シックで重厚感のある<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場!

人気を集めるスニーカー「LEVAH」にミュージアムカーフを採用したモデルが登場。
レアなネイビー・プラムミュージアムカーフ×ブラックラバーソールモデルにご注目。

2015年秋冬にリリースされ、話題を集めた<ジョンロブ>のスニーカー「LEVAH(レヴァー)」。
スーツにコーディネートできるスニーカーとして、一躍人気モデルとなりました。

リリース以来、定番カラーに加え、シーズンカラーをバリエーション展開。

また、昨年からパーソナルオーダーサービス「バイリクエスト」でのオーダーの受付をはじめています。

「レヴァー」は、シンプルなテニスシューズがオリジナルというだけあって、どんなカラーや素材でもマッチする懐の深さがあるデザインということですかね。

それぞれのモデルを見ると、異なった魅力を放っているように感じます。

そして、今年、新鮮な印象の「レヴァー」が西武池袋本店に登場!

早速、紳士靴売場に足を運び、お話を聞いてまいりました。

ブラウン・ネイビー・プラムと3つのミュージアムカーフを採用した「レヴァー」。
ネイビー・プラム×ブラックラバーソールは西武池袋本店だけのモデル展開!

今回お目見えしたのは、ブラウン・ネイビー・プラムという3色のミュージアムカーフを纏ったモデル。

これまでの「レヴァー」のモデルは、どちらかというとスポーティー寄りのイメージだったのに比べ、これら3モデルは圧倒的に重厚感があり、エレガントなモデルになっています。

<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場 3つのミュージアムカーフモデル
ミュージアムカーフならではのムラ感が魅力的。ブラックラバーソールと相まって、重厚感のあるスニーカーになっています。

しかも、ネイビーとプラムニュージアムにブラックラバーソールを組み合わせたモデルは西武池袋本店だけの展開です。

バイリクエストでもブラックラバーソールでのオーダーができないそうで、この組み合わせは今後手に入れられない可能性があるレアなものと伺いました。

<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場 西武池袋本店限定モデル
西武池袋本店限定となるプラムとネイビーのミュージアムカーフ×ブラックラバーソールモデル。際立って端正な表情のあるスニーカーです。

ネイビーのミュージアムカーフモデルと定番モデルを比較してみましょう。

<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場 定番モデルとの比較
ソールカラーの違いだけでもだいぶ印象が違います。

ラバーソールの色の違いだけでなく、定番モデルはスエードとスムースのコンビになっていたり、タン部分の色が切り替わっていて、よりカジュアルな仕様になっているのがわかります。

これに対して、ミュージアムカーフのモデルは、かなりドレス寄り。

本格革靴同様に、長い期間をかけて愛でながら、育てる愉しみを味わえるモデルなのではないでしょうか。

<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場 ネイビーミュージアムカーフモデル
スーツに違和感なく馴染むミュージアムカーフモデル。
<ジョンロブ>LEVAHが西武池袋本店に登場 ネイビー定番モデルイメージ
異素材使いで立体的かつカジュアルな定番モデル。

9/22(金)~26(火)の期間には、追加チャージなしで、お好みの1足をオーダーできる<レヴァー>のバイリクエストフェアもあります。

なので、お好みの1足をオーダーするもよし、レアなミュージアムカーフ×ブラックラバーソールモデルを手に入れるもよし。

いずれにしても、この機会をお見逃しなく!

【SHOES DATA】
<John Lobb|ジョン ロブ>
model:LEVAH(レヴァー)
size:6.0-8.0
color:Brown・Navy・Plum
price:110,000(税抜)

【EVENT DATA】
西武池袋本店「LEVAH|レヴァー」バイリクエストフェア
開催日程:9/22(金)~26(火)

※取材日は、2017年9月2日(土)です。詳しくは、西武池袋本店5階紳士靴売場へお問い合わせください。


<コルテ>初のスニーカー「’90」をはじめ、新作モデルを発表!

