アーティスティックな靴から凄みを感じる<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会、明日(10/4)まで!

伊勢丹新宿店メンズ館にて、豊かな発想力、独創性を感じる
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会を開催

本日、伊勢丹新宿店メンズ館にアイレット編集部がお邪魔してきました。
今回のお目当ては、2015年10月3日(土)・4日(日)の2日間限定で開催されている<シルバノ ラッタンツィ(SILVANO LATTANZI)>ス・ミズーラ会です。

シルバノ ラッタンツィは、なんとわずか9歳で靴職人を目指したといわれるイタリアを代表するアルチザン。1971年にイタリアのマルケで創業し、つねに斬新なデザインを発表しています。

100年以上前から受け継がれてきた高度な技術によって生み出される靴は、アンティーク仕上げのハンドペインティングまですべてハンドメイド。それゆえに、美しさと履きやすさを両立しているわけですが、特筆すべきは完璧を追求していることにあります。「時間と手間をじっくりかけて、価格以上の品質と価値を生み出す」と言われている<シルバノ ラッタンツィ>。その魅力を探るべく、アイレット編集部がス・ミズーラ会を取材したので、ここにレポートさせていただきます。

<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ01
圧巻のデザインサンプル
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ02
匠の技を駆使して一足、一足つくられています
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ03
まさに、アートな工芸品を思わせる靴々
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ04
自然豊かなイタリア・マルケを感じさせるカラーです
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ05
圧倒的な存在感を放つクロコダイルを使ったモデル。トゥシェイプと甲のせり上がりなど、美しいバランスの靴に凄みを感じます
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ06
クラシックからモード、カジュアル、スポーツまでデザインの幅が広い!
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ07
発想力の豊かさを感じられるのも<シルバノ ラッタンツィ>の魅力
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ08
レディースのデザインサンプル。ス・ミズーラ会では、メンズ・レディースともにフルオーダーができます
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ09
圧倒的な美しさと艶っぽさを感じるレディースのピンヒール。インソールにもひと工夫のデザインが◎
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ10
パオロ ラッタンツィ氏が来店。靴選びのアドバイスをしていただけます

今回のス・ミズーラ会では、シルバノ氏の息子であり、デザイナーのパオロ ラッタンツィ氏が来店しています。木型・デザイン・素材など、パオロ氏に相談しながら、ご自分だけの1足をつくりあげるチャンスです。開催は、本日(10/3)と明日(10/4)の2日間ですので、この貴重な機会をお見逃しなく。芸術品と証される<シルバノラッタンツィ>ですから、デザインサンプルを観るだけでも目の保養になりますよ!

<シルバノ ラッタンツィ>ス・ミズーラ会
日程:2015年10月3日(土)・4日(日)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館紳士靴売場
価格:900,000円(税抜)~
納期:仮縫い) 約6ヶ月後
お渡し) 仮縫い・フィッティング
から約4ヶ月後
<シルバノ ラッタンツィ> ス・ミズーラ会イメージ11
バリエーション豊富なスワッチ からお好みの素材を選べます

【取材レポート】イセタンメンズ 2015 AW プレス展示会

2015年秋冬メンズシューズのキーワードは
「ラグジュアリー・コンフォート、エレガント、ミリタリー」。

2015年6月3日(水)・4日(木)に開催された『ISETAN MEN’S AUTUMN & WINTER 2015 PRESS PRESENTATION」にEYELET編集部がお邪魔してきました。

この展示会は、イセタンメンズのバイヤーの皆さんが一押しするアイテムをお披露目してくれるイベント。

もちろん、展示されているのは靴に限りませんが、ここは「革靴?楽部EYELET」として、靴にフォーカスしたレポートをさせていただきます!!

それでは、お待たせいたしました。
EYELET編集部が着目した革靴について、インポートシューズからご紹介します。

Edward Green | エドワードグリーン

今回のプレス展示会で、EYELET編集部が最も気になったのが、<エドワードグリーン>。
1900年代初期の復刻モデルを含むブーツが3つ並んでいました。

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン ブーツイメージ

エドワードグリーンのブーツ。写真左のサイドレースブーツは1908年につくられたモデルの復刻です。

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン サイドレースブーツイメージ サイドレースのブーツは、クラシカルなだけでなく、コンテンポラリーな印象も与えています。
イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン ボアブーツイメージ アーミーブーツはエドワードグリーンの原点。今秋は、ボア付タイプの「NEVIS」が登場します。

