2018SSの特別な<エドワードグリーン>にご注目!

<エドワードグリーン>2018年別注モデルメインイメージ

キーワードは「トップドロワー」。
一味違う逸品が目白押し!

4月に突入し、新生活がはじまる季節がやってきました。
この時期に気になり始めるのは、正統派のドレスシューズではないでしょうか。

そこで、いま注目したいのが<エドワードグリーン|Edward Green>の別注モデルです。

エドワードグリーン銀座店、イセタンメンズ、西武池袋本店、リファーレ恵比寿店にお邪魔して<エドワードグリーン>別注モデルをご紹介していただきました。

それでは、写真を中心にご紹介いたします。


エドワードグリーン銀座店2周年記念モデル
「マクミラン|MACMILLAN」

ありそうで、なかったシングルモンクストラップが2周年記念モデルとして登場します。

このモデル「マクミラン」は、先代の社長・故ジョン・フルスティック氏がトップドローワー用にデザインをしたモデルだそう。

端正でキリっとした表情を持つシングルストラップシューズです。
また、アッパーには、キメ細やかなスムースレザーのブラックに加え、すこしグレイがかったスモークスエードのモデルも。

発売は、2018年3月31日(土)から始まっています。

<エドワードグリーン>銀座店2周年記念モデル「マクミラン」イメージ01

<エドワードグリーン>銀座店2周年記念モデル「マクミラン」イメージ02
<エドワードグリーン>銀座店2周年記念モデル「マクミラン」イメージ03
<エドワードグリーン>銀座店2周年記念モデル「マクミラン」イメージ04
<エドワードグリーン>銀座店2周年記念モデル「マクミラン」イメージ05

オーダーのみで発注できる最高級ラインのトップドロワーが既製モデルとして登場
イセタンメンズ別注モデル「FULHAM|フルハム」

<エドワードグリーン>のトップドロワーと言えば、オーダーしなければ手に入れることができない憧れの最高級ライン。
既製での展開がなかったので、敷居が高いものでした。
そんなトップドロワー仕様のモデルが、2018年3月7日(水)よりイセタンメンズ別注として登場しています。

<エドワードグリーン>イセタンメンズ別注モデル「フルハム」イメージ01

トップドロワーのモデルの見どころは、いろいろありますが、なんといってもアウトソールの仕上げの切味はピカイチ。
そして、キメが細かく上質な革が採用されているので、オーラが全然違います。

このモデルに採用されているのは、ややスクエアトゥのラスト♯606。
そして、難易度の高い縫製方法の「スキンステッチ」と<エドワードグリーン>らしい意匠が楽しめる逸品です。

<エドワードグリーン>イセタンメンズ別注モデル「フルハム」イメージ02

<エドワードグリーン>イセタンメンズ別注モデル「フルハム」イメージ03


リファーレだけの限定モデル
「ATTLEE|アテリー」「ASQUITH |アスキス」

リファーレ恵比寿店で拝見させていただいたのは、リファーレだけの特別なモデルです。

何が特別なのかというと、ラスト#808が採用されているということだけでなく、トップドロワーだけに使用されていた薄いレザーソール(L1 レザーソール)が採用されているという点。

ヒールハイトも15mmで仕上げてあるなどリファーレのこだわりが詰まった1足になっています。

<エドワードグリーン>リファーレ別注モデルイメージ01

<エドワードグリーン>リファーレ別注モデルイメージ02
<エドワードグリーン>リファーレ別注モデルイメージ03

上の写真は、「チェルシー|CHELSEA」のソールと比べたものです。薄くなっているのがおわかりになりますよね。
ビスポーク由来のエレガントなドレスシューズです。


西武池袋本店別注は、華やかさとレア度が高い「フルハム」

イセタンメンズ別注モデルとしてご紹介したトップドロワー仕様の「フルハム」。
西武池袋本店では、フルハムの特別な既製モデルを展開しています(※トップドロワー仕様ではありません)
それがこちら。

<エドワードグリーン>西武池袋本店別注モデルイメージ01

<エドワードグリーン>西武池袋本店別注モデルイメージ02

<エドワードグリーン>西武池袋本店別注モデルイメージ03

前回、西武池袋本店別注モデルとしてご紹介した「グラッドストン|Gradstone」に続き、<エドワードグリーン>カラーのインソールを採用したモデルです。

このインソールだけでも気分が上がりますね。

さらに、注目したいのが、ブラウンのモデル。

非常にきめ細やかなグレインレザーが採用されていて、この革は今後展開できないということですので、レア度は格別です。

<エドワードグリーン>西武池袋本店別注モデルイメージ04


今回ご紹介させていただいたいずれのモデルも洗練された<エドワードグリーン>らしい靴です。
ぜひ、それぞれのお店で実物をご覧くださいね。

【実録レポート】新品の靴を履き始める前に必要なプレメンテを考える

プレメンテナンスを考えるメインイメージ

新品の革靴を履き始める前に、みなさん何をしていますか?

実は、革靴を永く履き続けるために大切なのが、履き始める前のメンテナンスやケアなんです。

欲しかった革靴が手に入ったからといって、すぐに履き始めてはいけません!!

大切にしたい革靴だからこそ、これから受けるダメージや汚れを想定して、できるだけの防御策をとっておくことが肝心なんですね。

では、今回アイレット編集部員のブーツを例に、必要なプレメンテを考えていきましょう。

まず、このブーツのソールを見てください。
九分半仕立てでつくられていて、立体的になっています。
そして、半カラス仕上げ。茶と黒の2色で仕上げてある意匠が採用されています。 ゆえに、ソールのケアとして、ヴィンテージスチールやトライアンフスチールか、ハーフラバーを貼るかが、悩みどころでした。 プレメンテナンスイメージ

そこで、いつもお世話になっているリペアショップ「Rifare」の小澤店長に相談して、結局、ヴィンテージスチールの「アンティークゴールド」を採用!

機能面を考えると、ハーフラバーという選択もありかな、なんて思っていましたけれど、明快に靴の雰囲気と合わせたご提案をしていただけたので、迷うことなく決めることができましたね。

さらに、このブーツのアッパー部分はスエードとスムースレザーのコンビになっていて、磨きの難易度が高いので、スエード部分を養生(マスキング)してクリームを入れてくれるプレ磨きもお願いしちゃいました。

この2つのプレメンテを終えて、手元に戻ってきたブーツがこちらです!! じゃーーーん!!! プレメンテ後イメージ

前から見てもソール側から見てもヴィンテージスチールがブーツの雰囲気にマッチしています。

そして、プレ磨きによって、スムース・スエードそれぞれに輝きを取り戻しました。

これで、プレメンテは終了。いよいよ、履きおろしです!!

まとめ:新品で反り返りの悪い靴は、トゥ部分が地面に当たって削れがち。 スチールを入れることで、トゥ部分の摩耗を防ぎましょう。

■店舗紹介■Rifare恵比寿本店

リファーレ恵比寿本店外観

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-7-1-1F
Tel:03-5768-1373 Fax:03-5768-1374 Mail:shop@rifare.jp
営業時間:11:00〜20:00
HP : http://www.rifare.jp/index.html
ACCESS : JR・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅より徒歩5分

リファーレは、さまざまなインポートシューズ、オリジナルシューズの販売をはじめ、店舗に併設した工房で確かな技術力を持った職人が修理を行うユニークなショップ。

靴の修理やメンテナンスだけでなく、足に合う靴選びの秘訣なども気軽に相談できます。