<コルテ>新作スニーカーご紹介記事メインイメージ

スマートカジュアルを足元から格上げできる<コルテ>初のスニーカー「’90」は、<コルテ>らしい遊び心とディテールがいっぱい。
今回の新作は、リラックスした雰囲気が印象的なラインナップ

フランスの高級靴ブランド、メゾン コルテの新作を紹介する展示会が2017年3月7日(火)に開催されました。
今回の展示会では、<コルテ>初のスニーカーコレクションがお目見え。
このコレクションは、<コルテ>がスニーカーを手掛けただけあって、履くだけで気分があがりそうな逸品です。

それでは、新作モデルをご紹介しましょう!

Collection.1
創業年の1990から名づけられた
<コルテ>初のスニーカー「’90」

<コルテ>待望のスニーカーは、レースステイ部分のデザインが目を惹くモデルです。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ01
2アイレットのレースステイにご注目。この形は、みたことがあるはずですね。
<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ02
履いていると見えない部分にも遊び心を感じさせるデザインのラバーソール。

レースステイの革が1枚ずつ切り替えられているのがおわかりいただけますでしょうか。
これにより、履いた時のフィット感を高めているそうです。

そして、上の写真をよーくご覧になってください。
勘が良い方はすでにお気づきかもしれませんが、履き口の2アイレットになっているレースステイ部分は、「コルテ-アルカ」のデザインを踏襲しています。
そして、ラバーソールを見てみると、石畳を模したデザインになっています。

<コルテ>初のスニーカーコレクション「'90」イメージ03

さらに、注目したいのが、レースステイ下です。
この位置にさりげなくコルテスターが埋め込まれています。

カジュアルな中にも上品さが備わっていますので、昨今のスマートカジュアルスタイルにぴったりですね。

カラーバリエーションは8種類。価格は、97,000円(税抜)から。
2017年9月からの展開予定です。

トップへ戻る

Collection.2
<コルテ>初のマッケイ製法でつくられたモデル
「CANNES(カンヌ)」

次にご紹介するのは、すでに展開中のモデル「カンヌ」です。
この「カンヌ」は<コルテ>初となるマッケイ製法でつくりあげられたモデル。
昼はビーチで、夜はバーのテラスでと過ごすコート・ダジュールの1日のどんなシーンにもマッチするイメージのスリッポンになっています。
要は、リラックス感がありながらも、リュクスな雰囲気を兼ね備えているスマートハイブリッドシューズということですね。
リゾートカジュアルにもドレスアップにもマッチします。

<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ01
色鮮やかなカラーが目を惹くスリッポン「カンヌ」。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ02
素材やカラーによって異なる雰囲気に。
<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ03
金具のビットはCorthay(コルテ)の「C」を模っています

<コルテ>初のマッケイ製法スリッポン「カンヌ」イメージ04
カンヌのアウトソールはラバー仕様。水に強く、機能的ですね。

マルチにコーディネートできるスマートハイブリッドスリッポンの「カンヌ」は旅行先で活躍すること請け合いです。
今年のレジャーシーズンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

そして、今回発表された新素材をご紹介します。
こちらのメタリックゴールドカーフです。
下の写真のように「コルテ-アルカ」にこの素材を使ってみると、新鮮な表情になっていますよね。

<コルテ>新素材となるメタリックゴールド
ほど良いメタリック感で、足元だけ浮きにくいゴールドです。

最後に早くもスキーシーズンが待ち遠しくなるモデルをご紹介します。
ポニースキンなどが使われていて、いずれも温かみを感じるリッチな靴々です。

<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ01
レースアップブーツにスリッポンが冬仕様に。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ02
アイレット編集部イチオシのモデル。
上品なグレーが雪山に映えそう。
<コルテ>リゾートシーズンを盛り上げる新作イメージ03
バランス感覚が絶妙なレースアップブーツ。タウン使いをしても目を惹きそうです。

これらのシューズを拝見し、『LEON 2017年3月号』での「モテるスキーが帰ってきた!」特集を思い出しました。
ヨーロッパでは、夏はリビエラ、冬はスイスというのがバカンスの王道だそう。
今回の展示会では、まさに優雅なバカンスにふさわしいアイテムを拝見させていただきました。

ライフスタイルに彩りを添えてくれる<コルテ>の新作にご注目ください!

