【取材レポート】トレーディングポスト2016SS展示会

2016年春夏は「COOL STRUT~格好つけて歩こう」がキーワード。 カラーバリエーションにも注目!

2015年11月中旬に、革靴のセレクトショップ「トレーディングポスト」が2016 SPRING & SUMMER SHOES COLLECTION展示会を行いました。 2015AWに引き続き、アイレット編集部が展示会にお邪魔して、お話しを聞いてきましたので、ここにレポートさせていただきます。
今回の主テーマは、「COOL STRUT」。
ちょっと気取って、街を闊歩するというイメージで、格好良く歩けるアイテムが目白押しです。
そして、ファッションと靴とのコーディネートをより重視して、靴のカラーバリエーションを揃えています。しかも、今年は、スムースレザーでのカラーを豊富に展開していますので、スエードと比べてパキッとした印象になっていて、経年変化も愉しめるのが特徴ですね。
さらに、スポーティーでアクティブなアイテムもトレーディングポストならではのフィルターで上品なラインナップを揃えています。

では、お待たせいたしました。
まずは、<クロケット&ジョーンズ>からレポートします!

クロケット&ジョーンズ Crockett & Jones

2015年10月に実施された<クロケット&ジョーンズ>キャラバンに引き続き、’16SSもキャラバンを開催する予定です。今回は、春夏らしいアイテムのローファー「ハーバード2(HARVARD 2)」と人気のグルカサンダル「フィッシャーマン(FISHERMAN)」を圧倒的なスケールで展開。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ01
カラーで遊べる軽快な春夏のマストアイテムです

さらに注目は<クロケット&ジョーンズ>の新色「ブルーバーニッシュ」を纏ったモデルに加え、363ラストを採用し、さらに洗練されたタッセルローファーです。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ02クロケット&ジョーンズ
新色「ブルーバーニッシュ」を纏った2モデル
<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ03クロケット&ジョーンズ
すっきりとシャープな印象のラウンドトゥ

また、2015年12月に発売を開始したレディースの展開もあります!
今回、展示されていた靴がジャストマイサイズだったため、’16SS展開のレディースローファー2モデルを試し履きさせていただきました。
実際に履いてみると、踵部分が深くて、抜けにくく、本格革靴ならではのしっかりと足が包まれている感覚で、歩きやすかったです。そして、フォルムはすっきりとスマートな印象のため、このローファーも’16SSのテーマ通りに格好良く、ガンガン歩けるアイテムだなと感じました。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ04クロケット&ジョーンズレディース
ローファーの2つがレディースモデル。左のローファーはアンライニング仕様で軽快です

次は、トレーディングポストで新たに展開する3ブランドをご紹介します。

バーカー・ブラック Barker Black

<バーカー・ブラック>は、イギリスの老舗紳士靴ブランド<バーカー(BARKER)>とアメリカ人デザイナーのミラー兄弟がタッグを組み、2005年にニューヨークで創業されたブランド。ミラー兄弟はトムブラウンやラルフローレンでそれぞれ経験を積んできたため、伝統的なバーカーの靴づくりに、モダンなアメリカントラッドのエッセンスが加わり、デザイン性の高い靴を展開しているのが特徴です。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ05バーカーブラック
クロス状のストラップが特徴です。斬新なデザインに注目

ストール・マンテラッシ Sutor Mantellassi

知る人ぞ知る、イタリアの名門ブランド<ストール・マンテラッシ>。1912年に、イタリアのトスカーナ州フィレンツェで創業されたブランドです。創業から100年以上の歴史を刻んできたなかで、20世紀のイタリアを代表する俳優・マルチェロ・マストロヤンニなど、稀代の伊達男たちの足元を飾ってきました。
実は、トレーディングポストで<ストール・マンテラッシ>を展開するのは16年ぶりだそう。新たな展開に期待です。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ06ストールマンテラッシ
<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ07ストールマンテラッシ