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン クォーターブローグイメージ

イセタンメンズ限定カラーをまとったクォーターブローグ。

Crockett & Jones | クロケット&ジョーンズ

イセタンメンズプレス展示会 クロケットジョーンズ スエードとスムースレザーを使ったコンビのフルブローグ。ボルドー、カーキなど深いカラーで厚みを感じます。
イセタンメンズ2015AWプレス展示会 クロケット&ジョーンズイメージ 1910年頃のアーカイブから現代的なアレンジを加えて復刻したモデル。メダリオンが印象的です。

Silvano Lattanzi | シルヴァノラッタンツィ

イセタンメンズプレス展示会 シルバノラッタンジ

クロコダイルを使ったビットローファー。艶やかです。

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 シルバノラッタンツィ ラグジュアリースニーカー カジュアルなスニーカーをラグジュアリーに格上げ。足元にインパクトを与えてくれそうな1足です。
イセタンメンズ2015AWプレス展示会 シルバノラッタンツィ ラグジュアリースニーカー ブルーのスエードをまとったスニーカー。インソールのブルーも美しく、すっきりした印象です。

Santoni | サントーニ

イセタンメンズ2015AWプレス展示会サントーニブーツイメージ 3色のダブルバックルレザーブーツ。サイドジッパーがあるので、着脱がラクラクです。
イセタンメンズ2015AWプレス展示会 サントーニチャッカブーツ ほっそりとしたロングノーズが特徴のスエードチャッカブーツ。

Enzo Bonafe |エンツォボナフェ

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エンツォボナフェショートサイドゴアブーツイメージ ラウンドトゥのショートサイドゴア。シックなカラーのスエードがアッパーに使われています。

F.LLI Giacometti|ジャコメッティ

イセタンメンズプレス展示会 ジャコメッティ エレファントやコードヴァンといった希少な革を使ったマウンテンブーツが登場予定。

Lottusse |ロトゥセ

イセタンメンズプレス展示会 ロトゥセ 2015SSから展開をしているスペインのブランド「ロトゥセ」。

VASS |ヴァーシュ

イセタンメンズプレス展示会 VASS ハンガリーのハンドメイドシューズ。サイドエッジが際立った美しい靴です。

続いて、ドメスティックブランドをご紹介します。

Otsuka |オーツカ

イセタンメンズプレス展示会 Otsuka

1898年創業の老舗創作竹芸品メーカー「公長齋小菅」とコラボレート。サドル部分に竹の編みこみをあしらったローファーです。

H?KATSUKAWA FROM TOKYO

イセタンメンズプレス展示会 H?KATSUKAWA エプロン部分にシャークを使ったブーツ。 ネイビーはイセタンメンズ別注モデルです。

HIROSHI TSUBOUCHI

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン HIROSHI TSUBOUCHIイメージ スニーカーソール新作(写真左はヴィブラムソール)。アッパーの革にはマットな質感の加工がされています

NEWS!

イセタンメンズプレス展示会 JAPAN 靴万博2015

「JAPAN 靴博2015」開催

日本中の靴の担い手たちがイセタンメンズに集結する『JAPAN 靴博 2015』。”革靴と人類の進歩のために”をサブテーマに、改めて革靴のあり方を模索しながら、革靴の生産技術と創造性を見直し、未来における人類と革靴のあるべき姿を創造する、という壮大な目的のもとに開催されるイベントだそう。 2015年10月28日から開催予定です。


「UKカルチャー」 UKのカジュアルシューズをフューチャーするプロモーション。

George Cox |ジョージコックス

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン ジョージコックスイメージ なんと、ジョージコックスが登場します。ハードで、パンキッシュな香りがたまりません!

Dr.Martin |ドクターマーチン

イセタンメンズ2015AWプレス展示会 エドワードグリーン ドクターマーチンイメージ ジョージコックス同様に、ドクターマーチンも展開。ロック・パンクの定番シューズは、履き心地の良さも魅力の一つ。

駆け足でご紹介してまいりましたが、いかがでしたか。
個人的には、自然の風景を想起させるワイン、カーキ、ネイビーなど、少しグレイッシュで深みのあるカラー展開が印象的でした。

まだ梅雨に入ったばかりで、秋はまだまだ先ですが、豊潤なカラーをまとった革靴で売場が彩られる季節を待ちきれません!!