お問合せ:メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060

オシャレ偏差値が上がる大人のスニーカー特集

2015年春夏のトレンド スタイリッシュなスニーカーで大人度アップ!

2月も中盤を迎えて、春らしい日差しが注ぐ日が多くなってきました。 また、デパートなどでも、春物が目につくようになってきましたね。 2015年春夏のファッショントレンドキーワードは「デニム」「レイヤード(重ね着)」「スポーティ」「70年代」。 そして、メンズコレクションで多くみられた靴はというと、白スニーカーなんですって!! さらに、トレンドカラーについて言及しておくと、「ブルー」。 ということで、ファッション誌では、こんな風に「カモン、ネイビー!」「スニーカー最強」などと表紙で言っているわけですね。

EYELET の「イセタンメンズ2015SSレポート」でもご報告しています通り、最近はビジネスとカジュアルの垣根が崩れつつあり、カジュアルシューズの発掘に力を入れている現状があります。 そこで、EYELETとしては、アッパーに革を取り入れている、または履き心地がドレスシューズに近いなど、大人の男性に履いてもらいたいスニーカーをご紹介させていただくことにしました!! スニーカーと言うと、カジュアルの象徴で、若い人の靴だと思っている方もいらっしゃいますよね。 確かに、若い方が似合うスニーカーもある一方で、大人にしか似合わないスニーカーというのも存在します。 また、最近のビジネスシーンでいうと、職場でもスニーカーを履けるクールビズが浸透してきました。 ぜひ、今年はスニーカーを取り入れて、大人の余裕ある足元を演出してみませんか。

大人カジュアルの幅を広げてくれる5ブランド

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)

フィリップモデルは、イタリア発の高級レザースニーカーブランド。 イタリアのヴェニス近郊の町で、一足一足職人による手作業でつくられています。 そのため、高級なドレスシューズのように吸いつくような履き心地なんですね。 フィリップモデルは、日本にデビューすると瞬く間に人気を獲得しました。 そして、今年の1月末には阪急メンズ大阪、2月初旬にはイセタンメンズという東西のオサレメンズの聖地で常設されることになったのです。 フィリップモデルの特徴は、前述した履き心地に加え、異素材をミックスしていて、スタイリッシュなところ。 フラワーや千鳥格子柄がプリントされたレザーを使っていたり、キラキラ素材を使っていたり、もう、それはそれは凝ったつくりで。 さらに、フィリップモデルが大人に向いている理由としては、履くと清潔感があるように感じるから。 中敷きは取り出せるようになっていますし、実際に清潔に履けるからですかね。

フィリップモデルのおすすめ4モデル

フィリップモデル ローカットベージュ
赤がポイントのシンプルなベージュのスニーカー
フィリップモデル ローカット白スニーカー
履き口に千鳥格子柄のレザーが使われた白スニーカー
フィリップモデルローカットモデル(グリーン)
エンブレムが際立つ2015SSモデル。踵部分の素材はキラキラになっています
フィリップモデル_ローカット
グレーとホワイトのベースのモデル。タンと踵部分には千鳥格子柄が使われています

ロトゥーセ(LOTTUSSE)

ロトゥーセは、この春、イセタンメンズにデビューしたスペインのブランド。 イセタンメンズへのデビューは今年ですが、創設は1877年と古く、ヨーロッパでは高い知名度と人気を獲得しています。 ロトゥーセの特徴は、都会的でコーディネートしやすく、スマートでカジュアルなコレクションにあります。 スペインの靴は、どちらかというとイタリア的なスマートさの中に朴訥とした雰囲気が漂うものが多いですよね。 ロトゥーセも、スマートなフォルムでありながら、少し土の色が混じったような自然に近い色合いの靴を作っていたりと、スマートなだけでない魅力のあるブランドです。

ロトゥーセのおすすめ2モデル

ロトゥーセのゴルフシューズ
コンビのゴルフシューズ。今年のトレンドであるネイビーを使っています
写真出典:ロトゥーセ公式HP
ロトゥーセのスニーカー
こちらもトレンドカラーのブルーを使ったシューズ
写真出典:ロトゥーセ公式HP

サントーニ(Santoni)