<ストール・マンテラッシ>ならではのスクエアトゥ、健在です

エシュン Heschung

最後は、フランスのブランド<エシュン>です。<エシュン>は、1934年にフランス北部のアルザス地方で創業した老舗シューズブランド。創業当初は、本格的なノルウィージャン・ウェルテッド製法とグットイヤー製法によりスキーヤー向けのシューズなどをつくってきましたが、現在では、脈々と受け継がれてきたクラフツマンシップをベースに現代的なデザインを加味し、堅牢な靴をつくりあげています。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ08エシュン
トレーディングポストでは、高品質かつ上品なスニーカーを展開

さらに、トレーディングポストでお馴染みのブランドを一挙にご紹介します。

カルミナ Carmina

’16SS<カルミナ>のポイントは、カラーバリエーション。色とりどりのUチップが登場します。パキッとしたカラーが印象的です。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ09カルミナ
トラッドなアイテムでカラーバリエーションを揃えると、ファッションとの相性もアップ

トリッカーズ Tricker’s

ショートモンキーブーツを別注。通常だと重量感を感じるモンキーブーツでも、ホワイトを使って軽やか、かつスポーティーな印象で、スニーカーライクな1足です。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ10トリッカーズ
重厚なトリッカーズをスニーカーライクにアレンジ。

ガジアーノ&ガーリング Gaziano & Girling

‘15AWから取扱いがはじまった<ガジアーノ&ガーリング>の’16SS展開は、シングルモンクとストレートチップ。このブランドらしいビスポークのエッセンスを取り入れた端正な1足になっています。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ11ガジアーノ&ガーリング
スマートな印象を与えるラウンドトゥのシングルモンク

ユニオンインペリアル Union Imperiar

ハンドソーンウェルテッド製法による靴づくりに定評がある<ユニオンインペリアル>からは、グッドイヤーウェルテッド製法による新シリーズの展開が始まります。
日本人の足型を研究してつくり上げてきた木型をさらに進化させ、履き口を狭くしてフィット感を高めるだけでなく、踵の形状を工夫しています。それにより、足を包み込むような感覚となり、履き心地がアップしました。

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ12ユニオンインペリアル
アウトソールにラバーを採用するなど実用性も重視

NEWS!

新ブランドお披露目キャラバン!

<トレーディングポスト>2016SSプレス展示会イメージ新ブランド

‘16SSから新たに展開するブランドを紹介するキャラバンを開催。 2016年1月18日(月)~31日(日)までは青山本店、神戸店にて展開し、2月6日(土)から全国各店舗を巡回する予定です。

2016SSの<トレーディングポスト>はカラーバリエーションが豊富で靴選びが楽しくなりそうですよね。さらに、新しいブランド展開にも期待大。まずは、新ブランドお披露目キャラバンを待ちましょう!

[お問い合わせ] http://tradingpost.jp/

トレーディングポストで<ガジアーノ&ガーリング>取り扱い開始!

クラッシックかつモダン、そして端正な<ガジアーノ&ガーリング>を トレーディングポストホワイトレーベル銀座店を主軸に展開

2015年10月1日(木)からトレーディングポストで、<ガジアーノ&ガーリング>の取り扱いがはじまっています。アイレット編集部が早速見てまいりました。今回は、展開を開始したモデルについて、写真メインでレポートをさせていただきます。

<ガジアーノ&ガーリング>は2006年創業の新鋭ブランドですが、エドワードグリーンのモデリスト兼ビスポーク責任者として経験を重ねたトニー・ガジアーノ氏と、ジョージクレバリーやジョンロブロンドンのビスポークを手掛けてきたディーン・ガーリング氏の2人が生み出す靴はビスポークのエッセンスが随所に取り込まれていて、革靴好きから熱い支持を集めています。

まず、非常に<ガジアーノ&ガーリング>らしい1足をピックアップ。
トゥの部分にご注目ください。このつま先の意匠は「ダイヤモンドトゥキャップ」と呼ばれるものです。この意匠は、19世紀末に流行したデザイン。エレガントで、控えめさがあり、とても上品な靴になっています。

<ガジアーノ&ガーリング>イメージ01
額に入れて飾られていた<ガジアーノ&ガーリング>のポスター。この靴、まるで絵のように見えませんか!?
<ガジアーノ&ガーリング>イメージ02
ポスターに採用されているこちらの靴は、オックスフォードの「Savoy(サボイ)」です。アンティーク風のカラーが味わいを深めています。

