(金)にデビュー

東京発のグローバルブランドを目指して誕生する「B TOKYO」。
注目のシューズアイテムは、プロデューサーに長嶋正樹氏を迎え、ローファーとプレーントゥの2型を展開!

新しいメンズ・トラッドブランドが、本日2017年3月24日(金)に西武渋谷店でデビューします。

このブランドのコンセプトは、「日本人による世界の男性達のための服」。

ISSEY MIYAKEのクリエイティブディレクターを経て独立し、その後もさまざまなブランドのデザインディレクターを歴任してきたファッションデザイナー 滝沢直己氏がデザイン、プロデュースを手掛けます。

展開するアイテムは、ブレザージャケット、ドレスシャツ、ネクタイなど。

靴では、長嶋正樹氏をプロデューサーに迎え、ローファーとプレーントゥの2型を展開します。

「B TOKYO」のローファーとプレーントゥ

ローファーとプレーントゥはいずれもドレスシューズの定番デザインで、グッドイヤーウェルト製法でつくられたものです。

さらに素材にもこだわり、カーフとコードバンのモデルを用意。

そして、ソールにはラバーソールを採用するなど機能性も兼ね備えたモデルです。

経年変化を楽しめそうですね。

もちろん、靴以外のアイテムもこだわり抜いた究極の定番デザイン。

靴だけでなく、各分野のエキスパートとのコラボレーションにより展開される各アイテムにもご注目ください。

2017年3月24日に渋谷西武でデビューする「B TOKYO」のジャケット
日本毛織による素材を使用し、大阪・枚方のトレンザにてつくられるブレザージャケット
細身のシルエットと動きやすさを両立しているドレスシャツ
細身のシルエットと動きやすさを両立しているドレスシャツ
2017年3月24日に渋谷西武でデビューする「B TOKYO」のネクタイ
フェアファックスによりハンドメイドでつくられるネクタイ

[写真・情報出典]PR TIMES

ライン

【速報】ブラスクハウスが新業態へ。シューズ事業の終了に伴う50%offセールを開催中!

貴重なシューズをお手頃価格で手に入れるチャンス!
さらに、バッグ、革小物、ネクタイ、靴下、シューケア用品まで割引対象に。

銀座8丁目のラグジュアリーメンズシューズショップ「ブラスクハウス」が2017年3月をもって新たな業態へと移行する予定です。

これまで、シューズ事業を軸にしたセレクトショップとしての展開をしてきたわけですが、シューズ事業を終了するということで、取り扱いシューズの在庫を一掃するセールを開催しています。

「ブラスクハウス」は、老舗の<ガット>や<シルバノ ランタッツィ>といったハイエンドブランドから、カジュアルなイメージのある日本ブランド<キッズラブゲイト><ヒロシツボウチ>まで独自の視点で逸品を揃えているセレクトショップ。

そのため、ここでしか出会えない貴重なシューズが揃っています。

今回のセールは、そんな世界の逸品を50%offで購入できるチャンスです。

2017年3月16日(木)に、アイレット編集部がブラスクハウスに伺って、取材をさせていただきましたので、写真を中心にレポートいたします。

ちなみに、セール対象となるのは、シューズだけなく、バッグ、革小物、ネクタイ、靴下といったアイテムまで。
新しい春を迎えるにあたって、手持ちのアイテムを新調したいと考えているならば、行かなきゃ損かもしれません!!

そして、革靴LOVERに嬉しいのが、シューケア用品まで割引対象だということ。

ブラスクハウスはアポイント制のため、電話やメールでお問い合わせの上、足を伸ばしてみてくださいね!!

では、セール対象のシューズを割引後の価格(税込)とともにご紹介します。

※掲載価格は取材時にヒアリングした価格です。

01 GATTO

まずは、イタリアの名門<ガット・ローマ>。なかなかお目にかかることができない貴重なブランドです。

<ブラスクハウス>GATTOイメージ01

<ガット・ローマ>各151,200円。

 
<ブラスクハウス>GATTOイメージ02

インソールのロゴがまぶしいです。

<ブラスクハウス>GATTOイメージ0

風格あるシングルモンク。

 