サントーニは、イタリアのブランドです。 1977年創業と、革靴ブランドとしてはまだまだ後発組なのですけれど、独創的なデザインやフレキシブルな製法で、世界的な評価を受けています。 サントーニの一番の特徴は、ハンドペインティング。 イタリア靴に多い意匠として、パティーヌがありますね。 これが得意なのがサントーニ。 要は雰囲気のある革靴づくりが得意なんです。 そんなサントーニは、大人しか似合わないスニーカーを毎年リリースしています。 スニーカーというと、どちらかというと爽やかなイメージのものが多いのですけれど、サントーニのスニーカーにはハンドペインティングを愉しめる奥深いものもありますよ。

サントーニのおすすめ4モデル

サントーニのレザースニーカー
アッパーに使われている革にはムラ感があり、ネット調になっています
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニのレザーレースアップシューズ
リッチで深い味わいのあるダークブラウンのレザーレースアップシューズ
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニコンビスニーカー
スカイブルーのファブリックとスエードを使ったコンビスニーカー
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニのスエードローカットスニーカー
明るい色を使ったマルチカラーのスエードスニーカー
写真出典:サントーニ公式HP

コールハーン(COLE HAAN)

コールハーンは、アメリカのブランドです。 そして、2013年までナイキの傘下にいました。 だから、スニーカーは得意なブランドなんです。 革靴にもナイキのテクノロジーでもある「ナイキエア」を搭載していましたし、革靴とスニーカーを融合した「ルナグランド」というモデルを生み出し、爆発的なヒットとなりました。 ナイキの傘下を離れた今も、革靴とスニーカーの融合を進化させています。 その特徴的なモデルが「ゼログランド」。 「ルナグランド」は、まるで月を歩いているように軽いことから名づけられていました。 そして「ゼログランド」は、コールハーン史上最高に軽いモデルです。 その重量は約290g(モデルによって重量は異なります)。 もう、本当に軽くて、歩きやすいんですよー。 でも、アッパーだけ見ると、革靴の顔をしているから不思議な靴ですよね。

コールハーンのおすすめ4モデル

コールハーン「ゼログランド」のチャッカブーツ
ゼログランドのグレン カップソール チャッカブーツ。ソール部分に溝があるので、屈折性が抜群です
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーン「ゼログランド」ゼログランド ウィング オックス
ゼログランド ウィング オックス。素材やパンチングなどで軽さを実現しています
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーンの「ルナグランド」
ルナグランド ロング ウィング。オーストリッチプリントが施されていて、ラグジャリーな雰囲気
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーンのスニーカー
オーウェン スポーツ オックス。パーフォレーションレザーとスエードのコンビで履き心地の良いスニーカーです
写真出典:コールハーン公式HP

シルバノ・ラッタンジ(Silvano Lattanzi)

シルバノ・ラッタンジは、イタリアのブランド。 しかも、イタリア最高級のブランドであり、シルバノ・ラッタンジご本人は天才、神と言われることもあるようです。 そのラッタンジが作る靴は、靴のロールス・ロイスなんて言われることも。 とにかく、足入れが良いのが特徴で、レディーメイド(既成)でも軽く20万円オーバーで、オーダーなら100万円オーバーと、高嶺の花なブランドですね。 そんなランタッジからもスニーカーがリリースされています。 EYELETはイセタンメンズ2015ss展示会で、それらを見てきましたー。 エキゾチックレザーを使ったモデルもあり、ランタッジにしては手に入れやすい価格設定でしたよ。

シルバノ・ラッタンジのおすすめ2モデル

シルバノ・ラッタンジ エキゾチックレザー
エキゾチックレザーが使われたラグジャリーな逸品
シルバノ・ラッタンジのスニーカー
写真の左から2足目・3足目がランタッジのスニーカー。非常に落ち着いた色味が特徴です

いかがでしたか?EYELETがおすすめする大人のためのスニーカー特集。 EYELET読者のみなさまには、デザイン性が高すぎるものやチープなものはおすすめできませんので、あくまで大人にしか似合わない、オシャレ偏差値が高くなるという目線で選んでみました。 ぜひ、気になったスニーカーがあったら、取り入れてみてくださいね!!