次は、<ガジアーノ&ガーリング>のアイコンモデル、「Antibes(アンティーブス)」。

<ガジアーノ&ガーリング>イメージ03
英国靴でありながら、モダンさとエレガントさが漂うバタフライローファー、アンティーブス。美しいステッチワークを楽しめる名作です。

そして、上品顔のオックスフォードです。

<ガジアーノ&ガーリング>イメージ04
シンプルでエレガントなホールカット「Westbury(ウエストバーリー)」。レースステイ脇の部分はスキンステッチで立体的になっています。
<ガジアーノ&ガーリング>イメージ05
スーツにバシッとキメたいパンチドキャップトゥ「St Ives(セントアイヴス)」です。スワンネックステッチが施され、華やかさのある1足です。

最後は、エラスティックシューズです。

<ガジアーノ&ガーリング>イメージ06
非常にシンプルでありながら、存在感のあるサイドエラスティック「Tatton(タットン)」。革の良さが引き立ちます。
<ガジアーノ&ガーリング>イメージ06
こちらは、サイドゴアブーツ「Montand2(モンタン2)」。トゥには、メダリオンが施されています。

世界で最も名靴が揃う街と言われている東京でも、<ガジアーノ&ガーリング>をこれだけの規模で揃える店舗はなかったので、靴好きにとって選択肢の幅が広がり、嬉しい限りです。
トレーディングポストでは、ホワイトレーベル銀座店を主軸に、青山本店、銀座店、名古屋店、大阪店、神戸店、福岡店での取り扱いがはじまっています。 ぜひ、<ガジアーノ&ガーリング>の魅力に触れてみてくださいね。

[お問い合わせ] http://tradingpost.jp/

【取材レポート】Trading Post 30thモデル発表会に行ってきました!

今年30周年を迎えた革靴のセレクトショップ「トレーディングポスト」。

これを記念して、記念モデルの発表会が2014年9月24日(水)に 新宿の小笠原伯爵邸で行われました。 そのイベントにEYELET編集部もお招きいただきましたので、ここに30周年モデルについてレポートさせていただきます! 30周年モデルディスプレイ 会場に入って、すぐの部屋で、いきなり30周年モデルを発見! 多数のモデルがあるとは聞いていましたが、これだけあるとは、いきなりビックリです……。 気持ちを取り戻して、トレーディングポストを運営している株式会社ライフギアコーポレーションの「一靴入魂」の気持ちで、こちらも一足一足拝見させていただきました。  

では、早速、トレーディングポスト30周年モデルを一部ご紹介します!

ANTONIO MAURIZI
ANTONIO MAURIZI LUIS13
Tricker's m7346HS
Tricker’s M6973
Crockett & Jones
Crocket & Jones AUDLEY 6140

CARMINA
CARMINA 80406
ALMAS
Trading Post by ALMAS 1431
STOKTON
STOKTON 411211

なんと、Crockett & Jones(クロケットジョーンズ)のAUDLEY(オードリー)は、コードヴァンですし、Tricker’s(トリッカーズ)のM6973は、レアなクレージーパターンでレディースもあります!

そして、EYELET編集部が特に注目したのは、次の2足。 Soffice & Solid 「Soffice & Solid」 このサイドレースは、とても貴重な1足です。 というのも、ホールカットで、継ぎ目がありません! それゆえに、高貴な雰囲気が漂っています。 作るのがとても難しくて、メーカーの方もこれ以上作りたくないとのこと(笑)。

30周年モデルの刻印
インソールには、30周年記念モデルの刻印入り。
本当に、超貴重なモデルです。 価格:149,040円

CARMINA 1457 「CARMINA 1457」 観ているだけで、色気を感じる女性らしい1足。 それもそのはず、フラメンコダンサーの靴をモディファイした特別モデルだそう。 発表会の当日に、ジャズシンガーのAkikoさんによるJAZZライブがありまして、Akikoさんがこの靴を履いていました。 大人の女性に似合う靴ですね。 価格:66,960円