02 Silvano Lattanzi

アイレットでも何度か取材をさせていただいているイタリアの名門<シルバノ ラッタンツィ>。独創的な靴が魅力的です。

<ブラスクハウス>シルバノラッタンツィイメージ

<シルバノ ラッタンツィ>各226,800円。

03 DAMI

カジュアルクロコでお馴染みの<ダーミ>。大人が履くとハマるラグジュアリースニーカーです。

<ブラスクハウス>ダーミイメージ

<ダーミ>各97,200円。

04 Paolo Mariani

伝統的な手法・素材・オールハンドメイドにこだわる<ボッテガ・パオロ・マリアーニ>。

<ブラスクハウス>パオロイメージ

<ボッテガ・パオロ・マリアーニ>各81,000円。

 

05 Norman Vilalta

スペインの注目ブランド<ノルマン・ビラルタ>。イタリア・フィレンツェで靴づくりのプロセスを修めた<ノルマン・ビラルタ>の魅力は、ハンドメイドによる美しいスタイルです。

<ブラスクハウス>ノルマン・ビラルタイメージ01

<ノルマン・ビラルタ>各75,600円。鮮やかなブルーとグリーンのモデルです。

<ブラスクハウス>ノルマン・ビラルタイメージ02

<ノルマン・ビラルタ>各81,000円。 何色と一言で言い表せない複雑なカラーが魅力。

 

06 Genesio Colletti

イタリア・マルケの<ゼネチオ・コレッティ>。エレガントで上品な雰囲気のモデルです。

<ブラスクハウス>ゼネチオ・コレッティイメージ

<ゼネチオ・コレッティ>27,000円(写真:左)。

07 KIDS LOVE GAITE

デザイナーの山本真太郎さんによる<キッズラブゲイト>からは、貴重な2モデル。

<ブラスクハウス>キッズラブゲイトイメージ

<キッズラブゲイト>各50,760円。

 

08 HIROSHI TSUBOUCHI

日本を代表するシューズデザイナー坪内浩さんの<ヒロシツボウチ>。オーストリッチが魅力のレザースニーカー。

<ブラスクハウス>ヒロシツボウチイメージ

<ヒロシツボウチ>各38,880円。

09 PATRICK

フランス生まれのスニーカー<パトリック>。 ハイクオリティなレザーが採用されたモデルはシンプルさが魅力です。

<ブラスクハウス>パトリックイメージ

<パトリック>各25,920円。

 

ご紹介したモデル以外にも逸品あります!
次は靴以外のアイテムをご紹介します。

Serapian Milano

あのフランク シナトラも愛用していたイタリアの名門バッグブランド<セラピアン ミラノ>。 これらも割引対象です。

<ブラスクハウス>セラピアンミラノイメージ01
<ブラスクハウス>セラピアンミラノイメージ02

おすすめは、型押しのPVC素材が採用されたブリーフケース。丈夫でクラス感も備えたバッグです。

<ブラスクハウス>セラピアンミラノイメージ03

傷が目立ちにくく、上品な光沢があるサフィアーノ加工素材の長財布。

 

ARALDI

イタリアの老舗レザーメーカー<アラルディ>のリアルクロコのクラッチバッグ。このバッグが各13万円台に。

<ブラスクハウス>アラルディイメージ
 

STEFANO BIGI

イタリアのタイブランド<ステファノ ビジ>は、なんと各5,400円。大剣が約6cmのナロータイです。これはもう早い者勝ちかも。

<ブラスクハウス>ステファノビジイメージ

SOCCI

イタリア・ミラノのラグジュアリーソックスブランド<ソッチィ>のロングホーズソックスも半額。嬉しい限りですね!

<ブラスクハウス>ソッチィイメージ
 

最後に靴好きにとって嬉しいシューケアアイテムをご紹介。これらのアイテムが割引価格になるのは、とってもレアなことです。
消耗品なので、買いだめするのもありかもしれませんね。

<ブラスクハウス>シューケア用品イメージ

気になる方は、早めのアポイントがおすすめですよ。
また、営業日・営業時間が変更になっていますので、ご注意くださいね。

SHOP DATA

ブラスクハウス

東京都中央区銀座7丁目5-19龍楼閣ビルB1
TEL.03-5537-7050
営業時間: 12:00~19:00
店休日: 土・日曜日 ※3/18(土)は営業
※アポイント制のため、まずはご連絡をお願いします。
URL:www.brusquehouse.com

ライン