  そして、30周年モデルは、靴だけではありません。 R&Dのエプロンとタイムボイジャー 例えば、シューケア用品を展開するR&D社のレザーエプロン。 オレンジやレッドと、カラー展開が豊富です。 そして、ケースメーカー「タイムボイジャー」と共同開発したメンテナンスボックスとトローリーケースはユニオンジャックが印象的。

トレーディングポスト各店舗での30周年記念モデルの展開は、10月以降の予定です。 詳しくはトレーディングポストHPでご確認ください。 ちなみに、発表会当日は、出版関係やライター、スタイリスト、メーカーの方々など、靴には一家言のある強者ばかりが集い、30周年モデルを肴に熱いトークが交わされました。 いやー、本当に革靴の世界は深いです。とても勉強になりました。 【お問い合わせ先】 トレーディングポスト URL:http://tradingpost.jp/

【取材レポート】Trading Post ORIGINAL パターンオーダーの魅力に迫る!!

2014年11月16日(日)にトレーディングポスト銀座店にて行われた「トレーディングポスト・オリジナルトランクショー」へお邪魔してきました。 EYELET編集部が伺ったのは、開店直後のAM11:30。 この時間なら、ゆっくり取材ができるだろうなんて、高を括っていたら、大間違いでした!! 見る見るうちに、店内は人でいっぱい。オーダーする方々の熱気と気合で溢れかえっていましたよ。

とっても人気の高い「トレーディングポスト・オリジナルトランクショー」。 その魅力に迫るべく、トレーディングポスト・オリジナルのパターンオーダーでできることを詳細にレポートします。

木型をセレクトできる

どちらの木型にも、高級インポートシューズを扱ってきた豊富な経験と、日本人の足形を熟知しているトレーディングポストのノウハウがつまっています。

十数足から選べるデザイン 選べるデザイン セミブローグとダブルモンクストラップ 選べるデザイン ホールカットとチャッカブーツ ご紹介したのは、ほんの一部のデザインです。このほかにもフルブローグやUチップなど人気のデザインが多数あります。 ※Uチップは、ラウンドトゥのみのオーダーとなります。 レザー&カラーを選択 アッパーの素材と色の選択は、パターンオーダーで最も迷う工程です。 迷ったら、どんなシチュエーションで履く靴が欲しいのかといったオーダーする目的を改めて思い出してください。 ビジネスで使いたいなら、ブラックやダークブラウンなど濃いカラーを選びましょう。 カジュアル使いも視野に入れるなら、ライトブラウンやグレインレザー(型押しの革)を選んでもいいですね。 それでも、迷ったら、専門知識豊富なスタッフの方に相談するのが一番ですよ。 グッドイヤーやマッケイ、ハンドソーンなどの製法や底材をセレクト 機能性、実用性を充実させるためにも、特によく考えて選択したいのが、製法と底材です。 例えば、製法で説明すると、グッドイヤーを選べば、最初のうち履き口は固いものの、丈夫で長持ちしますし、繰り返しソールを交換することができます。これに対して、マッケイは、グッドイヤーよりも軽い履き口で、足に馴染みやすいですが、繰り返しソールを交換することができません。それぞれの特徴を踏まえた上で選択してくださいね。 選べるオプション かなり細かく指定ができるオプションが用意されていますね。 トゥにスカルノ・メダリオンが入っていると、かなりインパクトが強くなりますし、カラービーディングを選べば履き口に彩りを添えてくれます。 それにしても、「E」部分のミシン糸の色まで選べるとは……、驚きです。 トランクショー期間中の特典がいっぱい なかなか見逃せない特典がいっぱいですね。 ライン

最後に、トレーディングポスト銀座店・小沼店長に「トレーディングポスト・オリジナル」のパターンオーダーの魅力について伺いました。

お好み・スタイルに合わせた高品位な靴を リーズナブルな価格でお求めいただけます。 また、ご納品まであまりお待たせしないのも強みです。 トレーディングポスト銀座店店長 「トレーディングポスト・オリジナル」は高品質でありながらも、本当に必要なものだけを追求しリーズナブルな価格で提供している人気の高いコレクションです。 ベーシックなデザインはとても使い勝手が良く、リピートされるお客様が多いのも特徴だと思います。 パターンオーダー会では、日頃「トレーディングポスト・オリジナル」をお履きいただいているお客様から、さらにご自分のスタイルに合わせた仕様でご注文していただくことが多いです。 例えば、既成にはないようなカラーでオーダーいただくこともありますし、オーダー会のみ承ることができる特別な仕様でこだわりの1足を作られる方もいらっしゃいます。 そして、「トレーディングポスト・オリジナル」の魅力のひとつは、日本製ということです。日本でつくっているため、ご納品まで30~40日と他のパターンオーダーと比べてあまりお待たせしませんし、非常に丁寧に仕上げられています。このパターンオーダーのシステムを利用して、既成よりも上質な革や仕様をお選びいただければ、欧米の一流品と比べても遜色の無い美しい靴をリーズナブルな価格で提供できると自負しています。

【Trading Post ORIGINAL パターンオーダー詳細】
選択モデル トレーディングポスト・オリジナル
木型 各モデルに準じます ※木型の調整はできません
素材/カラー イタリアンカーフ、国産※アップチャージなし ANNONAY社:+¥14,040?
底材 シングルレザー、ラバー(ヴィブラム社製)※アップチャージなし ダブルレザー、ハーフミッドレザー:+¥1,080?
オプション メダリオン追加+¥3,240? [トランクショー期間中限定オプション] カラーハト目、スカル・メダリオン、アザミ・メダリオン、カラー・ビーディング、タッセル付靴ひも、カラーループ  ※いずれも有料オプション
納期 約30~40日(ハンドソーンは工場の混雑具合により異なる)
価格 既成品価格+10% ※トランクショー開催期間中は、アップチャージなし

※仕様については変更となる場合がありますので、詳しくはトレーディングポストHPでご確認ください。

【お問い合わせ先】 トレーディングポスト URL:http://tradingpost.jp/

【取材レポート】トレーディングポスト2015AW展示会

2015年秋冬は「LOOK SHARP」をキーワードに主軸を展開
「<クロケット&ジョーンズ>キャラバン」など見逃せないイベントも!

2015年5月7日(木)・8日(金)に、革靴のセレクトショップ「トレーディングポスト」が2015 AUTUMN & WINTER SHOES COLLECTION展示会を行いました。
EYELET編集部がお邪魔して、お話しを聞いてきましたので、ここにレポートさせていただきます。
今回の主テーマは、「LOOK SHARP」。
とてもシャープでクールな雰囲気を纏うドレスシューズが揃っていました。
そして、もう一方テーマは、カジュアル。 大きくわけて2つのテーマでドドーんと展開されます。

さらに、<クロケット&ジョーンズ>キャラバンや<ガジアーノ&ガーリング>の展開を本格開始などニュースも盛りだくさんです。 では、ドレスシューズからご紹介します。

ほどよいシャープさで上品なラインナップのドレスシューズ

クロケット&ジョーンズ

トレーディングポスト2015AW展示会 クロケット&ジョーンズ オードリー
クロケット&ジョーンズの代表作とも言えるモデル「Audley」。実はトレーディングポスト別注から生まれたモデルなのです。2015AWでは新作「Audley4」が登場します。
トレーディングポスト2015AW展示会 クロケット&ジョーンズ イメージ ラスト369
パリ店のみで取扱いのあるラスト#369を採用したモデル。左から「Aldgate」「Morgan」「Clyde」「Hartwell2」。サイドエッジがシャープに見えますね。

サントス

トレーディングポスト2015AW展示会 サントスイメージ
上の写真は、レザーループがアクセントになっているストレートチップ。下はグレインレザーのチャッカブーツ。

ソフィス・アンド・ソリッド

トレーディングポスト2015AW展示会 ソフィス・アンド・ソリッド
シンプルながらモダンでエレガントなブーツです。上がサイドゴアブーツ、下がチャッカブーツ。

TP・バイ・アルマス

トレーディングポスト2015AW展示会 トレーディングポスト・バイ・アルマスイメージ
左がホールカットメダリオン。右がプレーントゥオックスフォード。いずれもシンプルですが、味わいのあるカラーですね。

バーウィック

トレーディングポスト2015AW展示会 バーウィックイメージ
トレーディングポスト初登場<バーウィック(BERWICK)>はスペイン発のブランド。高品質で3万円台とコストパフォーマンスが高いです。

抜け感あり。そして、キレイ目にキマる。ドレスカジュアルシューズ

トリッカーズ

トレーディングポスト2015AW展示会 トリッカーズイメージ
切り替えのデザインが印象的なサイドゴアブーツ。St.James collectionの1足で、ちょっとレトロな印象です。
トレーディングポスト2015AW展示会 トリッカーズイメージ
トリッカーズらしいカントリーブーツです。しかし、ホワイトのグレインレザーというのはめずらしいですね。

アントニオ・マウリッツィ

トレーディングポスト2015AW展示会 アントニオ・マウリッツィイメージ
左からプレーントゥ、ダブルモンクストラップ、レースアップブーツといずれもシンプルなデザインながらダメージ加工により雰囲気のある靴に。

ドウカルス

トレーディングポスト2015AW展示会 ドウカルスイメージ
上がダブルモンク、下がフルブローグ。どちらも重厚な雰囲気の中にイタリアらしい艶っぽさがありますね。

アレンエドモンド

トレーディングポスト2015AW展示会 アレンエドモンズイメージ
クラシックなコードヴァンのようなカラー「OXBLOOD」を採用した3モデル。左から、セミブローグ、ストレートチップ、プレーントゥ。

スニーカーも展開!

トレーディングポスト2015AW展示会 スニーカー
スモーキーなカラーで、とても大人っぽいスニーカー。もちろんラグジュアリー感満載で、キレイ目スタイルにぴったりはまりそうです。

NEWS!

<クロケット&ジョーンズ >キャラバンを各店で実施!

トレーディングポスト2015AW展示会クロケット&ジョーンズ オードリーイメージ

POINT1:PARIS LAST #369

現在<クロケット&ジョーンズ>パリ店でしか取扱いのないラスト#369を使ったモデルを展開します。 なかでも注目は、#369を使った「Audley 4」。
そもそも、ラスト#337を使った「Audley」はトレーディングポスト別注から生まれたモデルです。このキャラバンでは「Audley」1~4まですべてが揃います。なかでも、「Audley2」は幻のモデルと言われているそうなので、必見です。

POINT2:「CHERTSEY」「CONISTON」が圧倒のスケールで揃う

トレーディングポスト2015AW展示会クロケット&ジョーンズ 「チャートシー」「コニストン」イメージ

<クロケット&ジョーンズ>のカントリーラインチャッカブーツの「CHERTSEY」とレースアップブーツの「CONISTON」。いずれも端正な顔立ちでジャケパンスタイルなどに大活躍してくれる逸品です。
このキャラバンでは、バーガンディーとウィスキーコードヴァンを含む11色の「CHERTSEY」に、ネイビーコードヴァンを含む4色の「CONISTON」と、圧倒的なカラーバリエーションの2作が揃います。

今秋よりイギリスの高級靴ブランド
<ガジアーノ&ガーリング>を本格展開!

トレーディングポスト2015AW展示会ガジアーノ&ガーリングイメージ

2006年に、トニー・ガジアーノ氏とディーン・ガーリング氏によって設立された<ガジアーノ&ガーリング>。2014年にはイギリス・ケタリングに新工場を誕生させ、ロンドンのサビルローに直営店をオープンさせるなど躍進を続けるブランドです。 今秋より、トレーディングポストが、この<ガジアーノ&ガーリング>のインポーターとなり、展開を本格的に開始します。

かなりのボリュームにかかわらず、一挙にご紹介してしまいました!!
EYELET編集部が個人的に注目するのは、<クロケット&ジョーンズ>のキャラバンですね。 2つのブーツ「CHERTSEY」「CONISTON」は、とても汎用性が高く、使い勝手も良いので、この機会にレアカラーを手に入れておくのもおすすめです。
また、秋には、恒例のパターンオーダー会もあり、イベント目白押し。
今から、予算をきちんと管理して、イベント本番に備えておいてくださいね。